中国から帰ってきた加藤です。

plane-50893_1280

先週末から、

代行業者「イーウーマート」さんのアテンドで

広州、深センに行ってきました。

 

 

 

広州では、アパレルとバッグ類

深センでは、電子機械類全般が盛んなエリアです。

Amazon中国商品で半数以上のシェアを占める商品ですよね。

 

 

 

 

加藤も、決めていたOEM商品の制作を

2つ依頼してきましたが、目的を達成できなかった

商品もあります。

 

 

 

 

なので今日は、自分への反省を込めて、

そして中国行きに興味がある人へ

 

 

 

『そもそもツアーで中国に行くべきか?』

 

 

 

というテーマについて少しお話ししましょう!

 

 

 

 

 

以前から、代行業者がツアーを開催してくれていたりで

簡単にイーウーや広州の市場に行ける機会があります。

 

 

 

実費のみで行けたりするので

ちょっと行ってみようかなと思ったりするはず。

 

 

 

 

でも、あなたがもし、さほど月商がない&

特定ジャンルの商品に詳しくない状態で

単に買い付けに行きたいだけなら・・・

 

 

 

 

悪いことは言いません。

辞めておきましょう。

 

 

 

アリババを見て注文依頼したほうが絶対いいですから。

 

 

 

中国で直接買っても、価格は変わりません。

(むしろアリババの方が安いことも・・・)

 

 

 

 

ましてや様子を見に行くなど

かなり余裕がある人でないとやっては駄目!

 

 

 

たいした下調べもせずに行って

何かいいものあればいいやーという発想は

疲れるだけで、マジで時間のムダです。

 

 

 

 

兎にも角にも、シコシコと

アリババをリサーチした方が全然見つかりますよ。

 

 

 

もちろん、現地に行ったからこそ

見つけられる商品もあります。

 

 

 

 

ただ、それが成功するのは、

特定の商品ジャンルにかなり詳しく人でないと

色々な面でリスクがあります。

 

 

 

わざわざ買ってきたけど、アリババを見たら売られていたり

あげくにアリババの方が安かったり・・・苦笑

アホらしくないですか?

 

 

 

 

では行くとしたら、どういう目的なのか?

 

 

 

それは、

OEM制作をできるかどうか事前に確認しておき

現地で実際に業者側と顔を合わせて

詳細を詰めたり、関係性を構築したりするためです。

 

 

 

こういう場合は工場なので、

一般的なツアーでは行かないですが。

 

 

 

 

今回、加藤はそれが徹底できていませんでした。。

なので次回にフィードバックします。

 

 

 

 

 

分かってもらえたでしょうか?

 

 

 

まぁ、そもそも旅行感覚で行くには

日本人には色々と世知辛い場所ですしね。。笑

特に見どころもないですし。

 

 

 

それでも行きたいんだ!という方は

止めはしないですが、加藤が言っていることが

少しは分かってもらえると思いますよ^^;

 

 

 

 

 

ちなみにですが、

ただ見に行くだけの行為は、参加する人だけじゃなく

主催の代行業者さん側もデメリットしかないんです。

 

 

 

これもぜひ知っておいてもらい点。

 

 

 

 

そもそも、代行業者さんがツアーをやるワケは

参加者に継続して商品配送の注文をしてもらうため。

 

 

 

そのために、わざわざ時間と労力をかけて

ほぼ実費のみでツアーを組んでくれるわけですよね。

 

 

 

 

ただ見に行くだけで、結局

その後ビジネスとして続かないのは

代行側にとってはボランティアでしかないのです。

 

 

 

そしてあなた自身にとっても、デメリットが多いです。

 

 

 

単に面白半分で行っても、

どこかで遠慮をしてしまい、どんどん疑問をぶつけたりして

現地の情報を本気で吸収できないんじゃないですか?

つまり不完全燃焼ってことです。

 

 

 

 

だからツアーに参加するのであれば、

真剣にそこの代行を使ってAmazonで販売しようという場合

がいいですね。

 

 

 

お互いWin-Winにはならない行為をするのは

結局、時間のムダなんです。

 

 

 

参考になれば幸いです^^