元 転売屋、転売ヤ-の加藤さとしです。

 

恐らくこの記事を読んでいるあなたは・・・

こんなことを考えているかもしれません。

 

  • 転売屋(転売ヤ-)として稼ぐってどうなの?
  • 転売屋(転売ヤ-)のやっていることって違法じゃないの?
  • チケットやスイッチを転売している転売屋(転売ヤー)の動きが気になる
  • 奴らはウザいので早く転売屋(転売ヤ―)の対策をしてほしい!

 

・・・なんてことを考えているかもしれません。

しかし、そんな私もかつては転売をして

年商数億円を稼いでいたのですが・・・

 

今では、自社だけのオリジナル商品を生産して、

誰に邪魔されることなく、

物販ビジネスを展開しています。

 

つまり、転売ビジネスから完全にシフトした、

ということです。

 

今回は、そんな私の実体験も踏まえて、

転売屋(転売ヤ-)と物販ビジネスの

両側面を見ていきたいと思います。

 

転売歴20年以上の加藤から見た、転売屋(転売ヤ-)に対する3つの見解

転売屋(転売ヤ-)の対策は日々強化されている。いつか爆死(死亡)することは確実

 

あなたも恐らくこのようなニュースを

日々、目にしているかもしれません。

こういうニュース、よく見かけますよね。

 

こうして今や社会問題にまで発展しているせいで、

転売屋への対策が日々強化されているのです。

上記は、チケットぴあのチケット転売をする、

転売ヤーへの対策法なのですが、

”不使用チケットを補償してくれる保険制度”

までできています。

 

さらに、”不要なチケットも、定価で再販代行”

までしてくれるのです。

 

さらに、ヤフオクでは、11月8日より、

ヤフオク側でガイドラインに沿わない

チケットの転売は、出品削除するルールもできました。

 

これは、今まで20年間以上、常套文句だった

「急遽行けなくなったのでお譲りします」

とさえ書いて出品しておけばOK! という状況が、

一気に変わったことを意味します。

 

これらの転売屋の対策は、ルールの穴を潜り抜ける

グレーゾーンを取り締まる大胆な対策だと

思ったのと同時に・・・

 

”転売屋が長期的に見て、生き残ることができない”

という一つの実例になったのではないでしょうか?

 

あなたはこのような対策を目の当たりにして、安易に

転売屋になろうかな~

なんて考えるのは非常に危険です。

 

ただ、現段階で転売屋(転売ヤー)の動きが、完全に違法となり逮捕になることはない

先述したチケットぴあ、そしてヤフオクの、

転売屋に対する対策は、あくまで

”チケット”に対する規制例でした。

 

しかし、その一方で、他の商品であれば、

違法に問われ逮捕されるケースは、

はっきり言って少ないです。

 

つまり、”物による”ということで、

全部が全部、転売できないわけではありません

 

「なぜチケットだけが?」と思うかもしれません。

 

この理由は、

チケットには、利害関係にある第三者たちによる

権利や、強い反感が絡んでいて

チケット転売については、その二つを守り抜くために・・・

”大手企業も動かざるを得なかった”というのが実態でしょう。

 

恐らく裏側では、詐欺に遭い、

迷惑な思いをした方々が多かったのだと思います。

 

他にもブランド品も似た事例があり、

知らずに偽物を転売してしまい

事件化することが多いです。

 

ですので、あなたがもし転売屋になろうと

しているのであれば、安易にブランド品の、

転売をしてはなりません。

 

繰り返しますが、全部が全部のモノに、

転売屋の対策がされているわけではないので

この点は覚えておいてください。

 

任天堂のスイッチなどを転売している転売屋(転売ヤー)は、生き残る将来性は低い

 

チケットやブランド品の転売のように、

問題やトラブルが起きて始めて、

ネットニュースやテレビで報道されるのですが、

 

実は、任天堂が販売している”スイッチ (SWITCH)

2017年下半期は、相当な話題になりました。

 

Amazonの販売ページのレビューでは、

ある意味炎上している印象ですね(^-^;

 

Q&Aコーナーも、得票数が際立っています。

任天堂は、未だに転売屋の規制と対策に

乗り出していないのですが、チケット転売と

同じように、いつか抜け目ない対策をされルノは

目に見えていますよね。

 

もしかすると、任天堂が対策する前に、

販売プラットフォームであるAmazon自体が

転売対策の規制に乗り出すのが先かもしれません。

 

「スイッチのような人気の商品は

どんどん出てくるんだから、そういうものを

次々に転売していけばいいじゃないか!」

 

そんな声もありますが、これまで話している通り

これから先、転売に対する規制はどんどん強まっていきます。

 

Amazonも、規制を強めています。

つまり、転売ができる商品はこれから狭まっていく、

ということです。

 

転売で稼ぐなんていうのは

小遣い稼ぎであればいいのですが、上記の通り

将来性はまずありませんし、

下手に手を出さないようにくれぐれも気をつけてください。

 

転売屋(転売ヤ-)出身だった加藤がオリジナル商品販売へ移行した理由とは?

