%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-20-14-59-33

※現時点での、最新のメルカリ圏外飛ばし情報について追記しています。

ぜひ最後までご覧ください。

 

数日前、

ここ最近でメルカリ自動出品ツールが軒並み停止されている

という内容を書きました。

 

 

・・・ところが、さらにまた事件が発生。。。

 

メルカリへの出品商品がまったく売れなくる、という事態になったのです。

さらに、商品へのいいねがつかないのです。

 

 

 

実はちょうど前回の配信日、12月13日から

メルカリでさらなる大規模アップデートが実施されました。

 

おそらくメルカリ史上最大規模なんじゃないでしょうか。

 

 

 

その内容は、、、

 

「業者と判定されたアカウントの商品は

検索結果のタイムラインの遥か下位にしか表示されない」

 

というとんでもないもの。

この状態を、「圏外飛ばし」といいます。

 

 

厳しいですよね。

うちも、翌日から1日の売上が半分以下になりました。

 

今、メルカリを見てください。

業者っぽい画像はほとんどない、キレイな状態ですから 笑

 

そういう商品はすべて自動判別されてしまい、

タイムラインの上位に表示されなくなり、検索圏外に飛ばれています。

 

 

これまでは、業者と認定されたアカウントは

即、アカウント停止をされていました。

 

その代わり今では、業者判定されたアカウントの出品物は

タイムラインで遥か下位(もしくは表示不可)になるため

いくら多数を出品しても誰の目にも触れず、何も売れない状態のまま。。

 

 

つまり、アカウント停止と同じことですよね。

 

さらに、どのアカウントが業者判定されたのか知る手段がないと

複数アカウントのどれを入れ替えていいか分からず、かなりキツイです。

 

 

これまでも、ごく一部の商品にだけですが、

なぜかタイムライン下位にしか表示されない・・・

(もしくは、検索結果に一切出ない)という事象はありました。

 

が、

それが今では、アカウント単位で全面的に実施されるようになった

ということですね。

 

 

ただ、これによってツールを使っていない

一般利用者もかなり巻き込まれているようです。

 

メルカリの公式Twitterは、そのクレームや問い合わせで

凄いことになっています ^^;

 

このことからも分かるように、

ツールでの出品登録が原因で規制されているわけではありません。

 

業者っぽい出品かどうか?が問題なわけですね。

 

 

公式twitterを見ると、凄い数の問い合わせがあるので、

今の売れない状況はおそらく改善されるんじゃないか?

という噂もありますが、それはまだ分かりません。

 

 

 

先述の通り、弊社も売上が半分以下になりました。

 

 

 

・・・しかし!

 

情報収集&対策を試行錯誤の末、なんとか対策が取れそうです。

使っているツールも対応を取ってくれそうですし、一安心ですね。

 

 

 

何より今、このアップデートへの対応ができれば

ライバルはほぼいない状態。完全なブルーオーシャンです。

 

つまり、ガッツリ売上を掴めますよね。

 

 

今回ほど「ピンチはチャンス」という言葉が

が似合う状況はありませんね。

 

ここで、私がすぐに「他の販路に目を向けよう!」

なんて言うことはありません。

そんなことは誰でも思いつくし、加藤でなくても言えることです。

 

 

加藤があなたに伝えたいのは、

こういう状況下になった際、もう駄目だ・・・と思考停止して

結果も出していないのに他のジャンルに飛び移るのか?

それとも、試行錯誤し、もがきながらさらに一歩を進められるか?

 

もちろん、大きな結果を出したいのなら

常に後者のスタンスを持っていないといけません。

そして、どうすればいいのか、本気で考え抜かなければならない。

 

複数の外注を雇って手動で出品&対応してもらってもいいでしょう。

彼らにマクロ(VBA)を組んだExcelツールで出品してもらってもいいでしょう。

未だに正常に動くツールを探して、有料サービスに入ってもいいでしょう。

 

そうして、たとえ今回は結果的にダメだったとしても

そのスタンスがいつか生きてくるのは言うまでもありません。

 

 

ちなみに、

これまで何人ものメルカリセラーと話してきましたが

その全員が、そこら辺で販売されていた自動出品ツールを何の気なしに選んで、

自己流で売れそうな商品を選び、特に何も考えずに複数アカウントで販売している

という人たちでした。

 

そんな適当なやり方でやっていても

以前までのメルカリでは誰でも稼げたんです。

 

 

しかし残念ながら、そういう人はもう、一掃されてしまいました。

 

今回の出来事は、メルカリではもはや

ネット上にある無料情報だけを頼りにして稼ごうという人は

淘汰されてしまう時代に突入した・・・・

ということを意味します。

 

これは、Amazonを始めとした

プラットフォーム販売の宿命だと言えます。

 

これから先は、メルカリ販売でも

見合う対価を経費として支払うという意識を持ち

しっかりとした情報源を入手できる立場にある人だけが

生き残っていけます。

 

Amazon販売ビジネスと同じステージになった、ということですね。

 

あなたぜひ、その事実をしっかりと受け止めて

現状に対してもがいて試行錯誤するクセを付けてくださいね!

 

【一緒に合わせて読みたい記事や動画】

メルカリ業者の規制第二波(2017年5月23日観測)については、

以下の記事を必ずお読みください。

文字を読むのが苦手な場合は、動画もあります。

メルカリ転売の規制が再び起きました。現状と3つの対策とは?

 

【加藤さとしとLINE友達になりませんか?】

LINE@では、ここでは書けない重要なお話など 色々とお送りしています。
ご登録はコチラからどうぞ!

※今パソコンからご覧の方は、LINEを開いた後
「@katos」(@をお忘れなく)を友だち登録お願いします

 

本気で、中国輸入で”利益を生み出す力”を身につけたい方へ

【無料相談実施のお知らせ】

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円を稼げるようになり、その後も売上を伸ばしていくための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

中級者の方には、今の売上を少なくとも2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数はごくわずかですが、もし枠が空いてがあれば無料相談(Skype、対面)をぜひ受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法