こんにちは。加藤です。

あなたが、中国輸入の転売を行う上で、

クレジットカードは欠かせないものです。

 

仕入れの支払いでペイパルを使う人は、

クレジットカードが必須だし、

資金が少なく悩んでいる人にとっても、

大きな力になってくれる道具です。

 

例え資金が僅かでも、クレジットカードさえあれば、

その与信枠を仕入れ資金として使い、今すぐにでも

中国輸入をスタートできるので非常におススメです。

 

また、クレジットカードによっては

特典が受けられたり、他のカードに比べて

ポイントが多く付与されるものがあります。

 

それらを知らずに使っていると、

かなり損してしまいますので、

今回は、私が実際に使用しているカードを紹介致します。

 

何故、中国輸入にしろ、転売をする時にクレジットカードが必要なのか?4つの理由

理由1:クレジットカードで仕入れができるから(中国輸入では必須)

 

ひょっとしたらあなたは「現金仕入れの方がお得では?」

そう思われた方もいるかもしれません。

 

確かに、ペイパルを利用した支払いだと、

月間の決済の金額により変動し、

3.2~3.6%の決済手数料が必要になりますが、

海外送金にはいくつかデメリットがあります。

 

例えば、ペイパルの場合は即時決済が基本ですが、

海外送金の場合、相手の口座に着金するまで

遅い銀行だと10日ほどかかるところがあります。

 

もし10日かかってしまったら、商品の到着も遅れる

ことから、その間、販売期間の喪失を被ります。

 

また、ペイパルには

購入者を守ってくれる保証があるのですが、

海外送金にはそれがありません。

 

そのままお金を持ち逃げされる可能性もあるわけです…

 

そのため、海外転売の経験が浅いうちは、

クレジットカード乃至ペイパルを

使って取引をしてみることをおすすめします。

 

手数料が高く感じるかもしれませんが、

それ以上のお金を失っては意味がありません。

 

手数料は、万が一の保険費用だと思う方が得策ですし、

キャッシュフローや回転率を考えると、

絶対にクレジットカードを使うべきですね。

 

理由2:クレジットカードの明細が領収書になるから(経費を一元管理できる)

クレジットカードの利用明細は領収書と同じなので、

個人事業の経費の証明書類として利用可能です。

 

個人事業主の経費管理で大事なのは、

税務署から見た時に使った経費が明確であること。

 

要するに、帳簿の経費が本当に使われたものか、

わかればよいというわけです。

 

そう、勘が鋭いあなたは、

これを聞いて”ピン”ときたのではないでしょうか。

 

クレジットカード払いは、

自動的に記録が残るから経費の一元管理ができる!

 

なので、領収書の管理が面倒だという人は、

支払いをすべて、クレジットカードにしてみる

ことを強くおススメしておきます。

 

また、クレジットカード1枚で

プライベートと仕事で使っても

それぞれの用途を説明できれば問題ありません。

 

とはいえ、面倒だし、よけいな誤解も招きかねない…

 

それに、クレジットカードよっては、

個人利用に限られていたりするので、

経費用のカードを1枚つくっておいた方が、

会計処理も非常にスムーズですね。

 

理由3:ポイントも貯まり節約にもなるから

ポイントで、大きな節約の恩恵を受けるためには、

まずは、還元率について知っておく必要があります。

 

還元率というのは、クレジットカードで使った金額の

数%をポイントとして還元してくれる割合のこと。

例えば、Tカードを使いファミリーマートで

買い物をすると、100円につき1ポイントもらえます。

 

これだと、還元率は1%となります。

これだけ聞くと、あまり魅力的ではないと

思われる人もいると思います。

確かに、クレジットカードのポイントって

普段の生活ではなかなか貯まらないもの…

 

でも、これを

転売仕入れで使った場合は話が大きく変わります。

例えば、還元率0.5%と1.5%の

2枚のカードをもっていて、それらのカードで

1000万円の仕入れをしたとします。

まず、還元率0.5%のカードなら50000円が還元される。

次に、還元率1.5%のカードなら15万円還元されます。

さらに、1年(12か月)とした場合、

0.5%では年間60万円の還元、

1.5%では年間180万円の還元となります。

 

案の定、加藤も80~100万近いマイル

貯めているし、そのマイルを使って、

出張経費として落とすことも可能です。

 

つまり、還元率が大きいカードを上手く使うことで、

毎年、毎年、勝手に●万円節約できるということ。

年間で見ると凄い差ですから、中国輸入で

クレジットカードを使うことは、経営的にも、

合理的と言えるでしょう。

 

理由4:フライトマイルも貯められて世界中を自由に旅できる

クレジットカードの中には、

ポイントをマイルに交換できるものがあります。

 

クレジットカードを1000円使うだけで、

5~10マイル程度が貯まるものが一般的です。

 