1、相乗りや並行輸入等の転売は、突然売れなくなることがあり、リサーチが苦になり続かないから

 

”転売して売れる商品を探す”という行為は

今振り返ってみると・・・

とてつもなく大変でした。。

 

加藤は、多数のスタッフを雇い、彼らにリサーチを

させていましたし、リサーチできた転売商品が、

値下がりで突然売れなくなる歯がゆさもありました。

 

まだ状況がよかった頃だったのでいいのですが、

もし仮に、私が初心者であれば、今から

転売を始めるなんてことは絶対にしません。

 

なぜなら、すぐに辞めてしまうから・・・

それほど状況はキツイです。

 

また、転売屋は、転売ヤ-同士で情報交換を

する習性もあり、ネット上で在庫がすぐに被ります。

ライバルが急激に増えてしまい、爆死することも・・・

 

そんなことがあっても、転売屋というのは、

常に新しい商品を探し求める

苦労をし続ける宿命からは逃れられません。

 

そこで加藤は、

このような無限ループから外れることで、

確固たる利益を安定して産み出したのです。

 

2、転売屋(転売ヤ-)は高額転売をするだけ。創造性と社会性に欠けるから

 

私も元は、転売屋(転売ヤ―)として、

”ずばり”言わせてもらうと・・・

自己の利益を考えているばかりでは、

”人から忌み嫌われ、迷惑がられる”ということです。

 

その結果、Amazonなどでは

大手企業やメーカーが強力な規制をかけて

転売屋の生き残る道が狭くなっている、、、

 

そしてもちろん、「転売をやってます!」なんて、

他人や親類には言いづらいですよね、、、

 

しかし、ネット転売が社会に

役に立つ働きで、社会循環型のビジネスで

あれば果たしてどうだったでしょうか?

 

関連して、加藤のやっていることは、

創造性(クリエイティブ)を生かした、

オリジナル商品を創って独自ブランドで販売する

という物販ビジネスです。

 

例えば、この100均ショップで、

販売されている商品をご覧下さい。

上図のようなアイディア一つで、

主婦を中心とした、お掃除生活を助ける

グッズも作ることができます。

 

単価は安いですが、100均ショップを、

運営する大手企業も、中国やベトナムなど、

東南アジアの工場で生産をしているわけです。

 

私も同じようなことをして、色々な製品を

Amazonで販売しているのです。

 

このように、いま転売屋として稼いでいる場合

創造性に富んだオリジナルの商品の開発販売をすることも、

視野に入れてみてはどうでしょうか?

 

3、独自商品を開発して販売できれば、僅か数品で年商数億を儲けることも可能だから

 

独自商品を開発し、販売している個人のセラーで、

たった3品程度で年2億円収益を上げる方もいます。

 

もちろん、コストもかかりますが、先述した

ように、転売屋(転売ヤ-)で生き残ること自体

今後は、リスキーだし、将来性を感じないでしょう。

また、大手プラットホームのAmazonを筆頭に、

メーカー各社も転売屋の対策にさらに乗り出すはず。

 

転売屋(転売ヤ-)のやるビジネスは、

単価をあげて高額に転売をしてしまうだけ。

(迷惑で嫌われやすい行為)

 

つまり、消費者側から利益を

取っていく行為なわけですが、

そんなことを何年、何十年とやりたくないですよね。

 

では、転売屋ではなく、今後何をすれば、

これから先も長く、毎年数億円を稼いでいくことが

できるのでしょうか?

 

それは・・・

日本よりも物価の低い国で、

自分の商品を製造、生産をしてしまうことです。

 

かなり端折ったシンプルな答えですが、

こうすれば、誰にも迷惑をかけずに

堂々と利幅を取ることが可能です。

あなたも知っている大企業も

そうして稼いでますよね?

 

安易な言葉を使うとすれば、”仕入れ値を

下げる”努力を追求するようにします。

 

中国大手ネットショップタオバオでは、

下図のように、日本のAmazonで2000円、

程度で転売されている商品を、

最低350円程度で、

激安で仕入れることができます。

 

加藤さとし加藤さとし

詳しいやり方や商品事例は、中国輸入でOEMをするやり方と売れるオリジナル商品11事例に書いていますので、宜しければご参照ください。さらに、これからの転売屋は、独自商品の販売で成功している人の側で真摯に学ぶべきです。

 

4、転売屋(転売ヤー)というビジネスに将来性はないから

 

もしあなたが、転売屋(転売ヤー)ならば、

注意が必要です。

なぜなら、Amazonを中心にして

2018年以降も転売屋への対策が強まるという

裏情報が入ってきているからです。。

 

つまり、転売から次のビジネスにシフトして

「生き残る道」必死に考えなければなりません。

 

