ご無沙汰しています。加藤です。

 

 

メルマガを出していない間、

メルカリ転売も含め、モリモリ記事を更新していました。

 

ちゃんと、日々見てくれていますよね?

定期的にチェックは必須ですよ。

 

最近、アクセスも上がって来ていて

いい感じです^^

 

Amazon転売に関する記事も最近出しているので

ぜひ見てやってください。

 

こちらからどうぞ

 

 

 

さて、先月6月30日に

こんなメールが来ていました。

 

 

「商品画像基準ポリシー強化

についてのお知らせ」

 

 

内容は、タイトル通り

画像に関して、NGとなる基準が

厳しくなったよー、というものです。

 

今回、対象となるのは、

「服&ファッション小物カテゴリー」

の商品で

 

画像は、1枚目のいわゆる「メイン画像」で、

2枚目以降は対象ではありません。

 

 

ちなみに、

ファッションカテに出品したことがない人には

このメール自体が届いていないと思います。

 

 

これまで、

Amazonの画像に対する基準ポリシーは

カテゴリによって曖昧なところがありました。

 

なので、Amazonを見てると

商品画像、特に一枚目のメイン画像は

結構ムチャクチャなものが登録されています。

 

 

そんな背景もあり、メイン画像に対して

締め付けを強くしたんでしょう。

 

 

以下に、禁止事項を載せています。

 

どれもやりがちな内容ばかりですよね。

 

 

ちなみに、

ファッションカテ以外を出品していても

ぜひチェックしておいてください。

 

 

なぜなら、

今後、ファッションカテゴリー以外にも

対象カテが広がることは必至ですからね。。

 

 

全てじっくり見て、自分の画像が該当していないか

チェックしておいてください。

 

 

<登録画像に関する禁止事項>

 

  • 背景に純白な白以外の色を使うこと※

 

※純白な白とは、RGB値が(255, 255, 255)。

 

  • 画素数が低かったり、

ぼやけている画像を使用すること※

 

※ズーム機能を有効にするため高さ、

幅のいずれかが1001 pixels以上の画像サイズにしてください。

 

  • ボーダー、ロゴ、透かし画像、

文字情報、色見本、その他の装飾を画像に入れること

 

  • 商品の全体像が写っていない画像を

使用すること

 

  • 複数の商品やモデル画像を

まとめて表示すること(セット商品を除く)

 

  • モデルが座っている、

または寝た状態の画像を使用すること

 

  • ブランドのタグ、パッケージを

一緒に撮影すること(ストッキングは対象外)

 

  • マネキン着用、または合成された画像を

使用すること (ストッキングは対象外)

 

 

重要なのは、

画像基準を満たしていない画像(メイン画像)は、

8月29日以降、順次検索対象外になっていく!

 

ということ・・・

 

 

あっという間に来てしまうので、

忘れないうちにやっておきましょう。

 

 

余裕があるなら

ファッション関連のセラーさんも

やっておいた方がいいですよ!

 

いつか対象になるでしょうし、

まず、そもそも上記の禁止事項をしない方が

売れやすくなりますからね。

 

 

 

以前も来ていた

セール価格の設定基準の変更

についてのメールもそうですが、

 

読んでいませんでした!じゃ済まされない

重要な変更がメールで通知されています。

 

 

ストア用メールはあまり見ていないなぁ、、、

という場合は、絶対に毎日見る!

そのクセをつけておきましょう。

 

 

<追伸>

 

こうしてメールでお知らせしてくれる

ならいいんですが、実は・・・

 

Amazon様、何も知らせることなく

しれっと売れ行きを大きく減らす

超・重要な変更をしていたりします ^^;

 

 

そんな秘匿情報は、無料情報を

元に実践していてもまず知ることはできません。

 

この事実だけは頭に入れておいてください。

 

 

<追伸2>

今後、メルマガでは配信できないような内容を
スマホアプリ「LINE」にて配信したいと思っています。 
以下から今すぐ登録しておいてくださいね。

スマホからご覧の方はこちら
→ LINE登録

パソコンからご覧の方はLINEから
「@katos」(@をお忘れなく)を友だち登録をお願いします。