加藤です。

中国輸入の転売や物販とは、一度中国のショップから仕入れて、ヤフオクやAmazon、ネットショップなどで販売することを言います。

仕入れたものを販売する、というシンプルなビジネスなのですが、やはり海外からの仕入れという点や言葉の壁、仕入れ代行サポートを使うということで初心者にとっては非常にハードルが高いと感じられるでしょう。

しかし、その中国仕入れの方法はいたって単純で、「やってみると簡単だった!」という感想の方が多いものです。

ここでは、中国輸入における仕入れの全体像と仕入れ先やその流れ、さらに必要な経費などについて解説します。

 

中国からわざわざ輸入して仕入れるメリットとデメリット

主なメリット

中国輸入は欧米輸入や国内せどりなどと比べると、少ない資金で多くの商品を仕入れできるのがメリットです。

100円ショップやドンキホーテなどディスカウントショップ、さらに大手量販店などで売られているような商品でも、その多くは中国輸入品を仕入れたもので、日本での販売価格より非常に安い価格で販売されています。

 

中国輸入ビジネスの考え方として、「原価が安いので思い切りの良い仕入れができる」という利点があります。

欧米輸入だと1商品あたりの単価が高いので、資金の少ない人にとっては不利ですが、中国輸入では仕入れ資金が少なくても多種類の商品を仕入れることができ、リスク分散の観点からもメリットがあります。

 

例えば資金3万円だと、欧米輸入では1点しか仕入れられないところ、中国輸入では安い商品になると100個以上も仕入れることができてしまいます。

そうして様々な種類の商品を仕入れて、テスト販売をしてみて、売れゆきがよければ、大量仕入れを行います。

 

1商品あたりの単価や利益は安いですが、幅広い中国の商品を仕入れて上手に販売することで、薄利多売で利益を出すビジネスモデルになります。

 

主なデメリット

 

中国からわざわざ輸入して仕入れるメリットが”安さ”であることがわかったところで、デメリットの話をします。

中国輸入の仕入れ、最大のデメリットは、海外を跨ぐので、配送期間と配送コストが最もネックになります。

中国からの仕入れをサポートしてくれる代行会社にもよりますが、基本的に仕入れる商品の重量で決まってくるので覚えておいてください。

実際に、ある一定の重量をクリアしないと、配送すらしてくれないこともあるので、少量で仕入れる場合は、中国輸入はまず向きません。

もし、あなたが、中国からの輸入・仕入れを検討しているのであれば、余裕資金を豊富に使って、一括で仕入れてしまった方が時間的にも経皮的もお得です。

 

中国輸入は、国内せどりとは遅配、配送期間と配送コストがどれくらいかかるのか?常にチェックをする必要があります。

 

中国輸入をする時に初心者でも手軽に利用できる主な仕入れ先

中国輸入において、主な仕入先は中国最大の情報技術関連企業グループ「阿里巴巴集団」(アリババ・グループ/Alibaba Group)が展開している通販サイトです。

具体的には、アリババ、タオバオ、アリエクスプレスがあります。中国には他にも様々なサイトがありますが、上記のサイトだけで仕入れられないものはないと考えてよいでしょう。

それぞれの仕入れ先となるネットショップの特徴やメリット、デメリットなどを紹介します。

 

淘宝网 (タオバオ)

http://www.taobao.com/

6

 

中国最大のECサイトで、主なターゲットは中国国内の個人に向けて商品を販売しています。

タオバオが扱う商品は、多種多様で商品数は10億点以上とも言われていて、ないものはないとまで言われている巨大なショッピングモールです。

 

2008年から天猫(Tmall)というショッピングモールも開設されています。天猫は高品質、高付加価値な商品を求める人のためのモールで主に企業が出店しています。(日本企業も出店しています。)

一般的には、安さのタオバオ、安心の天猫(Tmall)などと言われます。

 

