中国輸入コンサルタントの加藤です。

 

 

今日はまず、アンケートから。

 

 

今、アマテラスについて

いまいち使いこなせずに困っているユーザーさんが多いです。

 

あなたはどうでしょうか?

 

 

そんな方々向けに、

「アマテラスの使いこなし方に関するワークショップ」

を開催できれば、と考えています。

 

ワークショップなので、

一方的に話すセミナー形式ではなく、

各自ノートPCを持ち寄ってもらって

各々が課題を実践していく、という形ですね。

 

 

場所は、福岡の博多駅近辺で

参加費は3000円ほどです。

 

もしやるとしたら「行きたい!」という方が

どのくらいおられるのか知りたいです。

 

 

もちろん人が多ければ、実施します。

 

ぜひこちらから教えてください。

 

→ アンケートはこちら

 

 

 

では、今日のテーマいきます。

 

今日は「商品を売りまくる恐怖」について。

 

 

 

素晴らしい独自カタログ商品を持っているのに、

なかなか売れ行きが良くない人がいます。

 

 

スポンサープロダクトをしっかりと出すなど

力を入れればもっと売れるはずなんですが、

なぜか引け腰になっているのです。

 

 

販売数を稼がないかぎり、

 

もっと良い仕様に改良するための

良いOEMのアイディアや、商品ページ改善など

大きなブラッシュアップにつながる経験はできません。

 

 

つまり、ビジネス的に進展しないということ。

 

 

でも不思議ですよね。

 

なぜ、さらに売上アップのチャンスがあるのに

放置していまうのか?

 

 

 

そんなときは大体、ガンガン売ること自体に

ビビってしまっていることが多いです。

 

 

その原因は様々、

 

以前に別のAmazon商品で

クレームをもらった記憶が残っていて

今度もらったら・・・とか。

 

もしくは、自分の商品を売ることで

他のライバルセラーたちの売上を減らしてしまうことに

罪悪感を持っていたり・・・とか。

 

 

 

でも一番多いのが、

 

なんとなく、自分が売っている商品に

自信がない・・・

 

そんな気持ちじゃないかと思うんです。

 

 

本当は素晴らしい商品なのだけど

自分では客観的な視点が持てなかったり、

見慣れ過ぎているせいで

本来よりもそこまで良く思えないことがあります。

 

 

でも、それは本当にマズイ勘違いで

すぐにでも払拭すべき問題です。

 

 

まがい物やパチモノを売っているならまだしも

少なくとも以前は、

自分が良い!と確信して仕入れたものですよね?

 

 

もしそうなら、そんな良い商品を売ることを

躊躇してはいけないです。

 

 

ビジネスで稼ぐための基本は、

「価値を与える」こと。

 

 

自分の商品により、買った人が喜んでくれる、

つまり、何らかの価値を少しでも与えることができるなら

一刻も早く届けてあげないといけません。

 

それはある意味、その商品を販売している

あなたの使命だと言えます。

 

 

何はともあれ、

Amazonで売りまくることへの不安や恐怖は

敢えてフタをしましょう。

 

もし何かあっても、そのときに対策すればいいだけです。

 

 

でないと、あなたに取って代わって

もっと良い商品を躊躇なく売りまくるライバルが出てきます。

そのうちにかならず。

 

そうなったら、もう売りたくても売れなくなりますから。

 

 

ガンガン売りまくるために、

あらゆる手段を考え、努力しましょう!

 

 

<追伸>

 

アマテラスをまだ使ったことが無い方はこちらへどうぞ。

アマテラスはこちらから

 

 

<追伸2>

今後、メルマガでは配信できないような内容を

スマホアプリ「LINE」にて配信したいと思っています。

以下から今すぐ登録しておいてくださいね。

スマホからご覧の方はこちら

LINE登録

パソコンからご覧の方はLINEから

「@katos」(@をお忘れなく)を友だち登録をお願いします。