アマテラスとは

 

既に2,700名以上が利用している
Amazon物販攻略ツール「アマテラス」。

 

加藤が開発したこのアマテラスは、
中国輸入Amazon販売(相乗り/オリジナル商品)で

リサーチだけでなく、既存商品の売上アップまで
重要かつ面倒な作業のすべてを肩代わりしてくれます。

 

Amazonセラーにとってはなくてはならない強力な相棒です。

 

 

アマテラスが持つ10大機能

 

機能1:カテゴリやキーワード、価格帯などの条件を絞り込んで自分だけが狙う売れ筋商品を見つけられる(全網羅検索機能)

 

機能2:売れ筋商品が一発で分かる(売れ筋ランキング検索機能)

 

機能3:アリババ、タオバオの中国サイトから最短1クリックで仕入れ先を探し当てられる(画像・キーワード検索機能)

 

機能4:仕入れ先の原価を入力するだけで諸費用を考慮した利益額・利益率が分かる(利益計算機能)

 

機能5:気になった商品を目的別フォルダにどんどん保存できる(データストック機能)

 

機能6:ライバルセラーの売れ筋商品がひと目で分かる(セラー追跡機能)

 

機能7:指定商品の日々の販売個数が分かる(売れた個数追跡機能)

 

機能8:Amazon検索順位(SEO)& 売れ筋ランキング推移が分かる(キーワード検索順位追跡機能)

 

機能9:商品への低評価の通知&競合セラー新商品の通知を受けられる(各種通知機能)

 

機能10:検索、広告キーワード候補の情報を簡単に入手できる(キーワード候補抽出機能)

 

 

アマテラス 各機能の解説記事

 

アマテラスが持つ機能は、現在

【各種リサーチ機能】と【売上アップ機能】

 

以上の2つに分けることができます。

各機能でできることが多いため、

それぞれわかりやすいように別の記事で解説しています。

 

【各種リサーチ機能】について・・・

アマテラスをAmazon中国輸入リサーチで使うべき6つの理由

 

【売上アップ機能】について・・・

アマテラスが中国輸入リサーチだけでなく
OEM商品の売上アップでも使える4つの理由

 

 

利用者のレビュー

 

User Voice

奥田さん

アマテラスを初めて利用したとき、その使いやすさと、費用の安さに驚きました!

通常、このような機能のツールは、機能が少なくて1万円、多いと2万円以上するからです。

月額費が安いにも関わらず使い勝手が抜群だったので、 月額1万5千円で使用していたツールを即解約して、アマテラスを使い始めました。

中国輸入でなかなか結果が出ない状態から、数ヶ月で月商100万円を突破できたのは、間違いなくこのツールのおかげです。

いまや、このツールが使えない中国輸入なんて面倒過ぎて考えられないぐらいです。笑

中級者の方も、外注やスタッフを雇う前にまずアマテラスを使うべきです!

まずは1番重要な作業である、Amazon内で売れている商品を見つける作業、これをアマテラスで数クリックでサクッと無限に見つけてみてください。

小学生でもできそうな簡単さにきっと驚かれると思いますよ。

仕入先を見つける作業にはある程度のコツが必要ですが、慣れれば誰でも簡単にできるようになります。

このツールを作ってくれた加藤さんには感謝しています。 アマテラスを心からオススメ致します。

User Voice

キクリンさん

メインの独自商品はまだ3つの 主婦業をしながらのAmazonセラーです。

(他にも独自商品がありますが、 今は加藤さんと一緒に売上を上げている段階です)

加藤さんが新たにリリースする機能なのでもちろん無駄なものではないだろうなーとは思っていましたが、その予想の斜め上をいきました。

検索キーワードの順位については、 これまではそこまで大事なものだとはぼんやりとしか知らず 意識してこなかったんです。

この機能のおかげで、どのくらい売上に影響するのか はっきりと分かり、助かっています

AmazonSEO、おそるべしですね^^;  今では、毎日かかさずかじりついて見ちゃいます。

これからも活用しつつ、売上を上げていきたいです。

User Voice

寺島さん

僕は2015年6月より某中国輸入塾に入塾し、本格的に中国輸入アマゾン販売をスタートさせました。

やっていたことは、中国輸入のパワーセラーを見つける→売れている商品の選定→モノレートでデータを見る→画像検索を用いてタオバオで探す→仕入れに適した商品が見つかれば発注、という1日中各サイトを行ったり来たりという流れでした。

経験した方はわかると思いますが、この一連の流れを実際にやってみるととてつもない時間と労力が必要になります。

副業で行っていた私は、時間を作るためにテレビを見るのもやめ、友人との付き合いもやめ、家族との時間も犠牲にして、ひたすらリサーチに明け暮れていました。

そんな状況の中、さらなる売上を手にいれるには時間も労力も限界に達していたときに出会ったのが、加藤さんの「アマテラス」というツールでした。

このツールの良いところは、”圧倒的な時間の短縮” です。 検索窓にパワーセラーを入力するだけで次々と儲かる商品が表示され、アマゾンの商品ページ、モノレート、タオバオ画像検索、アリババ画像検索などの各サイトにもワンクリックで移動できるのです。

さらにデータストック機能や利益計算機能なども充実していて、今では、正直、このツールなしでは僕の中国輸入は成り立たないと言えるほどです。

月商も200万円以上になり、伸びているにもかかわらず、費やす時間が以前の3分1以下となり、自由な時間を手に入れることができるようになりました。

このツールに出会って無ければと思うと、、、あえて言いません。(笑)

本音を言うと、これ以上、公開しないで欲しいです。(笑)

User Voice

荒木さん

アマテラス導入前は気になる商品を一つ一つモノレートでグラフを表示させ、その情報から仕入れ対象可否判断をしていた。

しかし導入後は、カテゴリランキング・ランキング上昇回数・出品者人数やカート取得価格・出品者人数のグラフが一目で仕入れの可否判断ができるようになり、時間短縮効果が大きくなりました。

また、今まではリサーチの結果、仕入れ対象となった商品をエクセルに入力することで管理していたのですが、データストック機能のおかげで商品データを目的別に保存できることでその手間が省けるようになりました。

数多くリサーチする中で、この時間短縮効果は大きいです。 データストックに保存した商品情報は常に最新のランキング・カート取得価格に更新されており、その一方でリサーチ時に入力した仕入れ価格は保持されているので、後から追加仕入れの可否判断もすぐにできます。

検索結果の画面から、対象商品をアリババ等から探す際もいろいろサポートしてくれます。

アマゾンの商品タイトルを自動翻訳し、アリババ等で検索した結果を表示できますし、アマゾンの商品画像から画像検索もすぐできます。

商品タイトルのGoogle翻訳結果を表示することもできますので、検索キーワードの調整(不要キーワードの削除等)もすぐできます。

個人的には画像検索結果と、Google翻訳結果からキーワードを絞り込み、実際の仕入れ候補商品にたどり着くという使い方をよくしています。

以前までは1つの仕入れ対象商品をアリババ等から見つけ出そうとして、1時間以上かけても結局見つけられず、リサーチ作業自体に嫌気がさすこともあったのですが、導入後は仕入れ対象に早ければ数分でたどり着けるようになりました。

少ない時間で多くの仕入れ対象を見つけ出すためのツール、アマテラスを今後も愛用し、更なる売上アップしていけるのが楽しみでなりません。