今やAmazonでの販売は、
相乗り販売では
思ったように利益が出ない・・・

 

という状態で、まさに相乗り販売は崩壊しているといっても
過言ではない状態です。

 

加藤のところにも悲鳴のような悩みが
どんどん来ていて、困っている方も
多いのを実感しています。

 

なので、

 

自分の商品をオリジナルで作成して販売をしている
今後、独自商品を販売していきたい

 

という人は多いでしょうね。

加藤は無料相談もやっているので、
そんな方々と話をする機会が多いのですが、
そういう皆さんの多くが以下のように考えています。

 

あなたあなた

いい商品であれば、必ず売れる

 

それは、たしかに正論ではありますが、
Amazonでの販売においては、正解ではありません。

 

それは、なぜかというと
以下のような事実があるからです。

 

購入者の中で検索結果の2ページ以降まで見に行く人は
わずか30%にも満たない

 

つまり、どんなによい商品でも検索結果の
1ページ目に表示されないと、7割以上の人の目にも触れない
という状態なんです。

 

ですから、多くのパワーセラーは、
Amazonでの売上を上げるために
「検索した際に、1ページ目の上位に表示されているか」
という点を最重視し、努力を続けているのです。

 

では、どうしたら検索結果の上位に表示されるのか、
という秘密を知りたいですよね。

 

その糸口となるのが、ここで解説する
『スポンサープロダクト』なのです。

 

加藤さとし加藤さとし

今回は、スポンサープロダクトに
ついて概要を説明していきます。

 

 

Amazonスポンサープロダクトとは?

 

あなたがAmazonで商品を探している時、
以下のような表示を見たことがあるかと思います。

 

 

大口出品サービスご利用中の出品者が
自分の商品をAmazon内に広告掲載できるサービス

 

これが、スポンサープロダクトです。

Amazonであなたの商品により多くのアクセスを集めるため、
スポンサープロダクト広告の活用が非常に効果的です。

 

Amazon内で広告を掲載することで
検索結果の上位に商品を表示させることができます。

 

自分だけの独自商品、オリジナル商品は
価格競争に巻き込まれず、しっかり利益が得られますが、
Amazonの膨大な商品の中に自分の商品が埋もれてしまい、
結果、売り上げがあがらず・・・

 

という悩みを持っている方も多いことでしょう。

そんな悩みを解決し、自分の商品を一気に目立たせ、
売れる商品に変える!!

 

それが可能になるのが、Amazonスポンサープロダクト
なのです。

オリジナル商品の販売には、絶対に不可欠な
スポンサープロダクトですが・・・

 

どう使えばいいのかわからない
費用が高いんじゃないの?
効果的な使い方がわからない

 

という声をよくききます。

 

なので、しっかり読んで、
理解していってくださいね。

 

 

Amazonスポンサープロダクトの5つのメリット

 

スポンサープロダクトが重要なものというのは
わかっているけど、一体何がいいのかわからない
という方のために、ここからは
スポンサープロダクトのメリットをお伝えします。

 

その前に、スポンサープロダクトの概要を
以下の動画で確認してください。

 

 

 

 

1、初心者にも簡単に使える

 

上の動画で分かる通り、スポンサープロダクトを使うのは
非常に簡単で、今すぐにでも使えます。

 

初心者でも簡単に使えるのが、
スポンサープロダクトの良い点です。

 

キーワードを設定し、入札額を決めるだけで
設定が完了します。

しかも、驚きべき点は、
設定して数時間後には、
すぐに結果が出始めるという点です。

 

効果がなかなかあらわれない、
わかりづらいとなると
あまりメリットが感じられませんが、
とにかくすぐにその効果が実感できるのが
本当にうれしいですよね。

 

ぜひ、あなた自身で
このメリットを体感してみてください。

 

2、広告とは知らない人も多い

 

この記事を読んでいるあなたは、おそらく
Amazonに商品を出品しているセラーだと思います。

 

