中国輸入OEM販売でライバルと差別化するおすすめの方法10選-min

 

中国輸入Amazon販売の専門家 加藤さとしです。

 

今の時代、中国など海外で仕入れた商品を

現地の工場へ加工依頼すれば、

個人でも簡単に安くオリジナル商品を

作れるようになりました。

 

最近は海外の人件費の方が日本より

高いなんてことも言われていますが、

それでもまだ日本国内で生産する場合と比べたら、

圧倒的に安い値段で作ることが可能です。

 

オリジナル商品を作る時に重要なのが、

どの部分を他社のライバル製品と差別化するか?

という点です。

 

差別化方法は複数あり、それぞれ

メリット・デメリットが存在します。

 

どんな商品を扱うかによっても

おすすめの方法は変わってきます。

 

このやり方なら絶対に売れる!

というものはありません。

 

今回の記事では、中国輸入OEM販売において、

他社ライバル製品と差別化する

10の方法について紹介していきます。

 

あなたのオリジナル商品はどの差別化が最適か?

確認した上で、どんどん取り入れてみていってください。

 

 

中国輸入OEM販売でライバル商品と差別化する10通りの方法

中国輸入OEM販売でライバル商品と差別化する10通りの方法-min

 

今回紹介する、中国輸入OEM販売で

ライバル商品と差別化する10の方法は

次の通りです。

 

商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する

ブランドの差別化:オリジナルのブランドロゴやタグを付けて、プライベートブランドとして販売する

数量の差別化:セット販売をする

商品内容の差別化:付属品を追加する

梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更

安心感の差別化:保証期間を付ける

商品の見せ方の差別化:商品ページを作り込む

購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する

売り込み方法の差別化(1):SNSや自社サイトで宣伝する

売り込み方法の差別化(2):広告を利用する

 

どの方法を実践すべきかは、

 

  • あなたが扱っている商品ジャンル
  • ライバルの強さ
  • ライバル商品の内容

 

などによっても変わってきます。

 

それぞれの具体的な差別化方法と、

どんな場合に有効なのかをお伝えしていきます。

 

 

①商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する

①商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する

 

商品自体を改良して差別化する方法です。

 

この方法は、ライバル商品に不良部分や

改善点がある場合に有効です。

 

ライバル商品のレビュー欄を

チェックしてみてください。

 

実際に商品を購入・使用したユーザーが、

不満点を挙げている場合があります。

 

その部分を解消するような改良を

自社商品に施すことで、ライバル商品よりも

優れた商品を作ることができます。

 

①商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する-1-min

 

たとえばこちらの財布ですが、

以下のようなレビューがされていました。

 

①商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する-2-min

 

改善点としては、

 

①札入れについているカバーをなくす
②色落ちしづらい素材を使う

 

といったことが挙げられます。

 

もし他の人も同じ不満点を挙げていたら、

その部分は要改善ポイントと考え、

自社商品を改良する時の参考にしましょう。

 

レビューについては、Amazonだけでなく

楽天市場やYahoo!ショッピングなど、

他のプラットフォームも参照することを

おすすめします。

 

 

②ブランドの差別化:オリジナルのブランドロゴやタグを付けて、プライベートブランドとして販売する

デメリット①Amazonブランド登録が必要-min

 

Amazonブランド登録をして

差別化する方法です。

 

この方法は、中国輸入品に簡易加工をした

オリジナル商品を販売する場合に有効です。

 

そういった商品は他の出品者に真似されやすく、

相乗り販売されてしまう恐れがあります。

 

相乗り販売を防ぐには、自社商品に

オリジナルのブランドロゴや

タグを付けた上でAmazonブランド登録をし、

プライベートブランドとして販売します。

 

もしAmazonブランド登録をしてある商品に

被せて販売された場合は、Amazonに通報することで

排除してもらえます

 

この方法は最も強力な差別化の一つ

といってもいいでしょう。

 

ただし、これはあくまで相乗り販売を防ぐ方法です。

 

ユーザーが商品を購入する際は、ハイブランドなど

ブランド自体に価値がある場合を除き、ロゴの有無を

気にして購入する人はほとんどいません。

 