その序章として、2017年9月、Amazonジャパンは、

「コンディションガイドラインの改変」と題して

いわゆる個人からの仕入れの禁止、そして

Amazonなどからの仕入れ(=刈り取り)を禁止しました。

 

 

「新品として出品禁止の商品」という規制で、

以下のいずれかに該当する商品は、新品コンディションとして、

Amazonに出品できないと発表しました。

  • 個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品
  • メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、メーカーの正規販売店と同等のメーカ―保証を購入者が受けられない商品
  • Amazon.co.jp上(Amazonマーケットプレイスを含む。)仕入れられた商品

 

この背景には、

コンディションや保証を隠すように偽って、

Amazonへ新品の商品を転売していた転売ヤ-が、

いたからこその対策だったように感じます。

 

そしてあくまで、この規制は序章にすぎません。

 

向こう1年間なら稼げるでしょうが

3年後、5年後は、完全にお先真っ暗でしょう。

 

そこで、転売屋がすべきことは、

以下の通りと結論しています。

  1. リユース(中古品の転売)に特化する
  2. メーカーや卸業者、問屋から仕入れる
  3. 円安の時だけ、海外へ輸出をする
  4. 加藤のように自分だけの独自商品を開発し、販売する

 

1は、国内市場で戦えますが、

新品に比べると回転率も落ち、買い取りサービスを

始めるなど、安定した仕入れ先を確保しなければ

中古でやっていくことは難しいです。

その際にも、現金が必要になるはずです。

 

2は、2018年以降盛んになるであろう、

”商社型の上流仕入れ”です。これも個人単位で、

メーカーとの交渉が必要なので、ハードルは、

高めですが、資金があれば卸取引より楽な

展開ができるようになります。

 

3は、円安のとき限定なので、時限的ですが、

円安の時は、日本商品を輸出してAmazon転売するだけで、

転売屋は利益を出すことが可能です。

ただし、各国Amazonの規制には注意ですね。

 

4は、加藤自身がやっている

中国から輸入する商品を

オリジナル商品として生産、独自ブランドで販売する手法

 

実はそこまでコストはかかりませんし、

しっかりと商品を見極めれば

ずっと売れ続ける傾向にあるので、

自分だけの商品を創造し、安定したい人におススメです。

 

加藤さとし加藤さとし

他にも選択肢はありますが、転売屋がする未来の対策として、参考にしてください。

 

5、最高のタイミングを掴んだから

サラリーマンが転職するように、

転売屋についても方向性を変える瀬戸際に立たされるとき

必ず訪れるはずです。

 

実体験としてお伝えすると、東日本大震災後、

民主党政権に政権が変わり、1ドル85円の

時代があったことは記憶に新しいですよね。

 

そのとき、中国等からの輸入&転売(相乗り)を

すれば、誰でも簡単に稼ぐことができました。

 

多くのパワーセラーが、中国輸入Amazon転売が

流行る前から、一足先にがんがん稼いでおり

時流を掴むのがうまい人ばかりでした(^・^)

 

そんな彼らは、今、転売をしているかというと

多くはそこからシフトしているでしょう。

なぜなら、もはやタイミング的に古いからです。

 

このように、結局は、時流を掴んで

一足先に動いている人が豊かになっているわけです。

これはどのビジネスでも同じことですよね。

 

とりわけ2016~2017年は、

転売屋を震撼させるような対策と規制だらけでした。

 

そういう流れを振り返って冷静に考えると、

タイミングを逃してはならない時期だと感じます。

 

転売屋(転売ヤ-)の卵であるあなたへ【まとめ】

 

恐らくこの記事を読んでいる人は、

転売を気になっている人だったり、

転売ヤ-の卵である後発組の方だと思いますが、

 

転売屋として違法に近いグレーな行動は

絶対にしないように気をつけてください。

 

先述しましたが、下手すれば逮捕になるケース

もあるわけですし、長い目で見ても

メリットは確実に少なくなっています。

 

 

資金がないから・・・

知識がないから・・・

 

このようにネガティブになる必要はありません。

人は、環境次第で、

いくらでも進化をすることができます。

 

恐らく違法でグレーなことをする転売屋は、

周りにそういう人が多かったり、

ネットで根拠のない記事を数多く読んでいる

環境にいるわけです。

 

人は、気づけば

そんな負のスパイラルにはまってしまうもの。

今回の記事を再度しっかりと読んで、日々勉強、

日々精進をしていきたいものですね。

 

加藤さとし加藤さとし

もし、オリジナル商品についてちゃんと知りたい場合は、失敗しない中国輸入Amazon販売 12ステップに登録をしてもらえば、順に役立つ内容をお送りしていきますよ。

 

本気で、中国輸入で”利益を生み出す力”を身につけたい方へ

【無料相談実施のお知らせ】

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円を稼げるようになり、その後も売上を伸ばしていくための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

中級者の方には、今の売上を少なくとも2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数はごくわずかですが、もし枠が空いてがあれば無料相談(Skype、対面)をぜひ受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法