加藤です。

 

Amazonで商品を販売する方法としては、
「相乗り販売(被せ販売)」
「新規=オリジナル商品販売」
の2つがあります。

 

最近では、ブログメルマガなどで
中国輸入ビジネスの情報を見ていると
圧倒的に「OEMのオリジナル商品販売」を
オススメする情報ばかり。

 

むしろ、「相乗りは稼げない!」
「やるべきではない!」という情報も見られます。

 

たしかに、少し前まで、
今のアマゾンでは相乗りでの転売ビジネスは
稼げないどころか、赤字になってしまう
という状況もありましたし、
加藤もオススメしていないときもありました。

 

しかし、2018年の今、どうやら状況が変わってきています。

 

加藤さとし加藤さとし

転売ビジネスの稼げる稼げないはサイクル的に移り変わっていきます。つまり、また相乗り販売が稼げる流れに変わりつつあるのかもしれません。

 

 

Amazon販売の相乗りで稼げるのか、稼げないのか、現状を解説

 

 

 

それでは、ここからAmazonでの
”相乗り転売の現状”について説明します。

 

結論から言うと

相乗りでのAmazon転売ビジネスは

「稼ぐのが難しい状況から好転し始めた」

というのが現在の状況です。

 

以前、稼げないと言われていた状況から
なぜ状況が変わったのか?

その理由は簡単で、以下の通りです。

 

相乗り転売を勧めるスクール・塾により
多くの初心者セラーが参入

間違ったノウハウを教えられたせいで
売れずに赤字状態に

彼らの急激な値下げのため
多くの商品で価格下落が続出

商品相場が崩壊し、相乗りで稼げない時代に突入

 以前参入してきた初心者たちが撤退

     下落した価格が適正状態に戻る ←今ココ

 

これは、転売のようにシンプルかつ
誰でも参入しやすいビジネスに
総じて言えることなのですが、、、

「稼げる、稼げない」の状況は、
波長のように一定間隔で移り変わっていきます。

 

つまり、両者は時期によるサイクルで
変化していくということです。

稼げない状態がずっと
そのまま続くことはありません。

 

今回のように、「一巡したらまた稼げるようになる」
という事実は、頭に入れておきましょう。

 

 

Amazonの相乗り転売で利益が出ている商品5選を紹介

 

 

上記のような理由で再びチャンスが
訪れている相乗りですが、
そう言われても・・・
という方もいるでしょう。

 

そこで、ここではAmazon相乗り転売で利益が出ている
商品の中から、5つだけですが事例として紹介していきます。

 

 

折りたたみバケツ

 

最初に紹介するのは以下の商品です。

 

 

アマテラスで確認すると以下のように
非常によく売れていることがわかります。

 

 

アリババでは以下のように
20元で販売されていました。

 

 

アマテラスで利益を確認すると
以下の通りとなっていました。

 
 
 
 

タイマー式南京錠

 

続いては以下の商品です。

 

 

アマテラスで売れゆきを確認すると、
以下のようになっていました。

 

 

 

タオバオでは以下のように
98元で販売されていました。

 

 

アマテラスで利益を確認すると
以下の通りでした。

 

 

 

ドールハウス

 

Amazonでは以下のような
手作りキットも人気です。

 

 

アマテラスでランキング変動を
確認するとよく売れています。

 

 

アリババでは38元で販売されていました。

 

 

アマテラスでは一発で利益が
確認できます。

 

 

 

コスプレ衣装

 

Amazonで売れているものと言えば、
コスプレ用の衣装です。

 

しかし、多くはアニメ関連などで
法的な問題になる場合もあります。

 

ですが、以下のような商品だったら、
法的な問題はありません。

 
 
 
 
やはり、非常によく売れています。
 
 
 
タオバオでは以下のように
16元で販売されていました。
 
 

アマテラスで利益を確認すると
以下のようにしっかり利益が出ていました。

 

 

 

バーベルスタンド

 

最近はトレーニングがブームのため
以下のような商品が人気です。

 

 

かなりの高額商品ですが、
以下のように非常によく売れています。

 

 

