加藤が販売している中国輸入向けリサーチツール「アマテラス」を使った
検索方法について、基礎となる画像検索について解説していきます。

アマテラスは有料のツールですが、お試し用としてアマテラスLiteという無料版があります。

※アマテラスについては、こちらの記事をご覧ください。

15

自由に条件を設定して検索が可能ですが、中国輸入品で利益が出る商品を
見つける最も効率的な条件は以下の通りです。

候補キーワード:ノーブランド
価格:1500円以上

初心者の方はこの条件で様々なカテゴリの商品を探してみましょう。
そして中国輸入品の特徴などをつかんでいくと、
リサーチ力がどんどん向上していきます。

慣れてきたら検索条件のバリエーションを増やしていくと、
取扱商品の幅が広がっていきます。

条件が設定できたら、「検索する」ボタンをクリックします。

検索されたら商品を確認していきます。
チェックするポイントは主に以下の2点です。

16

ランキング上昇回数:good!の表示があるもの(できるだけ上昇回数が多いもの)
※さらに詳細を確認したい場合は、モノレートの文字をクリックすると見られます。

出品者数:2から7名程度
※ 出品者が1名だと相乗り防止策が講じられている可能性が高く、
出品者数が多すぎると価格競争が起こり、価格が下落しやすいためです。

以上のチェックがクリアしたら、「画像検索」の文字をクリックします。
すると、以下のような画面が出てきます。

17

ここで「アリババサイト対象」のボタンをクリックしていきます。
(全ての画像で試してください。なお、タオバオやアリエクスプレスの商品も検索できます。)

同じ画像を使った商品ページが見つかれば、以下のように表示されます。

18

1つずつクリックして商品ページを確認していきます。
以下のように商品が見つかりました。

19

ここでわかった仕入れ額を以下のように入力します。
すると、利益額や利益額の概算が簡単にわかります。

20

このように画像検索を使えば、非常に簡単に同じ商品を見つけたり、
利益計算をすることができます。

その他、アマテラスの詳細はこちらへどうぞ。

 

!