なぜ、今「中国輸入ビジネス」なのか?

2008年頃から物販ビジネスの世界において、北米輸入がブームになり始めました。ある有名教材がきっかけで、その後右肩上がりで市場参加者が増えていきました。

2010年〜2012年は市場参加者がもっとも多く、その頃は史上最高の円高の時代だったため、比較的カンタンに利益を上げることができました。

しかし、2012年の終わり頃から円安の流れがはじまったことや、市場参加者が増加してしまい、利益を出しにくくなってしまったのです。

現在、北米輸入ビジネスで安定的に利益を出したいなら、他社に負けないリサーチ力とスピード。

そして、価格競争に巻き込まれない自社ショップなどの販路、他社より安く仕入れられる仕入先などが必要になってしまい、一般人の参入障壁が一気に高くなってしまいました。

 

そこで、おすすめなのが、中国輸入を基本としたビジネスです。その絶対的メリットとは?

中国輸入は他の輸入ビジネスに比べて4つのメリットがあります。

具体的には以下になります。

 

メリット1:中国だから原価がかなり安く輸入でき、ビジネスになりやすい

まず、第一に挙げられるのが
仕入れの原価が非常に安いことです。

中国の仕入れは原価20%~30%程度のものが多く、
為替の影響も受けにくいのが特徴です。

輸入ビジネスは為替の影響をモロに受けるため、
経費一つ一つをいかに圧縮させて安く済ませるか?が勝負の分かれ目です。

そこで原価が安いことは、輸入ビジネス成功に対して
非常に大きなアドバンテージとなります。

さらに、仕入れや安いためにスタート資金が少なく済みます。

逆に、転売は仕入れ資金が先に必要になるため、
仕入れの資金ができるだけ安いに越したことはありませんよね。

また中国の卸仕入れサイトからであれば
値引き交渉にも応じてくれるため、

大量輸入の場合、交渉して
原価をさらに安くすることも可能なことから
ビジネスとしても成立しやすい傾向にあります。

そしてさらに、仕入れ対象となる中国商品は
いわゆる日常で使う雑貨類が多いため、

商品のリサーチさえしっかりしておけば、
日々バンバン売れていきます!

つまり、商品一個ずつの利益額が低い分、
「回転率」でカバーすることができるということです。

加藤のストアも、1日に100個以上が日々売れています。

 

メリット2:中国から輸入できる商品の種類が豊富

中国は「世界の工場」と呼ばれており、
多種多様の商品が取り扱えることも
メリットの1つだと言えます。

なぜなら、商品の種類が多ければ、
それだけ利幅のある商品を選べるチャンスが
増える
ということですから。

さらに言えば、より多くの商品種類が
あるからこそたくさんの商品を扱うことができます。

例えばAmazonで販売する際でも
中国からの輸入であればライバルとも競合になりにくく、
安定的に利益を上げ続け、継続的なビジネスになり得ます。

つまり、商品数がそもそも多いことが、
より継続的に中国輸入ビジネスが成立する秘密、
ということです。

 

メリット3:商品のハイクオリティ化

ほんの5年前までは、中国製品の品質も
「安かろう悪かろう」 で、仕入れ先を厳選する目が必要でした。

ただ、今やもうそんな時代ではありません。

状況は変わり、中国は「世界の工場」として
あらゆる国の小売業者たちから注目され始めました。

そうして世界中から注文を受けていく中で、
工場の品質がグングンと上がっていったのです。

現に、加藤が中国輸入を始めた頃より
その環境が大きく改善されていったのを実感します。

不良品の割合は激減し、
品質の良い商品を仕入れられるようになりました。

もし、粗悪な商品を掴んでしまっても
返品返金をしやすい環境になったことも
中国輸入をオススメできる理由の一つです。

そして今では、OEM(独自の商品開発)の
クオリティも格段に上がり、そのための依頼環境も整いました。

今や、あなたが拍子抜けするほど、簡単に、
クオリティの高い製品を作り出せるようになったのです。

 

メリット4:再現性、継続性が高い 

中国輸入ビジネスの最後のメリットは、
老若男女どんな人でも、正しいやり方さえ実践すれば
月収30万円〜100万円に到達できる「再現性の高さ」

そして、時代に関わらず輸入ビジネスを成長させ、
利益を伸ばしていける「継続性の高さ」でしょう。

正直言いますと、この再現性、継続性の高さが
加藤がみなさんにもっとも理解してもらいたい点であり、
魅力に感じている点です。

現に、もし加藤が今、輸入ビジネスの知識ゼロで
かつパソコン操作ができない状態からスタートするなら・・・

迷うことなく、この中国輸入ビジネスをスタートします。

それくらい素晴らしい利点があることを
あなたにも感じてもらいたいです。

 

加藤さとし独自の”中国輸入ビジネス成功の3ステップ”

私、加藤さとしがお伝えしている
中国輸入ビジネスは、
あなたもご存知の「Amazon」を舞台とします。

そして、以下の3ステップで実施していきます。

ステップ1
Amazon向けの独自販売商品リサーチと選定、すぐに販売スタート

ステップ2
複数商品に対して、ページをどんどん作り込んで、
OEMでの独自化と、Amazon式マーケティングで継続して売上アップ

ステップ3
同様の商品を増やして「あなただけのブランド」を構築し、
外部アクセスを呼び込み、長期的な利益を確保する

 

あなたにも辿ってもらえる、中国輸入をしてAmazon販売ができるビジネスの可能性

今では仕入れを代行してやってくれる業者や、
Amazon が在庫管理と配送をしてくれる便利な世の中になりました。

そんなサービスの進化のおかげで、
Amazonを舞台とした中国輸入ビジネスは、

老若男女かかわらず誰でも実践して
結果を出してもらうことができるようになったのです。

そこで、この輸入ビジネスでどのような可能性が待っているのか、
軽くですがその流れをご紹介しておきましょう。

 

第1フェーズ:まずは、いま通用するノウハウをしっかりと学び、ある程度の経験値を積めば、3ヶ月ほどで【月収20万円以上】を達成することができます。

第2フェーズ:そして、売れ筋の独自商品を Amazon 上で売りまくることにより 【月収100万円以上】を得ることができます。

第3フェーズ:最終的には、オリジナルのブランド商品を開発販売することで、メーカー兼小売り業として独自の商品を販売、卸をしていけば、【月収300万円以上】という世界が待っています・・・

 

以上の流れは、何も夢物語ではありません。

現に、加藤のコンサルティングにより
中国輸入物販ビジネスを実施して月20万円から、
月300万円以上の利益を得ている人たちがいます。

ただそう言われても、なかなかピンと来ないと思いますので、
『今この瞬間に、このように結果を出している人たちが多くいる』
という事実だけでも、ぜひ知っておいてもらいたいです。

彼らを目指して、あなたも
当サイトでじっくりと学んでいってくださいね。

 

他の輸入ビジネスに関する記事を読む