加藤です。

 

最近、ネット上を見ていると

「まだまだメルカリ転売は稼げます!」

なんていうメルマガやブログがまた増えてきてます。

 

なので、気になっている人も多いかもしれません。

 

 

でも、少し待ってください。

 

これから先、メルカリ転売を実践するか(続けるか)どうかは

よく考えたほうがいいです。

 

なぜなら、半年前と今とでは、状況が変わっているからです。

 

今、メルカリが気になっている人へ、その参考として、

現在のメルカリ転売について

知っておくべき3つの事実をご紹介していきます。

 

 

安易にメルカリ転売をスタートする前に

この内容を頭に入れておき、

「こんなはずじゃなかった・・・」という事態を避けましょう。

 

 

 

面倒な作業の頻度が増えた

 

 

メルカリ転売はご存知「転売」です。

 

なので、仕入れ商品が売れなくなったら入れ替えて

他の新たな商品を追加しないと

売上が下がってしまいます。

 

つまり、定期的なリサーチを

常にし続けなければなりません。

 

売上を上げたいのなら、その頻度を増やすしかないです。

 

以前までは、利益が出る商品の寿命が長かったですが

今では多くの商品が氾濫しているせいで

値下がりのスピードが早くなっています。

 

そのため、商品入れ替えの作業が非常に多いです。

不良在庫になってしまうため、

数多く仕入れもできなくなっています。

 

さらに今はアカウントの規制が厳しくなってしまいました。

アカウントの入れ替えの費用や作業も増えており

大変さが増しています。

 

 

 

継続のメリットが少ない

 

 

通常、ビジネスというのは

RPGゲームのように、続けるほど

雪だるまのように成長していくべきなのです。

 

スキルの面や、収益の面、

時間、労力の面も然り。

 

転売ビジネスは、そもそもが

この継続メリットがありません。

いつまでも、同じことをして

動き続けなければならないです。

 

でも、今のメルカリは

アカウント規制が厳しいのと

流行り廃りの推移が早いせいで、

 

販売アカウントも成長しませんし、

商品を見る目も養われなくなりました。

 

つまり、”続けることによるメリット”が

以前と比べて、さらになくなったのです。

 

 

 

終わることが確定している

 

 

これが、一番きついポイントだと思います。

 

ご存知の通り、メルカリ側が、業者に対して

明らかに強硬な姿勢で締め出しにかかっています。

 

これは、これまでのどのプラットフォームにも

なかったレベルの締め出しの強さです。

 

2017年6月に逮捕者が出たことで

その姿勢が明らかになりました。

 

以前から噂が出ている「メルカリアカウントの本人確認」

もうそろそろ実施される、という情報も入ってきています。

 

そうなれば、ビジネスとしての

メルカリ転売は完全にアウト、です。

 

 

 

以上、3点を読んでも実践するかどうか?

 

「これから先、実践するにはある程度の覚悟が必要」

という事実がわかってもらえたと思います。

 

 

悔しいですが、加藤も

早い段階でこれらの事実を受け入れました。

 

メルカリ側が強硬な姿勢である点が決定的でしたし、

実践する人の安全面が脅かされては

元も子もありませんからね。。

 

 

冒頭で、最近まだメルカリ転売を勧めている人がいる

と書きましたが、

 

現在、こういった背景があることだけは

かならず頭に入れておきましょう。

 

加藤さとし加藤さとし

安定して続けられる物販ビジネスを望まれる方は、【Amazon中国輸入を、長期的に成長させる12ステップ】について、コチラで学ぶことができますよ。