【メリット】

  • とにかく安く、商品数も非常に多い。
  • 1個から購入仕入れができる。
  • 天猫はしっかりとした審査を受けた会社が出店しているので、安心感がある。

 

【デメリット】

  • 基本的にサイトの表示ややり取りなどはすべて中国語で行う。
  • なり減少しているが、やはり偽物もまだあるので、ブランド品、メーカー品はNG。
  • 日本に直送してくれないので中国の仕入れ代行会社を使う必要がある。

 

中国輸入最大の仕入れ先、阿里巴巴 (アリババ)

http://www.1688.com

1688

 

こちらも大きなECサイトで、タオバオが個人への販売を主としたショッピングモールと考えれば、アリババは業者への卸売りをするマーケットと考えるとわかりやすいでしょう。

 

ということで、基本的にはロット販売(複数個のまとめ売り)をしているので、少ない個数での仕入れができない場合もありますが、その分、タオバオよりも安い価格で仕入れることが可能になります。

なお、業者向けといっても個人でも仕入れはできますので、可能な限り安く仕入れたい場合は、アリババの方の方が安い場合が多いです。

 

【メリット】

  • タオバオよりも単価が安いものが多い。
  • タオバオと同じように商品数は多種多様で、非常にたくさんの商品が見つかる。
  • ほとんどの中国系ショップでは、仕入れ量が多くなればなるほど、単価が安くなる。

 

【デメリット】

  • 1個や少数では購入できない場合もある。(ただし、お試し仕入れとして少数からの購入がOKな場合も多い。)
  • 基本的にサイトの表示ややり取りなどはすべて中国語で行う。
  • かなり減少しているが、やはり偽物もまだあるので、ブランド品、メーカー品はNG。
  • 日本に直送してくれないので中国の仕入れ代行業者を使う必要がある。

 

AliExpress (アリエクスプレス)

http://www.aliexpress.com/

aliex

 

タオバオ、アリババが中国国内向けの仕入れサイトとすれば、アリエクスプレスは海外(世界)向けのショッピングサイトと言えます。

 

基本的に表示は英語(日本語表示への切り替えも可)で、日本のショッピングサイトと同じように取引は簡単です。

日本への直送もしてくれるので、非常に簡単に中国商品を仕入れることができます。

 

【メリット】

  • すべて英語での表記なので中国語よりも分かりやすい。
  • 決済はクレジットカードを使って行い、非常に簡単に取引ができる。
  • 日本への直接配送が可能。(送料無料の商品も多い。)
  • 1個から購入できる。
  • 価格交渉ができる。(英語でやり取りを行う。)
  • 送料込みの価格を表示してあるので、中国の代行を使った仕入れに比べ、利益計算がしやすい。

 

【デメリット】

  • アリババ、タオバオに比べると商品単価は高めの設定となっている。
  • 直接仕入れのためトラブルは自分で解決しなければならない。

 

中国輸入仕入れの基本的な流れ

中国輸入の仕入れをしてから転売に至るまでの基本的な流れは以下のようになります。

2

ここでの違いは、中国系仕入れサイトで購入をする時に、中国仕入れの代行サポートが利用できるか否かの違いになるので、覚えておいてください。

 

利益と手数料の計算方法

 

販売価格から仕入れ代金と手数料(諸経費)を引いた額が利益となります。

   利益=販売価格-(仕入れ代金+送料・諸経費)

 

中国輸入の仕入れ代行サポートを使った場合の経費計算方法(タオバオ・アリババ)

中国輸入の仕入れ先の定番と言える”アリババやタオバオ”から仕入れる場合、代行業者を利用するため、手数料の計算が少し複雑です。

必要な諸経費は以下のようなものがあります。

① 商品代金
② 為替手数料
③ 代行手数料
④ 中国国内配送料
⑤ 国際送料
⑥ 関税・消費税
⑦ Amazon販売手数料
⑧ FBA費用(Amazon FBAを利用する場合。FBAを利用しない場合も必ず送料は必要。)

