海外から商品を仕入れて販売し
利益を得るまでには様々な手数料がかかり
そのため利益の計算が煩雑になりがちです。

 

特に中国輸入においては、
仕入れのために代行業者をはさむため
さらにわかりづらくなります。

 

しかし、経費や手数料をしっかりと
把握しなければ、利益が出ているのかも
わからず、ビジネスにはなりません。

 

中国輸入において必要な経費は
以下の通りです。

 

1.仕入れ額:商品原価
2.為替手数料:日本円から中国元に両替する際の手数料
3.代行手数料:代行業者に支払う手数料
4.関税・消費税:商品が日本に到着した際に支払う税金
 ※関税5%、消費税8%(消費税6.3%地方消費税1.7%)
5.中国国内送料:中国のショップから代行業者までの送料
6.国際送料:代行業者から日本までの送料

 

上記の中で4の関税・消費税はあなたが直接、
商品の輸送業者に支払います。
4以外は、すべて代行業者に支払います。

 

ここでは、

 

2.為替手数料
5.中国国内送料
6.国際送料

 

について解説します。

 

さらに、上記1-6の具体的な計算を示し、
利益の計算方法を解説します。

 

なお、関税・消費税の計算方法については
以下の記事をお読みください。

中国輸入の関税と消費税の計算で失敗しないための7つのポイント

 

 

為替と為替手数料の基礎知識と計算方法

 

以下は中国のサイト
アリババの商品画面の一部(価格表示)です。

 

 

同じ¥のマークなので日本円と勘違いする人もいますが、
これは中国元のことです。

 

このままでは日本円ではいくらなのかが
わかりませんので、日本円に換算する必要があります。

 

また、中国元と日本円の換算レートは
常に変動していますので、
最新のレートを知ることが重要です。

 

たとえば、以下のようなサイトが
参考になります。

 

Yahoo!ファイナンス

 

以下のように計算結果が表示されます。

 

 

もちろん、中国元も計算することができます。

 

 

 

代行業者に支払うのは日本円?

 

日本円での価格がわかったところで、
よくある質問なのですが、

 

『支払いは日本円でできるのか?』

 

という点にお答えします。

 

中国のサイト、アリババやタオバオからの仕入れ
の場合は代行業者が必須と考えてください。

 

そのため、商品代金などの支払いは
アリババなどのショップに支払うのではなく、
代行業者に支払います。

 

その際、代行業者への支払いは
日本円で支払います。

 

中国元への両替は代行業者が行ってくれます。
しかし、その際、通常は手数料を支払います。

 

 

※為替手数料を取らない代行業者もあります。

 

多くの輸入代行業者は

     「為替レート+為替手数料1円」
     「為替レート+為替手数料0.5円」 

 

などと設定していますので必ず確認して下さい。

 

為替手数料を含んだ計算方法は、
   
     商品代金×{(相場の数値)+(指定の金額)}

となります。

 

例えば 商品代金30元の場合、1元=17円 だとして

    30×17=510円

A社の為替手数料が「+1円」なら

    30×(17+1)=540円

がA社での商品代金となります。

 

なお、支払いをPaypal・クレジットカードで行う場合
業者によっては別途、手数料が加算されます。
(大体、3.6%〜3.8%です)

 

こちらも必ず確認しましょう。

 

また、クレジットカードによっては、
購入日の為替レートではなく、
カード会社に請求が届いた日の為替レートで
計算されることがあります。

 

 

運賃の基礎知識と計算方法について

 

国際貿易における輸送運賃は、

       Tariff Rate(タリフレート)

と呼ばれる運賃表に則って決定されます。

 

荷物には「小さくても重い貨物」
「軽いけれど大きな貨物」など
様々な形状の貨物があります。

 

輸送機関(トラック、鉄道、船、飛行機など)には
容積・重量に制限があるため、
もし実重量だけで料金を設定してしまうと
様々な問題点が出てきてしまいます。

 

そこで容積を重量に換算したフェアな基準が
『容積(体積)重量』 なのです。

 

輸送運賃は、実重量とこの体積重量を比較し、
どちらか大きい方が最終的な重量と見なされ、
料金が請求されます。

 

