加藤です。

 

ひょっとしてこの記事を読んでいるあなたは、

中国輸入をして、メルカリで転売してみたい

(orしている)のではないでしょうか?

また、それに興味があって、情報収集を

しているのかもしれません。

 

メルカリを覗いてみると、規制があっても

中国輸入の商品がまだありますし、

規制でライバルが激減したことで、

中国輸入メルカリ転売をチャンスを捉えている方もいるようです。

 

今回は、それについての”まとめのコラム”ですので、

本質を掴みながら、全体像を把握したい場合は、

お読みいただければと思います。

 

加藤さとし加藤さとし

メルカリの規制問題を知らない場合は、コチラの記事も読んでおきましょう。

 

中国輸入をしてメルカリで転売するやり方の概要

中国から輸入とありますが、実際にAmazonを覗くと

上図のように、中国輸入商品だらけで、

もしかしたら、あなたも普通に購入した商品が、

中国商品だった、なんてことはよくある話です。

 

次に、メルカリでリサーチしてみると、先程

Amazon内で激安で売られていた中国輸入商品が、

メルカリ転売されているのがわかります。

いかがでしょうか?

 

さらに、Amazonだけでなく、中国 ECサイトのアリババ、タオバオで

リサーチをしてみると、もっと安く仕入れることができますし、

このような”価格のズレ”を

多くの販売者が利用していることを覚えておいて下さい。

 

実際に中国から輸入する必要はあるのか?

 

もし、あなたが、副業レベルで、中国輸入と

メルカリを掛け合わせてビジネスをしたい場合、

直接輸入をすると関税や国際配送料もかかるし、

商品が届くまでに2~3週間を費やすことから、

時間とコストがかかるのが常です。

 

また、輸入期間中に需要と供給のバランスが崩れ、

在庫を抱えてしまう場合も・・・

 

このように考えると、中国輸入初心者の方は、

できるだけ少しずつ仕入れてメルカリに転売

するのが、リスクがなくてよいでしょうね。

 

大きく仕入れるべき場合は?

 

では、逆にあなたが、中国からかなりのボリュームを

買い付けをする時というのは、まさに

大量仕入れをして大きく利益を出したいとき

であるはずですよね?

 

ただし、大きく仕入れるにしても

一商品で数多く仕入れるのは、よっぽどの経験値がない限り

やめておきましょう。

つまり、種類を増やすことで

仕入れボリュームを大きくするのです。

 

そして言うまでもなく、それには、徹底したリサーチが必要です!

 

中国輸入商品のリサーチを地道にしていき、

利益が取れて、今後も売れ続ける商品が分かれば

数多く仕入れて一気に勝負を仕掛けます。

 

ただし、商品を分けてリスクを分散して、

それぞれを小分けに仕入れるのが基本です。

 

以上、中国輸入とメルカリ転売においては、

基本と応用、リスクオンとリスクオフを常に

意識してみることをおススメします。

 

次に、もう少し詳しくメリットとデメリットを見ていきます。

 

中国輸入をしてメルカリで転売をするメリット

時流だから!メルカリのセールスパワーで利益が取りやすい

 

2016年以降、メルカリは、もはや認知度が

急激に高まり、CMでも放映されていることから、

単純に”人気”であると言えるでしょう。

 

また、それだけでなく、日に日に、手軽に出品と

配送ができるようなサービスが

拡充しているのも、理由の一つです。

 

これは、あなたが知っている人気のゲームや

スマホのiphoneでもそうだと思います。

人気商品の売れ行きは尋常ではないです。

 

仕入れ単価が低い

 

実際に、メルカリを使えばわかりますが、

商品単価が5万円以上するような商品なんて、

そんなに見かけないですよね?