そのため、旅行が好きな人は貯まったポイントを

そのまま旅費(出張費)として使っている人もいます。

 

例えば、韓国なら3000ポイントで往復できるとすれば、

これはカード利用金額にすると300万円になります。

 

金額だけ見ると「300万円も使わなきゃならないの?」

 

と思いますが、商品の仕入れや普段の固定費の支払いを

すべてクレジットカードで行えば、3000ポイントは不可能ではないです。

 

また、カードの申込みをハピタスなどの

ポイントサイトを経由すれば、

タダで2000ポイントがもらえたりします。

 

それから、航空券やホテルの手配までも

ポイントサイト経由で行うことで

ポイント3重取りをしているツワモノもいます(笑)

 

このあたり獲得できるポイントは少ないですが、

ちりも積もれば山となるので、馬鹿にはできないです。

 

次にマイルの使う先ですが、ANAのカードだから

と言ってANAでしか使えないわけではありません。

 

アライアンスごとで共有できるのです。

 

アライアンスと聞いてもピンとこない人のために

簡単に説明します。

 

航空会社1社で、世界中のエリアを

カバーするのは到底無理です(笑)

 

そのため、自分の会社にない路線だったとしても、

航空会社同士で協力しすることで、

自分のお客さんとしてその路線に乗せる仕組みを持っています。

 

飛行機のアナウンスで、

「当機はANAとアシアナ航空の共同運航便です。」

と言っていることがありますが、あれですね。

 

これはANAの路線にアシアナ航空のお客さんも

一緒に載せているよということなんです。

※もちろん、逆もあります。

 

そのため、ANAでは乗れない路線だったとしても、他の

加盟している航空会社のチケットで換えることが可能。

 

ちなみに10万マイルあれば、

エコノミーでも世界一周はできます。

 

旅行好きな方は、ぜひこういった活用もしてみましょう!

 

中国輸入で使えるおススメなクレジットカード厳選3選とは?

 

  • 商品1

    spgアメックスカード

    コスパ 5.0
    還元率 5.0
    おススメ度 4.0
    年会費:
    31,000円(税込)
    お得な使い方:
    無料宿泊、還元率1.25%

    SPGアメックスカードは、年会費が31,000円(税抜)
    なので、一般的なゴールドカードと比べると
    かなり高いですが…

    2年目以降も使いつづけることで、
    1泊無料宿泊特典(1室2名分)が毎年もらえます。

    しかも、ホテルのグレードもなかなかで、

    シェラトン都ホテル
    ウェスティンホテル
    セントレジス大阪….

    といったスターウッド系の高級ホテルから選ぶことがで、
    2名3万円ではなかなか泊まれないホテルがほとんどです。

    また、普通はこれらの特典だと除外日というものがあり、
    祝日とかは泊まれないことが多いですが、
    SPGアメックスカードなら、早めに
    予約してしまえば宿泊可能です。

    飛行機代なら、マイルで無料にはできますが、
    ホテル宿泊を全て無料で、しかも毎年無料も至難の業

    また、ポイント還元率は100円につき1スターポイントが
    付与となり、 率にすると約1%なので、

    他の還元率の高いカードより負けますが、
    このSPGのスターポイントは、 30社以上の

    提携航空会社マイレージに交換が可能ですし、
    基本、1スターポイント=1マイルに交換できます。

    また、20,000スターポイントをまとめて
    マイルに交換した場合、
    5,000スターポイントがプレゼントされます。

    そのため、毎回20,000スターポイントずつまとめて
    マイルに交換してゆけば マイル還元率は1.25%
    なので、
    100円の決済で1.25マイルが手に入る計算になります。

    通常、アメックスポイントをANAマイルに交換する場合
    8,000円くらい支払って「リワードプラス」に
    登録しないと 交換率が下がってしまいます。

    このようにマイルに換えると 通常は
    手数料が掛かるものなのですが、
    スターポイントであれば余計なお金を取られません。

    ANAマイレージの還元率に慣れている人には、
    あまり大したことはないと思うかもしれませんが、

    国際線ビジネスクラス特典などで上手く使うと
    SPGアメックスの実質還元率は2.5~5%以上にもなります。

    この還元率はなかなか優秀と言えます。

     

    加藤が実際に使ってみた感想

    フライトマイルを貯蓄できるカードは
    いくらでもあるので、ホテル宿泊に強みを持つ、
    spgアメックスを持つ逆手メリットは大きいです。

    折角、中国輸入でクレジットカードを使って
    ポイントを貯めるのであれば、飛行機代とホテル代の
    両方を無料にした方がストレスなく滞在もできるはず。

    実際に巧く使えば、実質1.25%の還元率なので、
    普通のカードより断然お得だからこそ、
    加藤もこのカードでポイントを相当貯めております。

    商品詳細を見る

  • 商品2

    ANAアメックスカード

    コスパ 4.0
    還元率 4.0
    おススメ度 4.0
    年会費:
    7,560円(税込)
    お得な使い方:ANAマイルを集中的に貯蓄