アリババでは180元で販売されていました。

 

 

アマテラスで利益を確認すると、
しっかり利益が出ています。

 

 

 

Amazon相乗り販売のメリット・デメリット

 

 

これだけ売れていて、利益も出ていたら
すぐにでもという方も多いでしょうが、
ちょっと待ってください。

 

きちんとした知識やポイントを押さえておかないと
うまくはいきません。

 

そこで、ここでは相乗りの
メリット・デメリットを説明しましょう。

 

 

相乗り出品のメリット

 

出品作業が楽

 

相乗り出品では、すでにAmazonにある
商品ページに出品するだけなので、
とにかく出品作業が楽です。

 

あっという間に出品・販売ができるのは
メリットです。

 

すぐに売れる

 

相乗り出品では、リサーチ時点で
すでに売れている商品を仕入れ、
販売します。

 

なので、出品すればすぐに売れて、
結果が出るのは大変魅力です。

 

失敗するリスクが低い

 

上で説明したように相乗り出品では
すでに売れている商品を仕入れ、販売します。

 

ということは、販売すればすぐに売れるので、
赤字になるなど失敗するリスクはかなり低くなります。

 

 

相乗り出品のデメリット

 

価格競争に巻き込まれる

 

Amazonでの相乗り販売のやり方は
非常にシンプルなため、誰でも気軽にできてしまいます。
そのため、競合のセラーが増えやすいです。

 

相乗り出品とは、Amazonの同一商品ページ
(マーケットプレイス)上で
複数の出品者が販売することです。

 

その中では、おのずと価格競争が起こっていきます。

 

その後に待っているのは、利益の目減りと
売上個数の減少です。

 

利益率が低い

 

さらに上で説明したように、相乗り出品では
同じページに複数の販売者がいるので、
どうしても価格競争が起こります。

 

そうなると、せっかく仕入れたのに、
利益がどんどん少なくなったり、
時には赤字になる場合もあります。

 

このように利益率が低くなる可能性が
高くなってしまいます。

 

リサーチをし続けなければならない

 

「薄利多売」の状態で、かつ価格競争が起こる以上、
利益を増やしていくためには、
どんどん販売数を増やすしかありません。

 

ということは、仕入れ商品の種類を増やす必要があり、
そのためには延々とリサーチをし続けなければいけません。

 

 

以上のメリットやデメリットはしっかりと
理解しておくことが重要です。

 

 

相乗りでリサーチ対象から外すべき商品

 

 

ここからは相乗りリサーチ、仕入れ商品選定
のために知っておくべきポイントを
解説しておきましょう。

 

まずは、相乗りリサーチの際に
以下のような商品はリサーチの対象から
はずすべき商品となります。

 

・出品者が多すぎる
・アマゾン自身がセラー参加している
・欧米系メーカー品
・セラーに家電量販店・専門店などがいる
・画像に日本語の記載がある
・重量・容積が大き過ぎるもの
・有名アニメのキャラクター&ブランド製品

 

上記のような商品はさまざまな理由から
避けておいた方がよい商品です。

 

これを知っておくだけで効率の良い
リサーチができますので、
覚えておきましょう。

 

さらに、もう一つ重要な情報があります。
それは、

 

・出品者が中国人セラー 

 

という商品もできれば避けておいた方が
いいです。

 

理由は、最近になり中国人セラーに
相乗りをしたせいで、嫌がらせで
大量の偽注文を繰り返されて
大損害を被る事例が増えているためです。

 

絶対にそうなるということはありませんが、
覚えておいて損はありません。

 

 

Amazonの相乗り販売で稼ぐための仕入れ候補商品の選定方法

 

 

次はどういう相乗りリサーチのために
どういうポイントをチェックしていけばよいかを
説明します。

 

以下の条件を順にチェックしていき、
実際に仕入れ先を探す商品として
妥当かどうか見ていきます。

 

 

アマテラスのランキング上昇回数7回以上

 

 

ランキング順位自体は見なくてもOKです。
回数が多ければランキングは
必然的に高くなりますから。

 