ということは、以下のような
「スポンサープロダクト」と書かれた商品は、
広告であるとわかるでしょう。

 

 

しかし、一般の購入者はどうでしょうか?
上の画像は「ガーデンライト」で検索した結果、
最上部に表示されていた商品です。

 

たしかに、Amazonの検索結果ページで
「スポンサープロダクト」の文字にマウスを合わせると
以下の表示が出ます。

 

 

これを見れば、広告だとわかるのですが、
それ以外は、他の商品とまったく同じように表示されているので、
広告だとわかるものはありません。

 

明らかに広告だとわからないところが、
スポンサープロダクトのメリットと言えるでしょう。

 

 

3、広告だけでなくマーケティングのデータとしても活用できる

 

スポンサープロダクトのメリットで
実は最も多くの出品者がこれを挙げるのではないか
と思うものがあります。

 

それは、分析のツールが充実しているということです。

とかく、出品者には厳しいと言われるAmazonですが(^_^;)
その分、販売促進のためのデータをしっかり出してくれます。

特にスポンサープロダクトを利用した際に
提供されるデータは商品説明などの修正点や
新しい商品開発のヒントなども与えてくれる
実に有用なものです。

 

それだけでもスポンサープロダクトを利用する価値がある
と言われるくらい非常に役に立つデータを
手に入れることができます。

 

4、Amazon以外でも大きなメリットがある

 

Amazonスポンサープロダクトは、
もちろんAmazon内での広告ですが、実は
GoogleやYahoo検索でも上位表示される可能性がある」のです。

たとえば、Googleで商品名を検索すると、
以下のようにAmazonはトップか上位で必ず検索されます。

 

 

このように表示されるのは、当然、AmazonがGoogleなどに
広告費を出しているからです。

 

Googleなどの検索エンジンの広告は利用者が爆発的に増えており、
検索数が多いキーワードは驚くほど高額です。

 

しかし、莫大な利益を出しているAmazonだから、
大きな広告費も出せているわけです。

ということは、スポンサープロダクトで
上位に表示されるということは、
検索エンジンから直接アクセスするユーザーの購入も
見込めるわけです。

 

個人でも十分に費用が出せるスポンサープロダクトを
利用するということは、
格安でGoogleなどの検索エンジンの広告が使える
のと同等の効果があるとも考えられます。

 

そう考えると、スポンサープロダクトを使うのは、
想像以上のメリットがあると言えますね。

 

 

5、真の目的は、AmazonSEOの向上にあり

 

最後に重要なポイントをお伝えします。

 

スポンサープロダクト広告を実施する本当の目的は、
実は広告による売上アップではありません。

 

 

これは、
「ユーザーが検索したキーワードに対して掲載される」
というスポンサープロダクトの仕組みが関連しています。

 

どういうことかというと、
広告内で設定したいずれかの検索キーワードで商品が購入されると
Amazon内では、「そのキーワードで購入された」と
購入実績としてカウントされます。

 

その結果、検索順位がアップします。
 ※これは通常検索での購入時も同じです。

 

つまり、広告経由での購入数を増やすことの目的は、
Amazon内のSEO向上にあるのです。

 

これは、最初はなかなか理解しづらいかもしれませんが、
そういう仕組みになっているので、
非常に大きなメリットがあるものと理解しておけば大丈夫です。

 

 

Amazonの広告は3種類ある

 

Amazonの広告 = スポンサープロダクト

 

というイメージがあるかと思いますが、
実はスポンサープロダクトは
3種類ある広告の中の1つです。

 

3種類の広告とは、以下の通りです。

 

   ・スポンサープロダクト
   ・商品ディスプレイ広告
   ・ヘッドライン検索広告

 

それぞれ掲載場所や目的が違い、
それらを複合的に活用することで、
集客効果を高めることができます。

 

 

3つの広告比較表

 

3つの広告は、単に掲載場所が違うだけではなく、
以下のようにそれぞれに特長があります。

 

AMS (Amazon マーケティングサービス) 広告タイプ比較 より引用

 