 

理由はもちろん、ユーザーが高額な商品を

買わない傾向にあるからです。

 

メルカリユーザーは若い世代がメインなので

商品単価が基本的に低いのも当然ですよね。

 

中国輸入とメルカリは相性がよい

 

先程、冒頭でもお伝えしましたが、

中国輸入商品の相場を見てもらうと、

Amazonより、メルカリの方が

高値で転売されていることがあります。

 

というか、以前は非常に多く見かけていました。

このギャップに気付けた方は、

かなり儲かったでしょうね ^^

 

(ただし、複数アカウントでのツール販売は

もうオススメしていません)

 

メルカリ転売はもう危ないし稼げない?そのデメリット

実際に中国輸入すると、関税や国際配送料がかかる

 

もし、あなたが、メルカリで中国輸入商品を転売

したい時に、中国系サイトから仕入れるとなると、

 

やはり、国を跨ぐ以上は、商品によって関税が

上乗せてしてかかりますし、重量に従い、

国際配送料がかかってくるのは当たり前になります。

 

つまり、これらを含めて事業計画の段階で

利益が出る算段ができていれば、Goしてもよいですが、

関税や国際配送料含めて利益が出ない場合、

間違いなく仕入れなんてするべきではないですよね?

 

もし、どうしてもするのであれば、損益分岐の

利益が出るロット数を仕入れる必要があるでしょう。

 

不良在庫を抱える場合がある

 

中国輸入をして、メルカリに転売するやり方を

しているライバルは、結構存在します。

メルカリの規制がある度に、一掃される印象ですが、

時折、在庫を抱えてしまうこともあります。

 

ただ、物販をする以上は、在庫はある程度

目をつむる必要がありますが、それが、

一時的に不良化する場合はやや注意です。

 

ツールを使用した無在庫転売が完全禁止になった

 

いま、不良在庫を抱えてしまうリスクについて

言及しましたが、実際メルカリでは、

無在庫転売は、厳しく禁止されています。

 

もし、無在庫転売ができるのであれば、

自動出品ツールで出品して、

Amazonからマルチチャネル配送を

すればよかったわけですが、

以下のメルカリ声明が発表されました・・・・

これをやってしまうと、メルカリのアカウント停止の

ペナルティを受けてしまうので注意です。

 

下手をすると、犯罪と見なされ

逮捕のリスクまであるのが

メルカリ転売の怖いところです・・・

 

なお、利用制限された場合でも

売上金は振り込まれる場合が多いです。

 

 

ちなみに、

「アカウントを購入して複数で運用していく行為」

は、今後さらに規制が厳しくなります。

十分、ご注意くださいね。

 

 

いつ頃、どのタイミングで販売をするのがベストか?

1年を通して基本的に売れるが・・・

 

波にのっているメルカリは、1年を通して

いつでも売れる印象ですが、覚えておいて貰いたいのは、

まだまだ過渡期であることです。

 

そのため、規制が緩く、何でも出品して

しまう人がいるので、未開拓な市場と言えます。

従って、思いもよらぬノウハウが出来てしまったり、

意外な輸入商品に需要があるので、どんどん

チャレンジして販売して欲しいと考えています。

 

クリスマス

 

クリスマスになると、コスプレ衣装や、

パーティグッズなど、イベントや季節に合わせた

グッズや商品が常軌を逸して売れていきます。

 

実際、加藤もこの時期になると、大量に

中国輸入商品を仕入れるので、この時期は、

必ず押さえておくようにしましょう。

 

ハロウィン

 

ハロウィンの時期になると、ハロウィングッズが、

とても売れていく傾向にあるので、

この記事に中国から輸入して

メルカリに転売するのは、とてもおススメです。

 

規制後・・・

 

もうご存じかと思いますが、メルカリの出品内に

いまだに中国輸入らしき商品が数多いことに気づきます。

 

例えば下図のように、画像加工されていて、

同じような写真が沢山出品されている場合、

確実に”業者”なので、知っておいてください。

どれも同じものが出品されていますね?

 

そして、先程もお伝えしたように、

メルカリの規制後は、こういった業者が一掃され、

一定期間見かけなくなるので、そのタイミングで、

出品をすると、稼ぎやすくなるので、

覚えておいて損はないです。

 

ただし、度を越した方法でやるのはNGです!