    ANAアメリカン・エキスプレス・カードは
    「ANAアメックス」と呼ばれていて、

    ANA(全日空)とアメリカン・エキスプレスが
    提携して発行しているANAカードです。

    年会費が7560円とポイント移行には
    6480円が必要となり、 そこだけ聞くと
    やや割高と感じるかもしれません。

    ただし、ポイント移行コース登録期間中は
    ポイントの有効期限の 3年という縛りがなくなり、
    有効期限が無期限になる特典があります。

    ただし、マイルに移行すると有効期限が36か月後の
    月末までとなるため、まずは、ポイントを
    貯めるだけ貯めて、マイルに交換するとよいです。

    また、6480円がもったいないと感じる人は、
    3年目に登録して、4年目に解約してを
    繰り返せば、12960円を節約することが可能です。

    そして、このカードには、旅好きな人にとって
    嬉しい特典がいくつかあります。

    例えば、アメックスには28空港39ヶ所に会員用のラウンジがあり、
    カードの会員であれば無料で利用できるのですが、
    もちろんこのANAアメックスでも無料で利用が可能です。

    しかも、カードの会員本人だけでなく、
    その同伴者も1名まで無料で利用が可能。

    一般的にカードラウンジ利用時に同伴できるのは
    ほとんどが家族会員のみです。

    しかし、アメックスの場合は、
    家族以外の例えば、恋人や友人でも
    1名まで同伴での利用が無料です。

    ただし、アメックスでも提携カードの場合、
    本人のみとなるので、やはりANAアメックスはお得です。

    また、海外旅行の帰国時に、空港から自宅まで、
    会員1人につきスーツケース1個を無料で配送できます。

    海外旅行で疲れている時に、
    重い荷物を持っての移動は大変ですが、
    このサービスは本当に助かります。

    通常はこういったサービスは、
    一般的に1500~2000円程度はかかるため、
    本来はもっと高い年会費を払わないと受けられません。

    利用可能な空港は、成田国際空港、
    中部国際空港、関西国際空港となっています。

    年3回このサービスを使えば、
    カードの年会費くらい得したことになりますね。

    そして、ANAアメックスは、海外旅行中の
    日本語の電話サポートが無料す。

    しかも、世界中のほとんどの国から24時間、
    レストランの予約医療機関の紹介緊急時の支援等
    通話料無料またはコレクトコールで相談が可能です。

    とくに海外になれていない人や、慣れていても
    トラブルや急病になった時は不安になりますが
    日本語で対応してくれるのはかなり心強いです。

    普通、クレジットカードの海外旅行の電話サポートは、
    対応時間は平日の昼間のみです。

    ただし、ANAアメックスの場合は、
    24時間365日いつでも日本語で電話相談が可能なので、
    海外でとトラブルに遭っても、いざという時に安心です。

    そして、ANAカード特約店では
    100~200円につき1マイルがもらえます。

    例えば、セブンイレブンも加盟店なのですが
    カード利用の1%のポイントのほかに
    0.5%~1%のマイルが入ります。

    また、時折ANAカードマイルプラスの
    ボーナスマイルが多くもらえるキャンペーンが
    開催されることがあります。

    そのときは、ANAカードでクレジット決済すると、
    通常の2倍の税込200円あたり2マイルが得られます。

    使いやすいコンビニ・スーパーで、
    ANAアメックス決済による1%と合わせて

    合計で2%のマイルが得られるので、
    持っている価値は高いですね!

    マツモトキヨシやイトーヨーカドーなどが
    加盟店になっているので、普段からお得に
    マイルを貯めることもできます。

     

    加藤が実際に使ってみた感想

    実際に、このカードの面白くない所は、貯蓄された
    ポイントが、ANAマイルにしか変換できないこと。

    でも、それでもよいと考えている人は、
    結構いるのも事実。

    通常のアメックスカードは、好きなマイルや商品に
    変換できるのですが、ANAアメックスはできません。

    ただ、ANAマイルは、提携航空会社も多く、
    マイラー初心者にとっては非常におススメです。

    商品詳細を見る

  • 商品3

    楽天プレミアムカード

    コスパ 5.0
    還元率 4.0
    おススメ度 4.0
    価格:
    10,800円(税込)
    お得な使い方:
    国内宿泊、買い物

