direction-255294_1920

加藤です。

 

日曜は都内某所で

コンサル生向けのセミナー&実践報告会。

 

加藤が持っているすべてを吐き出してきました。

 

 

少人数だからこそできる、濃密な時間は

最高のレベルアップの場だという自負があります^^

 

おそらく、参加されたコンサル生たちは

課題がありすぎて混乱しているでしょうね 笑

 

 

今はもう、コンサル募集を締め切っているので

あなたが来られないのは残念だけど

次回のチャンスがあればぜひ飛び込んできてほしい。

 

 

 

では今日のテーマにいきます!

 

 

最近の若者に

無欲、無消費、無感情が増えている話、

あなたも聞いたことありますよね。

 

「最近の若者は・・・」なんて言葉は

ギリシャ時代から言われてきたことだけど

今の若者は、本当にヤバイらしい。

 

 

最近ネットを見てたら、

 

高校一年で、もうすでに地方公務員になることを目標にしている

なんてニュースを見た。

 

その理由が

「きつくない仕事で、そこそこの給与を貰って生きていけるから」

なんだと。

 

なんだか悲しくなりますよね。

 

地方公務員が駄目だと言ってるわけじゃないけど

もっと夢を見てもいいじゃないないかと思う。

 

 

 

結局、

 

「仕事とは、生活のために我慢してやるもの」

 

いまだに、こんな悪しき常識が

はびこっているのがいけないんだ。

 

インターネットの可能性さえ知ってさえいれば

自由に生きていける、すでにそんな世の中になっているのに。

 

 

この前あった電通社員の自殺もそうだけど

大きなチャンスが目の前にあるにも関わらず

気づくことができず、後ろ向きになる若者たちがどれだけいるか・・・

 

すごくもったいない状況です。

 

 

でも、違う見方をしてみれば

だからこそ恵まれていると言えるんじゃないだろうか。

 

なぜなら

そんな状況、ライバルはいないと同じじゃないですか。

 

逆転の発想です。

 

この事実に気づいて、周りの輪から抜け出してしまえば

若くして一人勝ちできるんだから。

 

 

要は、その裏にある真実に気づけるのかどうか?

 

 

 

一方、我々がいる

Amazon販売も、実はおんなじ状況なんです。

 

 

「Amazonはライバルだらけでもう参入の余地がない、、」

 

最近、始めた人はそんなことを口にします。

 

 

でも、それを聞くたびに加藤は

チャンスが来てるなぁと思うんです。

 

もちろん、一昔前のように

Amazonに出しさえすればポンポン売れる!

なんて時代は過ぎ去っています。

 

 

でも

「売るためのスキル」さえ持っていればガンガン参入して

売上を上げることはできるんです。

 

でも、その単純な真実を知らずにみな挫折していく。。

 

 

だから放っておいても

雑多なライバルがどんどん減っていくんですね。

 

逆転の発想で

今はチャンスだという真実に気づくことが大事。

 

 

「売るためのスキル」を持っている人だけが

今のAmazon中国輸入で稼げるんです。

 

売れるオリジナル商品を作ればいいわけじゃない。

 

 

そして、そのスキルは

無料で見れるサイトをいくら探しても見つかりません。

 

 

だから、今から参入する人は

まずはこの真実を認識してみてください。

 

そのうえで、正しい行動を取れる人は

この先どんどん先行者を追い越して

収益を上げていけること確定なのだから・・・