 

中国輸入をしてメルカリで転売する時のおススメの仕入れ先と月360万稼いだ具体的なやり方とは?

Amazonから仕入れる

 

※今はオススメできません

 

冒頭でもお伝えしたのですが、いきなり海外を跨ぎ、

中国から仕入れるのもリスクがあるので、

他のネットショップから中国輸入商品を仕入れて

メルカリへ転売するやり方もあります。

 

その代表格が”Amazon”ではないでしょうか。

今では無在庫転売はできませんが、

確り商品を手元に仕入れて転売すれば、

昔に比べると、スピードは遅いですが、問題はありません。

 

え?Amazonで仕入れられるの?

と驚かれるかもしれませんが・・・

以前は簡単にできていました。

 

いきなり数多く仕入れる

 

加藤が中国輸入に関する質問を受けていて

時々驚くのは、リサーチ経験も少ないのに、

大量に仕入れしようとしていることです。

 

実際、不良在庫を抱えてしまう人が非常に多いのですが、

それは完全に見通しが甘いためからだと思います。

 

 

また、他の国内ショップで売れるならメルカリでも売れやすいので、

以下の儲かる商品情報もチェックしておいてくださいね。

 

見ないと損します。中国輸入で売れ筋のおススメな商品7選とは?

 

メルカリから仕入れる?

 

国内転売という観点では、

メルカリから仕入れて、メルカリで販売すること自体

理論上可能なのですが、

他のネットショップよりメルカリの方が

高値で転売されていることもあり、現状は難しいでしょう。

 

しかし、下図のようにメルカリ内で、

同じ商品であっても価格のズレ

生じていることを忘れないように。

 

その商品が超人気で売れ筋であればあるほど、

ズレ”が生まれやすいです。このズレは、

全ネットショップ統一価格みたいのができない限り、

ズレはまず無くならない現象の一つと言えますね。

 

 

中国輸入をしてメルカリへ転売する時の注意点

中国輸入のメルカリ無在庫転売や予約転売は禁止

 

中国輸入の商品をメルカリで無在庫販売するやり方は、

ずばり、Amazonのギフト設定を使うワザなのですが、

こちらは、今のメルカリでは禁止されていて、

実際に通用しないので、やらないようにお願いします。

 

くれぐれもご注意くださいね。

 

需要だけでなく、ライバルの数もしっかりリサーチすること

 

中国輸入をしてメルカリ転売するユーザーは、

規制で多くが撤退しましたが、まだまだ大勢います

 

そのため、仕入れる際はメルカリ内で

ライバルの出品数をしっかりとチェックすることをオススメします。

 

せっかく仕入れたのに、思うように売れなくて

不良在庫を抱えてしまいキャッシュフローも追いつかない

というのもよくある話ですからね。

 

基本的に出品ツールは使わない

 

出品ツールを使うことは、現在、メルカリでは

かなり強硬な姿勢で禁止されています。

 

出品ツールを使って、

独占的に販売をしようと目論む業者にメルカリは、

厳重に規制をかけています。

 

また、以前メルマガでも書いていた通り

メルカリ側が、複数の出品ツール運営者に

内容証明を送って、運営停止をするよう警告をしています。

 

出品ツールについては、以前までは推奨していましたが、

これからは、中国輸入×メルカリ転売

をするのは正直オススメしていません・・・

 

その理由は、以前よりも

稼げるメリットが激減してしまったからです

 

 

まとめ

 

記事作成時(2017年11月)では、

メルカリ転売はオススメしません。

加藤も手を引いてしまいました。

 

数万円のお小遣い稼ぎレベルであればいいのですが、

そんな額は望んでいないはずですよね。

 

ですので、メルカリ転売の実情をもしご理解いただけたら、

3年後、5年後、も継続できる”Amazonでの販売ビジネス”

に目を向けてもらいたいです。

 

加藤さとし加藤さとし

もしAmazon物販ビジネスにご興味があれば、加藤の公式LINE@を登録いただければ最新情報をお届けします!

 

 

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法