    楽天カードは通常のカードであれば年会費無料で、
    プレミアになると10800円になりますが、

    審査が比較的甘いことでも有名なのでそういった
    意味でも中国輸入初心者におすすめなカードです。 

    通常、年会費無料の楽天カードでSPUを使っても、
    最大で受け取れるポイントは6倍ですが、
    楽天プレミアムカードの場合最大7倍となります。

    このスーパーポイントアッププログラム(SPU)は、
    楽天グループの各種サービスの利用で、
    ポイントが最大7倍になるサービス。

    まず、楽天カード利用だけでは+3倍(2倍上乗せ)、
    楽天市場のスマホアプリでの買い物で+1倍
    MVNOの楽天モバイルを利用すると+1倍
    通常のショップポイント+1倍を含めると

    合計6倍となり、

    そこで、さらに
    楽天プレミアムカードの利用で、+1倍のポイントとなり、
    最大7倍のポイントが受け取れるという仕組みです。

    ここで恐らく、
    「1倍のために10,800円も払うのは損では?」
    と思われた方もいるでしょう。

    ただし、年間のクレジットカード利用が、108万円を超えれば、
    一般の楽天カードとのポイント差額が10,800ポイントなので、
    その時点で年会費分はチャラになります。

    さらに、そこから150万円の利用で15,000ポイント
    200万円なら20,000ポイントの差額となるので、
    楽天のサービスを多く利用する人は、あって損はないでしょう。

    また、7%の還元なら、10万円であれば7,000円、
    50万円であれば35,000円となりますが、

    中には、その楽天ポイントを使い、
    楽天市場で商品を仕入れて、 転売している人もいます。

    ポイントで仕入れているので、35,000円で
    仕入れたものをそのまま35,000円で売っても
    すべて利益になるので、利益の足しになります。 

    また、楽天市場には2倍~10倍のポイントが
    つく商品もあるので、 必ずそういったポイント獲得が
    多い商品を狙うことが ポイントを多く集めるコツですね。

    そして、楽天カードでの税金の支払いで、
    ポイントを受け取れることをご存じでしょうか。

    楽天カードのポイントの還元率は1%ですが、
    たくさん税金を払っている人にとっては、
    馬鹿にはできません。

    また、Yahooでも公金支払いとったものがあり、
    クレジットカードのポイントを受け取る事が可能ですね。

    ただし、Yahooでの公金支払いの場合、
    デメリットが3つあります。

    ・支払い1件毎に324円程度の手数料が必要。

    ・領収書や納税証明書が発行されない。

    ・支払える税金が少ない。

    といったことがあります。

    そこで、おススメなのが楽天カードで、
    nanacoにチャージして税金を支払う方法
    です。

    ここでの注意点としては、受け取れるのは
    nanacoポイントではなく、クレジットカードのポイントなので、
    現金でチャージしてもポイントは手に入りません。

    例えば、年収400万円のサラリーマンでも、
    年間に120万円くらい税金や保険料を支払っていて
    さらに車や一戸建てを持っていればさらにです。

    そして、あなたが生きている限りは、
    今後も20年、30年と税金や保険料や年金を
    払ってゆくことになるでしょう。

    120万円の1%で還元されるポイントは、

    年間12,000円ですが、

    20年なら24万円

    30年なら36万円

    でポイント還元がされるわけです。

    これは、言ってみれば節税をしているようなもの。

    確かに、手続きが必要で、限度額があったりしますが、
    そこはネットで手続き方法や裏技が出ているので、
    自身で調べてみてください。

     

    加藤が実際に使ってみた感想

    貯蓄された楽天ポイントは、楽天市場で輸入業務で使う、
    雑費や消耗品にあててもよいし、もしくは、
    自分の生活で必要な家電などを購入してもよいでしょう。

    特に最初から与信枠を貰えない人は、楽天カードであれば、
    最初から100~200万円程度与信枠を貰えることから、
    中国輸入を始め、転売初心者向きのカードと言えます。

    一先ず、作っておいて損はないカードです。

    商品詳細を見る

 

まとめ

 

中国輸入をする際に、クレジットカードを

使うことに抵抗があった場合、この記事を読んで

少しは使ってみようと思って貰えればと思っています。

 

ただし、いきなり大量に仕入れに使うのではなく、

まずは、少しずつ仕入れてみることをおススメします。

徐々に慣れてくると、大きく使えるはず。

 

それからポイントを貯める楽しさとか、

ポイントを航空チケットや商品に変換するしたり、

限界まで暫く貯めてみてもよいでしょう。

 

もちろん、還元率だけに目を向けるのではなく、

あなたのライフスタイルやワークスタイルに

あったクレジットカードを作ることも忘れずに。

 

 


中国輸入Amazon物販で”月収100万円”を最短で目指すあなたへ

【無料相談の受付について】
※12月10日 残り1名様

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円以上を稼げるようになり、2倍、3倍と売上を伸ばし”月収100万円”を実現するための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

すでにAmazonにて販売中の方には、今の売上を2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数は2名様のみですので、本気の方はぜひ無料相談(Skype、対面)を受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法