加藤です。

Amazon上で、中国仕入れの
販売候補となる商品のリサーチをしても
なかなか目ぼしい商品を見つけられない、、、

今日は、リサーチができない、うまくいかない
そんなお悩みを持つ人がよくハマっている
4つのパターンをご紹介します。

逆に言えば、この4つのやり方を実践すれば
高確率でうまくいかない、という内容です 笑

あなたはどれかに当てはまってないか
ぜひチェックしてみてください。

 

1、メジャーな商品しか見ていない

 

例えばスマホケースや財布のような、
いわば誰もが知っている
商品しか目がいかない人がいます。

メジャーな商品の市場は、
当然、ライバルだらけの激戦区なので
参入できるような商品候補は見つかりません。

 

2、「商品」だけしか見ていない

 

利益が出る商品そのものだけに
フォーカスして探していても
仕入れのGOサインを出せる確率は激減します。

その商品が属する市場の規模、
ライバル商品の状況を見ていないと
余計な苦労を重ねるだけです。

 

 

3、リサーチの判断基準が分かっていない

 

自分だけの独自商品ページで
稼ぐための商品、
相乗り販売で稼ぐための商品、

この両者のリサーチについて、本来
重点的にチェックすべきポイントがあります。

それらの正しい情報を理解できていない人が多いです。

 

 

4、手作業でリサーチしている

 

いつまでもAmazonランキングページから
商品をチェックしている人が多いですが、
それでは決定的な情報は何も見えてきません。

大事なのは、Amazonのページを見ただけでは分からない
「ウラ側」にある情報です。

それに加え、リサーチしていくべき商品数は
膨大な量なので、
手作業でどう頑張っても結果が出ないのは当然です。

該当している箇所はなかったですか?

この4つの逆を実践してければ
成功確率は上がります。

思い当たる節がある人は、ぜひフィードバックしてみてください^^

 

加藤さとし加藤さとし

もし、あなたが4番目に該当しているなら、今すぐにツールを導入して、少ない時間で効果的なリサーチをしましょう!
その際は、加藤が開発したAmazonリサーチツール、アマテラスが絶対に役立ってもらえるはずです。こちらでアマテラスの詳細説明をしています。

 

脳ミソを使わず翌週すぐに5万円入手する方法