加藤です。

 

中国輸入には、覚えることが多いため、

初心者はハードルが高いと感じるかもしれませんが、

全部完璧に知る必要はありません。

 

全体像を把握することからはじめてみましょう。

 

まず、中国輸入の初心者は、経費を理解すること

 

中国から商品を輸入して、Amazonで販売するまでには

だいたい以下のような経費が掛かります。

 

  • 商品代金
  • 中国国内送料
  • 代行業者の手数料
  • 国際送料
  • 輸入関税・消費税
  • 日本国内送料(直接納品時は不要)
  • Amazon販売手数料
  • AmazonFBA手数料

 

中国輸入をはじめるには、

経費のことを理解していないと

そもそも利益計算ができないので

ここから詳しく解説していきます。

 

商品代金

 

これは中国輸入の初心者の方でもわかると思いますが、

商品を仕入れるための商品代金が必要です。

 

ただし、中国輸入では日本の「円」ではなく、

中国通貨の「元」で書かれているので注意します。

 

例えば、タオバオやアリババなどは、以下のように表示されています。

 

 

「¥108」と書かれていますが、108円ではありません(笑)

 

これは「元」での価格表示です。

 

そのため、例えば元のレートが1元=16.435円だった場合は、

「108元×16.435円=1,775円」となります。

 

中国国内送料

 

中国国内送料とは、タオバオなどのお店側から

代行業者へ商品が発送される時に必要な商品発送代金のこと。

 

ただ、送料がかかったとしても、

そこまで金額は高くはないですが、

 

チリも積もれば山となるので、

しっかりと経費計算内に入れておきましょう。

 

 

代行業者の手数料

これは中国で商品を買い付けや輸入してくれる、

代行業者に支払う報酬のことなのですが、

 

代行手数料は、一律いくらと金額が決まっていないため、

例えば、安い業者さんなら3%くらい、

高いところだと15%ぐらいと手数料に差があります。

 

この数字は、商品原価の合計にかかってくるものです。

 

つまり100万円分商品を購入した場合、

  • 3%  = 3万円
  • 15% = 15万円

を手数料として払うことになります。

 

さすがに15%となると手数料としては、

割高になってきますが、

手数料の安さだけで判断をするのは危険です。

 

何故かというと、

手数料の価格だけを見てしまうと、

 

対応が遅くて商品の到着が遅い….

中国国内送料が高い…

仕入れの際に値下げ分を下げてくれない…

 

といった、見えにくい部分で

金額を取られていることがあるので、

1つの目安だけにとどめておきます。

 

中国輸入の初心者は、この部分は、

損をしないためにもバランスを見ながら、

しっかりリサーチをすることをおすすめします。

 

中国輸入でかかる税金について簡単に勉強すること

中国輸入の税金の部分は、

初心者には難しく感じるでしょう。

 

ただし、代行業者によっては

関税込みで料金を計算してくれるとこともあるので

まずはそういったところを使ってみるのも良いですね。

 

とはいっても、中国輸入をする限り、

この税金の部分は切っても切り離せない部分になるので、

大まかな部分は知っておいてほしいところです。

 

もし、関税について困った場合は、

一番いいのはジェトロ(日本貿易振興機構)

問い合わせをすることです。

 

ちなみに、各都道府県に窓口があり、手続きをすれば、

面談をすることが可能で、しかも無料です。

 

梱包や納品で必要なツールを準備すること

 

初心者が中国輸入をはじめる際には、

準備が必要ですが、初心者はハリキリすぎて

無駄な経費を使わないよう注意が必要です。

 

例えば、プリンターはあった方がよいでしょう。

安いものだと、3000円くらいのものがあります。

FBAの納品では、配送ラベルが必要ですが、

コンビニでいちいちプリントに行くのは大変…

 

また、その場合は紙に印刷となるため

セロハンテープなどで1枚1枚貼ることになりますが、

 

プリンターがあれば、

以下のようなシールラベルにプリントできるため、

そのままペタペタ貼れるので効率が良いです。

 

また、出先で作業をするのに

軽くて小さいノートPCがあると

効率よく作業ができるので理想ですが、

中国輸入の初心者は予算もないでしょう。

 

であれば、仕入れの資金に充てた方が良いので

スマートフォンで済ませましょう。

 

ただし、自宅にはパソコンは一台ほしいところ。

まずは中古のスペックの高めのものを

選ぶとよいです。

 

極端に古いものや、

スペックが低くすぎるものを選ぶと

動作が遅くなるんなどして、

逆に効率が悪くなる場合があります。

 

それ以外の小さなものでは、

ガムテープメジャーは100円ショップ、

測りはヤフオクなどで中古を買い、

段ボールはスーパーで貰えばOKです(笑)

 

中国輸入で何が売れるか?売れ筋のジャンルや商品の簡単に知っておく

 

中国輸入の初心者は、価格差ばかりに

意識がいってしまい、

 

それがどれほど売れている商品なのか?

