加藤です。

2017年5月23日にメルカリで規制が

起きましたが、恐らくメルカリ転売などで

稼いでいる人(業者)だけでなく、

普通にメルカリ転売をしている方も

被害にあったのではないでしょうか?

 

今、一般ユーザーも巻き込んで非常に大きな問題になっています。

 

今、メルカリで評価が低かったり、メルカリ転売を

これから始めようと考えている場合は

今回の記事をかならず読んでおくことをおススメします。

 

速報!メルカリショック第二波か?メルカリ転売の規制と概要

※動画の一部を写真として利用しています

メルカリショック第二波と言ったのは、

2016年12月にもメルカリショックが起きていて

今回で、大きく分けると2回目になります。

 

概要を簡潔にお伝えすると・・・

メルカリで転売や出品をしているユーザーに対して、

圏外飛ばしの規制がさらに厳しくなったとお考えください。

 

ずばり、現状こんな状態になっています。

メルカリ転売をビジネスとしてやっている業者だけでなく、

一般ユーザーに対しても規制が強まってしまった印象ですね(^^;

 

ユーザーさんの声として、

  • 検索しても出品した商品が表示されない・・・
  • メルカリ転売の売上が落ちた・・・
  • ガイドラインをつくれ・・・
  • 出品すると半年前の状態になる
  • メルカリから回答無し・・・
  • 問い合わせしても、コールセンターの事務的な対応・・・

などがありました。

 

実際のメルカリユーザーの声が怒りとイライラで

溢れかえっていたので、一部共有したいと思います。

 

こうやってみると、一般ユーザーも巻き込み、

個人的に、メルカリ側の対策がやや雑だな~”

と感じざる負えませんでした。。。

 

加藤さとし加藤さとし

でも、ここで諦めないでください。このピンチは、チャンスとも捉えられます。

 

さて、あなたがメルカリ転売をする時にどんな規制が厳しくなったのか?

大きく分けて“3つ”あります。

1、サーバータイプのメルカリツールは、規制の対象になった

実は、2016年末に起きたメルカリ転売の規制でも、

同じようにメルカリ出品ツールが規制にあい

一掃されたのですが、今回は、サーバー型の

出品ツールに厳しい規制が入り、ほぼ完全に利用できなくなりました。

 

サーバー型ツールとは、簡単に言うと、

WEB上でログインをして操作するツールのことで、

ひとつのサーバー上に各ユーザーのデータが保管されており

そのサーバーからメルカリ側に接続をします。

 

つまり、接続元はひとつとなるため、かなり高度なアクセス処理をしないと

すぐにメルカリ側に接続元がバレてしまう、というわけです。

 

 

 

それに対して、メルカリ側でも対応しにくいのは

利用者のPCにインストールして使うタイプのツールです。



このタイプだと各ユーザーは個別にメルカリにアクセスするため

うまく接続システムを構築させることができれば

一般ユーザーと分からなくさせることができるのですね。

 

逆に言うと、インストール型でないと、

自動出品ツールの利用は厳しい

というのが現状です。

 

▶インストール型は、利用しているPC(パソコン)に専用のソフトウェアを取り込む形態です。加藤が限定募集していたメルカリ転売プログラムで使う出品ツールも、もちろんインストール型となります。

 

2、メルカリ転売をする側の評価や出品数が・・・

ひょっとして、これまで・・・

あなたは、沢山の商品をいきなり出品していたり、

これからも沢山の商材を転売ができると思っていませんでしたか?

 

今回の規制の結論を先に言ってしまうと、

それが難しくなります。

 

つまり、どういうことか?