それぞれの特長を以下の動画で確認してください。

 

スポンサー プロダクト広告

 

ヘッドライン検索広告

 

商品ディスプレイ広告

 

 

まずはスポンサープロダクト広告を使ってみよう

 

Amazonの3種類の広告の中でも
まずはスポンサープロダクトを使ってみましょう。

 

Amazonもスポンサープロダクトに
最も重要視することを推奨しています。

 

加藤も3つの広告を運用していますが、
最も重視しているのはスポンサープロダクト広告です。

 

ヘッドライン検索広告、ディスプレイ広告は
一定以上の売上のあるセラーしか使えないので、

まずはスポンサープロダクト広告を使ってみましょう。

 

 

スポンサープロダクトを使うことをためらっているあなたは
おそらく費用に関する心配があるのではないかと思います。

 

スポンサープロダクトはクリック課金型という
広告なので、クリックされなければ費用はかかりません。

 

つまり、自分の商品がスポンサープロダクトとして
上位に表示されても料金はかからないわけです。

 

そこで、自分の商品がクリックされて、
はじめて料金がかかります。

 

それでも、みんなが次々とクリックしたら
とんでもない料金になってしまう・・・

 

と、心配な方もいるでしょうが、
安心してください。

 

Amazonスポンサープロダクトでは一日の平均予算を設定できます。

 

一日の広告費が予算を超えるとそれ以上の出稿を抑えられるので
想定以上の広告費になってしまうことはありません。

 

予算もどのくらいにすればよいかと不安でしょうが、
設定の時に最低単価や推奨の入札額などが表示されますので、
初心者でもある程度の目安がわかります。

 

なお、詳しい使い方は、
別の記事でたっぷり紹介していきます。
お楽しみに!

 

 

まとめ

 

自分だけのオリジナル商品を販売したけれど
全然売れない・・・

 

相乗り販売では厳しいので、
独自商品で勝負したいけど難しそう・・・

 

Amazonの商品数は2億以上と言われていますので、
その中で商品を売れるようにするのは、
たしかに至難の業と言えます。

 

『いい商品なら売れる』というのは
その通りなんですが、

Amazonでは、まずは目立つ位置に表示されないと
売れないんです。

 

人の目に触れさせるのは、
何もAmazonだけの話ではないですよね。

 

どの企業もそのために
多額の広告宣伝費をかけているわけです。

 

(東洋経済オンラインより)

 

もちろん、個人や小さな規模のビジネスでは
そこまでの費用はかけられませんね。

 

でも、スポンサープロダクト広告なら
費用的にも無理なく広告が出せます。

 

しかも、費用対効果は本当に抜群です。

 

さらに、自分の商品が

 

目立って
 ↓ 
売れて 
 ↓
検索上位

 

になれば、後は黙っていても売れていきます。
そうなれば、広告はそこまで必要ありません。

 

別の商品開発や仕入れ、
他の商品の広告に回せるわけです。

 

そうなると、あなたのAmazon物販ビジネスは
一気に軌道に乗ります^^

 

そんな、魔法を手に入れる方法、
それがスポンサープロダクト広告なのです。

 

スポンサープロダクトの具体的な使い方、活用方法については
別の記事にて解説しています。

 


中国輸入Amazon物販で”月収100万円”を最短で目指すあなたへ

【無料相談の受付について】
※12月10日 残り1名様

無料相談では、Amazon独自カタログ商品の販売により、スピーディーに売上を出し、軌道に乗せる各種ノウハウはもちろんのこと、

あなたが抱えている問題にお答えしていきます。

そして、6ヶ月という短期間で、月商100万円以上を稼げるようになり、2倍、3倍と売上を伸ばし”月収100万円”を実現するための、加藤独自の戦略についてもお話しします。

すでにAmazonにて販売中の方には、今の売上を2倍以上にするための戦略と、その解決法をお話しします。

毎月の受付人数は2名様のみですので、本気の方はぜひ無料相談(Skype、対面)を受けてみてください。

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法