 

上記の中で、通常の支払先は以下の通りです。

⑥ ~⑤:代行業者へ支払う
⑥:商品配達時に配送業者に支払う
⑦・⑧:Amazonに支払う

 

それぞれの詳細とおおよその目安は以下の通りです。
為替相場の変動や、代行業者によって数値は異なります。

① 仕入れ額 商品原価(中国元)×当日の為替レート
②為替手数料 商品原価(中国元)×0~3円 ※代行業者によって異なる。
③代行手数料 商品代金の数% ※代行業者によって異なる。
④関税・消費税

商品原価(日本円)の13%
※関税5%、消費税8%(消費税6.3%地方消費税1.7%)
※商品によって関税率は異なる。

⑤中国国内送料 商品ページに記載されています。(ショップや商品の大きさなどによって異なる)
⑥国際送料 配送業者、大きさ・重さによって異なります。
※送料は容積重量によって計算されます。容積重量については「輸送運賃について」を参考にしてください。
※どの配送業者も少ない商品だと割高になる料金設定になっています。
⑦Amazon販売手数料 FBA料金シミュレーターで計算します。
⑧FBA費用

FBA料金シミュレーターで計算します。
※FBAを利用しない場合も購入者への配送料は必ずかかります。

cf.AmazonFBA料金シミュレーター
https://sellercentral.amazon.co.jp/hz/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

 

 

なお、この面倒な利益計算が瞬時に計算できるツールがあります。それがリサーチツール「アマテラス」です。

以下のように商品代金を入力するだけで、瞬時に利益計算ができます。

 

image001

 

その他、多様な機能が搭載されているツールです。詳しくは以下のページをご覧ください。

 

Amazonリサーチツールの決定版「アマテラス」

 

中国からの仕入れ先としてアリエクスプレスを使った場合の経費計算方法

アリエクスプレスを利用した場合は、間に中国輸入の仕入れ代サポートを入れず直接取引をします。また、送料込みの価格を表示してあるので、計算が非常にわかりやすいです。

計算式は以下のようになります。

 

アリエクスプレス利用時の収支計算式
(アマゾン商品の販売価格)-( ①仕入額+②関税・消費税+③Amazon販売手数料+④FBA費用)=利益

 

それぞれの詳細とおおよその目安は以下の通りです。

①仕入れ額 日本円表示されています。
※ほとんどの商品は送料込みで表示されています。
※クレジットカードを使って直接、ショップに支払いを行います。
②関税・消費税 商品原価(日本円)の13%で計算
※関税5%、消費税8%(消費税6.3%地方消費税1.7%)
※商品によって関税率は異なる。
③Amazon販売手数料 FBA料金シミュレーターで計算します。
④FBA費用 FBA料金シミュレーターで計算します。
※FBAを利用しない場合も購入者への配送料は必ずかかります。

※諸経費をいかに低く抑えるかによって利益額は大きく変わります。

 

以上となりますが、あなたが、中国輸入の仕入れを

する時に、是非参考にして貰えればと思います。

 

加藤さとしとLINE友達になりませんか?

LINE@では、ここでは書けない重要なお話など 色々とお送りしています。
ご登録はコチラからどうぞ!

※今パソコンからご覧の方は、LINEを開いた後
「@katos」(@をお忘れなく)を友だち登録お願いします

 

加藤さとし加藤さとし

最後までお読みいただき、ありがとうございました。宜しければ他のページもご覧ください。

 

 


中国輸入Amazon物販で”月収100万円”を最短で目指すあなたへ

【無料相談の受付について】
※12月10日 残り1名様

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円以上を稼げるようになり、2倍、3倍と売上を伸ばし”月収100万円”を実現するための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

すでにAmazonにて販売中の方には、今の売上を2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数は2名様のみですので、本気の方はぜひ無料相談(Skype、対面)を受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法