 

ずばり・・・

メルカリで転売や販売をするうえで

メルカリの評価数に比例して

総出品数の上限も変わっていうのです。

大量出品とメルカリ転売に制限がかかるとお考えください。

 

出品できる上限は、ここでは解説を控えますが、

当然あなたの評価数が低いと

出品できる商品の数も減ることは間違いありません。

 

 

 

特にメルカリの無在庫転売をする際に出品と削除を繰り返すユーザーは・・・

 

メルカリで無在庫販売をしていたり、

一部商品を個人転売していると・・・

業者が大量出品をやたら繰り返しているのを見かけます。

 

これは、メルカリで、

売れてから仕入れる業者がいるからで、

大量出品は、メルカリ無在庫転売の特徴のひとつともいえます。

 

また、その一方で、ライバルが増えて

売れにくい商品は、一度出品した商品を

削除したり、調整をすることがあるわけです。

 

このように、実際に在庫を持っていないと、

不自然に出品と削除を繰り返すユーザーが増えすぎたため

メルカリ側としては、これを規制せざるを得ないかたちとなりました。

 

というか、メルカリ側のサーバーや機能にも

無駄な負担がかかるようで、

今回のメルカリショック第二波で規制を厳しくした模様です。

 

では、今後フリマのメルカリでどのような規制の対策を取るべきか?

対策1:最新情報が更新されるまでとりあえず様子を見る(待つ)

 

メルカリでなくても、Amazonの転売でも

商品が売れるまで、”待つこと“は非常に重要ですし、

震災の時もそうですが・・・

慌てて、焦って行動してしまうと

二次被害を被ることだってありますよね?

 

今は、焦らず待って、

専門家が新しい情報を発信するまで

じっと待つことが重要です。

 

また、待つのが苦手な場合は

情報収集をしてみるのはいかがでしょうか?

 

メルカリのTwitterや、youtube等で最新の情報を得ると

きっと正しい判断をしてもらえるでしょう。

 

対策2:このピンチは、供給減だから、チャンスと捉えて、需要を高めていく!

 

5月23日のメルカリの規制で、実は、

メルカリ転売をしているライバルが

どんどん圏外飛ばしにあっています。

 

これは、一時的に供給が減り、

需要は変わらずある状態なので、今こそ、供給をすることができれば

とにかくモノが売れていくことでしょう。

 

ピンチは、チャンス”という言葉がありますが、

例えば、戦争や内紛の終わりに、

投資目的で盛んに土地が売買されるように、

ピンチの裏には、大きなチャンスが生まれていること

知らないといけません。

 

メルカリ転売で言うと、”圏外飛ばし=供給減”です。

だからこそ、制限はありますが、

可能な範囲で供給を高めていくことをおススメします。

 

対策3:メルカリの規制の対象になっていないツールを利用する

私が作成した、”メルカリ転売の規制に関する動画

でもゆったりと解説していることですが、

加藤が提供している

メルゾンベーシックプログラム(MBP)“の

購入者は、無事に出品ができていて

いわゆる圏外飛ばしにあっていません。

加藤さとし加藤さとし

圏外とばしとは、転売業者と判断されたユーザーのリスティング表示を強制的に下げて、上位表示しないことを言いますよ。業者でないユーザーさんも巻き込まれていましたし、アップデートの時は、大変でしたが、加藤のツールは大丈夫。

 

ちなみに、私自身もこのツールで

毎月350万円程度の利益を得ているに等しいので、

もし気になる場合は、加藤が発信する

最新の情報を随時チェックしてみてください。

損はさせませんので。

 

まとめ メルカリ転売の規制と対策については、僅か6分58秒の動画で解説しています!

まとめです。

メルカリショックの”第二波“と言って過言ではない、

メルカリ無在庫転売の規制が

2017年5月23日に起きました。

 

解除の方法は現状確定していないですが

独自の対策や提案を動画でしています。

 

もし、あなたがメルカリ転売で稼ぎたくて、

規制の対策をしたいのであれば

LINE@に登録しておくと、メルマガより

速く最新情報をゲットできる場合がありますので

宜しければ、メルマガとセットでご登録をお願い致します^ ^

 

それと、今回のメルカリ規制対策の記事では

先日撮った動画の一部をカットして、文章で説明してみました。

今回の元となった6分58秒の短い動画も以下よりどうぞ。

恐らくこちらの動画の方が分かりやすいです。

 

飛ばし見をせず、丁寧にご視聴くださいね^^

【5月23日 メルカリ規制内容】被害者続出! 本当の実態とは?