なぜ、今「中国輸入ビジネス」なのか?

2008年頃から物販ビジネスの世界において、北米輸入がブームになり始めました。ある有名教材がきっかけで、その後右肩上がりで市場参加者が増えていきました。

2010年〜2012年は市場参加者がもっとも多く、その頃は史上最高の円高の時代だったため、比較的カンタンに利益を上げることができました。

しかし、2012年の終わり頃から円安の流れがはじまり、市場参加者の増加してしまい、利益を出しにくくなってしまったのです。

現在、北米輸入で安定的に利益を出したいなら、他社に負けないリサーチ力とスピード。

そして、価格競争に巻き込まれない自社ショップなどの販路、他社より安く仕入れられる仕入先などが必要になってしまい、一般人の参入障壁が一気に高くなってしまいました。

そこで、おすすめなのが、中国輸入です。

中国輸入は他の輸入ビジネスに比べて3つのメリットがあります。具体的には以下になります。

メリット1:原価がかなり安い

まず、第一に挙げられるのが仕入れの原価が非常に安いことです。中国の仕入れは原価10%~30%程度のものもあり、為替の影響も受けにくいのが特徴です。

輸入ビジネスは為替の影響をモロに受けることもあるので、原価が安いことは非常に大きな強みになります。

さらに、仕入れや安いためにスタート資金が少なく済みます。転売は仕入れ資金が先に必要になるため、仕入れの資金ができるだけ安いに越したことはありません。

また、中国は日本との距離も近く、北米などと比べて送料のコスト面においても非常に有利です。

また値引き交渉にも応じてくれる国民性があるため、大量仕入れの場合、交渉して原価をさらに安くすることも可能です。

メリット2:商品数が多い

中国は「世界の工場」と呼ばれており、多種多様の商品が取り扱えることもメリットの1つです。

なぜなら、商品数が多ければ利幅のある商品をあなた自身もたくさん取り扱うことのできるからです。

例えば、Amazonの場合は出品アカウントをオープンさせると、自分のストアを持つことができます。そのストアは、自分自身のお店です。

もし、ネットではなくて、お店をコンビニ店舗として捉えるなら、商品数が10点のお店と100点あるお店どちらを選びますか?もちろん、100点ですよね。そこにしか売っていない商品があるなら別ですが、探している商品があるかもしれないと、お客さんは商品数の多いお店に来店してくれます。

つまり、商品数が多いことが、より多くのユーザーにアプローチできる秘訣なのです。

だから、たくさんの商品を扱うことのできる中国輸入転売はライバルとも競合になりにくく、安定的に利益を上げ続けることができるのです。

メリット3:商品の回転率が早い 

中国転売は粗利率の高く、回転率が非常に良いところも魅力の1つです。

粗利は20%〜60%とばらつきがありますがたとえ利益率が低かったとしても「回転率」でカバーすることができます。

商品のリサーチさえしっかりしておけば、比較的安い金額なため、中国商品はバンバン売れていきやすいのです。

もちろん、売れる商品を選ばないといけませんが確立されたリサーチ方法があるので、高い再現性であなたにもリサーチが可能です。

原価が安く、最低資金10万円からでもスタートできる中国輸入ビジネスですが、このように回転率で利益をどんどん膨らませることができるのです。

加藤さとしの輸入ビジネス成功の3ステップ

私、加藤さとしがお伝えしている中国輸入ビジネスは、以下の3ステップで行います。

ステップ1:
Amazon相乗り商品&メルカリ販売で利益確保

ステップ2:
独自商品の販売と外注を駆使して更に利益を得る

ステップ3:
OEM商品販売でブランドを作り利益を更に倍増させる

つまり、最初にAmazonとメルカリを駆使して、中国で輸入した商品を販売して小さな利益を得ます。これは非常に再現性が高く、弊社が作ったツール「アマテラス」を使うことによって、中国と日本のAmazonで価格差のある商品を見つけることができます。

さらに、仕入れに関しては弊社サービス、「中国仕入れサポートサービスTRIM」を使うことで初心者の方でもカンタンに中国仕入れを行うことができます。

どちらも費用対効果のあるリーズナブルなサービスなので、興味がある方はぜひご活用いただければと思います。

転売がある程度回り始めると、中国輸入で成功できる感覚が身に付きます。

そして、転売は誰でもできる作業なので、一度身につければ、外注に頼むこともできます。

つまり、自分自身が作業をしなくても、利幅のある商品を仕入れ、販売することを繰り返すだけで利益を確保することができるのです。

さらに、利益を拡大したい方は、オリジナル商品をOEMで作成し、ブランドを作ることでより大きな利益を確保することができます。

私の中国輸入ビジネスでは、個人でもできるこの3ステップを踏んで、「年収5,000万円の小さな会社のオーナー」を目指していただきます。

興味のある方は、こちらからサービス一覧をご覧ください。