question-2004314_1920

加藤です。

今日は、「Amazon販売商品探しに必須の知識」について。

 

Amazonで新規カタログ向けの商品ネタを探している人
多いと思います。

でも、実際に仕入れて販売しても思ったほど売れない・・・
という人もいるはず。

それは、当然「商品選定が甘かったから」に他ならないです。

商材選定に必要な知識。

それは『Amazonにどんな商材が売られているのか?』
という絶対的な情報です。

この情報があなたの頭の中になければ
その後の時間とお金をムダにしてしまうリスクが
飛躍的に高くなる。

たとえば
誰でも仕入れを思いつくカテゴリの商材を仕入れてしまい
いざ販売をしたら、実は周りにライバルがウジャウジャいた。。。

そんなな悲惨な目にあってしまうわけです。

Amazonセラーあるあるですね。

誰でも思いつく例として、「バッグ」や「財布」などがあります。

バッフや財布というアイテムは、世界中の誰もが知っている
激戦区中の激戦区。

圧倒的な差別化、付加価値が付いていない限り、
このカテゴリで今から月商 数百万円以上の商材を出すのは
不可能じゃないのだけど、何故わざわざイバラの道を進むの?

と個人的には思います。

このように、後から後悔するような手痛すぎるミスをやってしまうのも

商材探しに取り掛かる前に
「Amazonには無数の商品がある」という事実を知らないから
なんですよね。

兎にも角にも、まずはこの事実を意識しないといけない。

つまり自分がどれだけ知らないのかを知る、ということ。

これはまさに無知の知、です。

この謙虚とも言えるスタンスは絶対に必要になります。

自分のこれまでの知識じゃ全然足りないと理解する。

そして、あなたの人生で生活範囲になかった商品情報を知る。

その上で、Amazon内で仕入れ商材を
リサーチしていかないとなりません。

もちろんその後は、
商材カテゴリのライバルの力量、ライバル商品の特性、
そのカテゴリ内の潜在ニーズボリュームなど
参入に際しての判断に必要な分析が待っている。

その分析で、どこかで駄目という客観的な判断ができ次第
そこにしがみつかず、即、次の商材探しに移りましょう。

結局はこの地道な繰り返しが、月商数百万円以上の
商材を生む近道なんです。

仕入れ販売後になって後悔する前に、
今日の内容をジックリ読んで春節間のリサーチに役立ててくださいね。