 

について、あまり深く調べずに、自分の感覚だけで

仕入れてしまい、失敗している人が多いです。

 

いくら価格差があったところで、

それが売れる商品でなかったら意味がありません。

 

そのため、中国輸入の初心者は、

まずは、タオバオやアリババで商品を探す前に、

 

Amazonで売れている商品について、リサーチしまくって

売れ筋のジャンルや商品を、ある程度頭に入れる

ところから始めてみることをオススメします。

 

おそらく、そこができていない状態で

Amazon中国輸入を始めてしまうと、失敗する確率が高いです。

 

まずは、”見る目”を養うところことからはじめましょう!

 

中国輸入の仕入れで使うカードを作っておく

 

中国輸入をはじめると、とくに初心者は

クレジットカードを使う機会が出てきます。

 

なんと言っても、Amazonの大口出品者で登録する場合、

クレジットカードは必須です。

 

そして、資金が少ない人にとっては、

クレジットの枠を使い商品を仕入れられるので、

ビジネスの成長のスピードが早くなりますし、

 

また、クレジットのポイントが貯まりやすくなるので、

現金で支払いをするよりお得です。

(Paypalなどは手数料はかかりますが)

 

さらにクレジットカードで仕入れを管理していれば、

経理上でも管理しやすいですね。

 

それから、万が一のことを考えて、

クレジットカードは、最低2枚は作っておくと良いでしょう。

 

資金を最低60万円は用意しておく

中国輸入で資金を運用する上では、

いくら稼ぎたいのか?の部分が重要なので、

まだ初心者で稼げていなかったとしても、

そこを明確にしておきましょう。

 

中国輸入の場合、平均利益率が30ほどなので、

例えば、10万円稼ぎたいなら、30万円が必要です。

 

ただし、あまり資金がギリギリだと、

何かあった時に事業停止に追いやられてしまいますし、

 

その状態では成長が遅いので、

やはり早く軌道に乗せるためには、

最低でも資金は、60万円はあったほうがよいです。

 

資金を作るのは、もちろん大変だと思います。

まずは、メルカリやヤフオクで家の不用品を売ったり、

通信費月額使用料といった固定費

見直してみることも大事ですね!

 

月に1~2万円は節約できるだけでも大きいですし、

時間も節約できたりもするので、効果は大きいと思います。

 

指導者やコンサルタントを付けた方が成長が物凄く早い

「まずは自分一人でやってみる…」

 

これは中国輸入に限らず、

失敗を繰り返している初心者に多い傾向です。

 

もちろん、基本的なやり方などは

ネットを検索すればいくらでも見つかるので、

それを忠実に真似さえすれば、

初心者でもスタートすることは可能です。

 

なのに、結果を出せないのは、

本来、やるべきことをやらなかったり、

自分なりのやり方をしてしまったりと、

自己流でやってしまっているからです。

 

一人でやると自己流になりやすいのは、

それを注意してくれる人がいないから。

 

中国輸入のスキルを身に付けるには、

特に初心者は、そこへの投資が必要ですが、

そこをケチってしまうことが皮肉にも

あなたの大事なお金時間

無駄にすることになりかねません。

 

もちろん、今のまま時間とお金を使い続けて、

ゆっくりのんびりと成長できればいい…

という人は、現状維持でもよいと思いますが、

 

時間やお金を無駄にしたくない人は、

中国輸入で稼ぐスキルを身に付けるための投資をしてみる、

という選択肢があることも頭に入れておくべきです。

 

まとめ

 

中国輸入では、

日本国内と違う部分の経費が掛かるので、

初心者は覚える事がいっぱいですが、

徐々に知識を増やしていく、というスタンスでいくといいですね。

 

とくに、税金の部分は混乱しやすいので、

早めにいろいろ調べておいて、

ある程度、慣れておくと良いでしょう。

 

また、今はAmazonでは何が売れていて

それが中国から輸入可能なのか?

 

また売れ筋のジャンルを知っておくと、

実際に仕入れの際に役に立ってきます。

 

そして、クレジットカードの申込をしておいたり、

資金がある人でも、不用品を売ったり、

固定費を下げたりして、できるだけ金を集めておく。

 

中国輸入の初心者は、

まず実際に稼げるスキルを身に付けることに

時間とお金を集中していきましょう。

 

それが結果的に

時間とお金を無駄にしないためのコツですね。

 

加藤さとし加藤さとし

中国輸入の初心者は、”結果を出せる情報”を集めることをして欲しいです。加藤もメルマガやLINEで最新の情報をお届けしているので、よろしければ一緒にご登録ください。

 

本気で、中国輸入で”利益を生み出す力”を身につけたい方へ

【無料相談実施のお知らせ】

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円を稼げるようになり、その後も売上を伸ばしていくための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

中級者の方には、今の売上を少なくとも2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数はごくわずかですが、もし枠が空いてがあれば無料相談(Skype、対面)をぜひ受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法