※この最終的な重量を「Chageable Weight」
といいます。

 

国際輸送における輸送手段のメインとされる
船舶・航空では、それぞれChageable Weightの
換算方法が異なります。

 

【船舶輸送の場合】

   縦(m)×横(m)×高さ(m)   

   を 実重量(トン)と比較

 

【航空輸送の場合】 (ほとんどの場合こちら)

  縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷係数 5000   

  を 実重量(kg)と比較

 

各面の一番長い部分がその面での長さ
として採用されるので、無駄な出っ張りが
出ていると思いもかけぬ料金になってしまう
ことがあるので注意が必要です。

 

例として、中国の郵便の場合、
「梱包後」の1辺の長さが60cmを超える場合
体積重量での計算となります。
(空港便EMSに適用/60cm以内は実重量での計算)

 

 

例えば実重量が10kgであっても

70(cm)×50(cm)×34(cm)÷係数 6000=19.83 

となり体積重量 は20kgとして計算されます。

 

係数が変わると体積重量も変わります。

 

70(cm)×50(cm)×34(cm)÷係数 5000=23.8 
                             
となり体積重量は24kgとして計算されます。

 

※係数について

6000・・・中国、日本の会社が多く採用(最近は少ない)

5000・・・DHL・UPSなど欧米の外資系が多く採用

となっていることが多いようです。

 

基本:「たとえ軽くても、外箱の三辺のうち
   どれかが長い商品は仕入れをしない」

 

自分が小さいと思っていた商品でも、
意外と大きな場合もあるので、
大きさの判定には十分注意しましょう。

 

さらに、長い、大きい商品の場合は、
国際配送時だけでなくアマゾンで販売する際にも
高めの経費が取られます。

 

参考   容積重量自動計算ツール 

 

容積重量計算ツールの使い方

 

 

奥行き、幅、高さを入力し、
計算するをクリック。

 

実重量と体積重量を比べて数値の大きい方が
最終重量となります。

 

 

 

体積重量 計算事例

 

アマゾンFBA納品の際に使用できる輸送箱のサイズは
最大で50cm ×60cm ×50cmですが、
その場合の体積重量は30kgとなります。

 

商品個々のサイズではなく、輸送箱のサイズを元に
計算されるのがポイントです。

 

事例1 軽くて大きな商品の場合

 

ランドセルのように空洞がある商品の場合ですが、
6個で6kg=1個1kgなのに、体積重量19Kgとなり
1個当たり3.2kg計算になります。

 

 

実際は外箱に入れられていることも多いので、
商品実寸より一つ一つのサイズは大きくなります。

 

 

事例2 小さくて軽い商品の場合

 

アクセサリーなどの小さくて軽い物の場合も
意外なことに体積重量が適用されます。

 

外函などがあり、軽くても体積重量が
適用されることが多いです。

 

 

事例3 衣類の場合

 

洋服だとたたまれて袋に入った状態で
B4相当の大きさです。(25.7×36.4cm)

 

厚さが1cmだと52×37×30cmの箱に
60枚入る計算となります。

 

衣類の重さの目安   

 

 

一つの重さが1枚400gであれば
この場合は24kgで実重量計算となります。

 

事例4 小さくて重い商品の場合

 

小さくても重いものはもちろん実重量が適用されます。

 

 

この商品はイミテーションですが
サイズ:約16.5×7.5×4.5cm 重さ:871g
あります。

 

 

幅60cmの箱だと8個並べられます。
3段重ねると24個入る計算になります。

 

体積重量では3kgですが、
実重量21kgで計算されます。

 

ここで注視すべきは
体積重量が適用されるかどうかではありません。

 

「日本に届くまでの配送経費が
利益を得るために妥当かどうか?」
という点が重要となります。

 

先ほど話した通り、どうしても
体積重量がほぼ適用されるのが実情です。

 

なので、結果的に配送経費がいくらかかったのか
について毎回把握して、
売値に対してどのくらいの割合なのか?
について確認しておくのが重要となります。

 

問題は「利益が出ているかどうか」です。

 

具体的には、国内送料、国際送料、手数料の合計経費が
売値の大体35%以上だと
結果的に利益は出にくいということです。

 