アマテラスの絞り込み機能
「ランキング圏内」をクリックして
対象のみを表示させると効率的です。

 

 

さらに「売れ行き指数」にも注目してみましょう。

売れゆき指数とは、出品者の人数を
ランキング上昇回数で割った数で、
この数値が0に近づくほど
売れゆきが良くライバルが少ない商品です。

 

 

出品者数が2人以上7人以下

 

ライバルが多いと価格競争に巻き込まれる可能性が
高くなるので、上記の人数を目安とします。

 

もちろん、経験値を積んでいくにしたがい、
ライバルの数が多い商品を扱っていっても大丈夫です。

 

 

売れているにも関わらず、出品者が1人の場合は
仕入れ候補としない方が無難です。

 

独自商品化をして、何らかの相乗り防止策を
講じている場合がほとんどでしょう。

 

さらに、表示されているセラー数よりも
実際にカート取得に絡んでいるのは
その中の何人かが重要です。

 

実質的にライバルとなる人数をチェックする
ようにしましょう。

 

 

カート取得価格(現時点の販売価格)

 

価格帯が1,500円~3,000円を目安とします。
FBA販売の場合、それ以下の価格帯だと
利益が出づらいです。

 

 

できるだけ高い商品の方が利益が出やすいことを
常に意識しておきましょう。

 

 

商品のサイズ

 

商品のサイズは一辺でも50cmを
超えない商品にしましょう。

 

 

重さについては目安として0.8kg以下
であればOKです。

 

0.8kg以上の場合でも、現時点の販売価格が
3,000円以上なら大丈夫でしょう。

 

サイズと重さを確認するのは、
その価格で利益が出るかを考えるために
重要な指標です。

 

軽くて小さい(薄い)商品が
おススメです。

 

大きくて重いほど、仕入れの時点で
国際配送料がかかってしまいます。

 

少なくとも、FBA納品時に
「大型商品」にならない商品を選びましょう。
※45×35×20cmどれか超えれば大型商品

 

自己配送をするつもりであれば、
角2型(A4が入るサイズ)封筒に
楽々入るものを選びましょう。

 

 

モノレートで過去3ヶ月間のグラフをチェック

 

アマテラスからワンクリックで
モノレートのグラフを確認できます。

 

以下の文字をクリックします。

 

 

グラフをチェックし、現時点の価格が
以前の均衡を保っていた価格から
2割以上、下がっていれば除外します。

 

 

その下にある「出品者数グラフ」もチェックします。

 

1ヶ月以内で人数が2倍以上に急増している場合は
除外します。

 

 

同様に6ヶ月間分の最安値グラフを
同じ観点でチェックしていきます。

 

 

過去に価格が下落したかどうかは、
ここまで見ないと分からない事が多いです。

 

これまでに最安値と出品者数が
どのように推移しているかをチェックします。

 

最安値と出品者の増減の関係に着目してみましょう。

 

 

今から相乗り転売を初心者がやるには厳しい理由

 

ここまでの説明で、Amazonでの相乗り販売の現状から
商品の選定方法までを見てもらいました。

 

とは言え、

「相乗りで稼げるようになったのは分かったけど、
リサーチのやり方などが大変で難しいかも・・」

「ライバルが増えてしまって稼げなくなるなら
不安だしやりたくない・・」

という方が多いと思います。

 

その気持ちは半分当たっています。

状況が少し改善されたとは言え、
昔のようにガンガン稼げるようになった
という訳ではありません。

今後も、その頃のような
「出せば売れる」状況に戻ることは
絶対にないでしょう。

 

さらに、先ほどのデメリットやリスクに怯えながら
やらなければならないのも事実。

こんな環境で初心者の方が実践するには、
厳しすぎるな、と加藤もずっと考えていました。

 

ですので、これまで公開していなかった

『相乗り転売のリスクを排除した

世界一かんたんにできる輸入転売』

 

について、近日中にご紹介したい
と思っています。

 

転売未経験の方でも、継続して月収10万円を
安定して稼ぐことができる素晴らしい手法です。

お楽しみに^^

 

 

利益商品情報 配信ソフトを無料プレゼント!