puzzle-1686918_1920

加藤です。

 

 

「時代に付いていけないツール、サービスは廃れる」

 

これは、どのジャンルでも同じです。

 

今日はそんなテーマについて。

 

 

弊社のメルカリ販売事業も

この2ヶ月でだいぶ伸びてきました。

 

今は1日60~70個ほど販売しており

今月中に100個以上に到達するでしょう。

 

 

AmazonのOEM販売と両立してなので

かなり忙しいですが、やりがいがありますね。

 

なにせ、難しい分析や才能などは必要なく

規模を増やせばそれだけ売上が上がっていきますから^^

 

 

 

ただ、、、

 

今月に入って、メルカリ側の仕様変更があり

多くのメルカリ出品ツールで、出品ができなくなりました。

 

 

 

これは、一大事件です。

 

10以上あった出品関連のツールですが、軒並み

運営停止に追い込まれています。

 

ある日、いきなり「運営停止します」というメールが来て

それっきり終わり・・・ということです ^^;

 

 

これは、各ツールを使っていたユーザーにとっては

たまったもんじゃないですよね。

 

なにせ、それまで入ってきていた売上が

ある日からゼロになるわけですから。。。

 

 

幸いなことに、加藤が使っているツールは

しっかりと対応をしてくれているので

普通にメルカリで売上が確保できています。

 

聞いたところによると、今回のメルカリ仕様変更に

対応ができているツールは3,4つしかないようですね。

 

 

(ちなみに加藤が使っているこの出品ツールは

今、一般での新規受付は停止中なので

問い合わせはご遠慮ください)

 

 

 

ではなぜ今回、加藤はこの一大事件を

無事に乗り切れたのか?

 

 

それは

「本格的に利用する前に、信頼できるツールかどうか

しっかり見極めていた」

からです。

 

 

加藤も以前、テスト的に複数のツールの契約を結んで

使っていました。

 

でも、利用中の問い合わせ対応などが

おろそかなツールがほとんど。。

 

もちろん、そういうところは切っていきましたが

結局、そういうツールは今、運営停止の憂き目にあっています。

 

 

 

人のふり見て・・・じゃないけど

この事件のおかげで、我々が提供している『アマテラス』についても

より一層気合を入れていかねば!と思わされました。

 

 

ただ今、Amazon側のどんな仕様変更に対しても

ユーザーさんたちを裏切ることのないよう

常に全力で保守をしています。

 

そして、ユーザーさんたちの声を元にして

開発をしています。

 

 

先日追加した「キーワード設定」機能についても

複数の独自販売セラーさんからの要望を元にして

検索の精度を高めていきました。

 

(この話は次回また!)

 

 

 

というわけで、ツールであれサービスであれ

時代の変化に耐えられるかどうか?

 

 

その観点は常に持っていないと、ある日突然

はしごを外されることになるので、要注意ですよ。