 

中国国内送料の調べ方

 

中国のショップや工場から
代行業者の所在地(あるいは倉庫)まで
中国国内送料が必要です。

 

これも忘れてはいけない大事な経費となります。
国内送料の確認方法を説明します。

 

国内送料を調べるには 「物流」と書かれている列の
「请选择」横の∨をクリックすると地域の一覧が出ます。

 

 

ここでは代行会社が多く存在している
浙江省義烏市(イーウー)を例にします。

 

 

「浙江」をクリックすると
さらに地域選択できます。

 

「義烏」は選択肢にないので、
義烏が所在している都市である、
「金华」を選択します。

 

国内送料は1個の場合、7元です。

 

 

この商品の1個の重さは0.4kgです。

 

2つまでの国内送料は7元でしたが、
3個では総重量が1.2kgに
なりますので12元に変わります。

 

重さによって国内送料は変わります。
単純に5個なので送料が5倍となるわけではありません。

 

 

この商品の1個の重さは0.03kgです。
1個の重さが軽いので25個でも
国内送料は1kg未満ですので最初の設定のままです。

 

ショップによっても変わりますが、1kgを超えると
500gごとに加算されることが多くなります。

 

発送の際の箱の重さ等も加算されますので、
商品自体の重さだけの計算とはなりません。

 

 

货运はボリュームが大きい商品の場合、
貨物便にかかる金額です。

 

国内送料は確実にかかる経費です。
リサーチの段階からしっかり把握しておきましょう。

 

 

利益の計算方法

 

販売価格から仕入れ代金と手数料(諸経費)
を引いた額が利益となります。

 

{販売価格}-{仕入れ代金}+{手数料(諸経費)}=利益

 

諸経費をいかに低く抑えるかによって
利益額は大きく変わります。

 

 

タオバオやアリババから仕入れる場合の計算方法

 

タオバオやアリババから仕入れる場合、
代行業者を利用するため、
手数料の計算が複雑です。

 

計算式は以下のようになります。

 

{アマゾンでの商品販売価格}-{諸経費( ①仕入額+②為替手数料+③代行手数料+ ④関税・消費税+⑤中国国内配送料+ ⑥国際送料+⑦Amazon販売手数料+ ⑧FBA費用)}=利益

 

それぞれの詳細とおおよその目安
※為替相場の変動や、代行業者によって数値は異なります。

 

①仕入れ額:商品原価(中国元)×17円

②為替手数料:商品原価(中国元)×1円

③代行手数料:商品原価(日本円)の7%で計算
 ※代行業者によって異なります。

④関税・消費税:商品原価(日本円)の13%で計算
 ※関税5%、消費税8%(消費税6.3%地方消費税1.7%)

⑤中国国内送料:商品原価(日本円)の12%で計算

⑥国際送料:重さ(kg)×780円
 ※送料を1Kg=780円で計算していますが、
  あくまでも一例です。(通常はもう少し
  安くなる場合が多いです。)

⑦Amazon販売手数料:FBA料金シミュレーターで自動計算

⑧FBA費用:FBA料金シミュレーターで自動計算

 

以下の商品がタオバオでは
44.00元/約880円で販売されていました。

 

 

この商品の利益を計算してみましょう。

 

{アマゾンでの商品販売価格}-{諸経費( ①仕入額+②為替手数料+③代行手数料+④関税・消費税+⑤中国国内配送料+⑥国際送料+⑦Amazon販売手数料+⑧FBA費用)}=利益

 

{3,380円}-{2,304円( ①880円+②44円+③62円+④114円+⑤106円+⑥234円+⑦507円+⑧357円)}=1076円

 

ということで
利益は 1,076円 となります。

 

まとめ

 

中国からの仕入れの場合、
代行業者をはさんで輸入をするため
どうしても計算が複雑になります。

 

このように文章で説明をすると
かえって難しく思われるかもしれませんが、
計算に慣れれば、難しくはありません。

 

なお、アマテラスだと以下のように
商品原価を入力するだけで
瞬時に利益計算をすることができます。

 

 

詳しくは、
以下のページをご覧ください。

アマテラス

 

 

!