むしろ、ロゴはない方がいい人もいるくらいです。

 

ブランド登録はあくまで相乗り販売を防ぐ方法。

売上を伸ばすためには別の部分で

差別化していく必要があります。

 

 

③数量の差別化:セット販売をする

③数量の差別化:セット販売をする-min

 

本来は単品販売している商品を、

複数セットにして販売する差別化です。

 

この方法は消耗品など、複数あった方が

便利な商品に効果的です。

 

単品購入よりも複数購入の方が

1個あたりの値段が安くなるセット品にすれば、

単品のライバル商品と差別化できる場合があります。

 

③数量の差別化:セット販売をする-1-min

 

たとえば、スマートフォン用の充電ケーブルは

ある程度使うと断線してしまうので、

複数ストックしておきたいユーザーも多いはずです。

 

ほかにも、Apple Watch用のバンドは

その日の服装に合わせて気軽に変えられるので、

いろいろな種類を持っていても困りません。

 

③数量の差別化:セット販売をする-2-min

 

周りの商品が1つ1,000円位なのに対して、

3種類入りで1,200円ならお得感が強く、

ユーザーの目を引きます。

 

注意点として、セット販売をする場合は

梱包に手間がかかるという

デメリットがあります。

 

中国の代行業者にセット販売商品を

FBA倉庫へ納品してもらう際は

梱包のオプション料金が別途発生するので、

その点を考慮した上で仕入れ商品や

価格決めを行ってください。

 

 

④商品内容の差別化:付属品を追加する

④商品内容の差別化:付属品を追加する

 

付属品を付けて差別化する方法です。

 

商品本体とは別にあったら便利なもの、

後から追加で買わないといけないものがある

商品に効果的です。

 

④商品内容の差別化:付属品を追加する-1-min

 

たとえばギターを始めたい人は、初心者セットを選べば

必要なものがすべてついてくるので、それぞれの商品を

別々に買う必要がなく、また買い忘れも防げます。

 

このように、付属品を追加した場合は

単純にお得感を感じるだけでなく、

本来は別々で買わないといけないところを

1度の買い物で済ませられるメリットもあります。

 

 

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更-min

 

パッケージ・包装を変更して

差別化する方法です。

 

商品だけでなく外箱も気にする女性向け商品や、

プレゼントとして贈られやすい商品、

比較的高価な商品などに適しています。

 

パッケージで差別化している有名な例では、

”Apple”が挙げられるでしょう。

 

Appleは本体だけでなく外箱のデザインにも

非常に力を入れていることで知られています。

 

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更-1-min

 

あまりの高級感から捨てられない人もいるくらいで、

このパッケージも少なからず購入者の

満足度向上につながっているはずです。

 

高価格帯の商品を販売する方や

ブランド価値を上げていきたい方は、

商品だけでなくパッケージや包装にもこだわり

差別化を図る必要があります。

 

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更-2-min

 

ほかにも、ギフト向け商品は

専用のパッケージを作ることで、

プレゼント用として買われやすくなります。

 

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更-3-min

 

さらにこちらの商品は、緩衝材の素材に

密度のより高い素材を採用することで

運送中の破損が起きづらいことも

アピールしています。

 

割れやすいものに関しては、

このような細かい気遣いがされていれば

ユーザーも安心して購入できます。

 

 

⑥安心感の差別化:保証期間を付ける

⑥安心感の差別化:保証期間を付ける-min

 

独自の保証期間を付けて差別化する方法です。

 

大手メーカーの有名ブランドなどは信頼性がありますが、

知名度のないブランドの商品に関しては

買ってすぐに壊れないかな?」と

心配する人もいます。

 

そういった人のために商品ページで

保証期間があることをアピールします。

 

保証期間で差別化している事例は

Amazonでも多いです。

 

⑥安心感の差別化:保証期間を付ける-1-min

 

Amazonが販売・発送をしている

Amazonベーシックの商品は、

すべて1年保証が付いています。

 

⑥安心感の差別化:保証期間を付ける-2-min

 

スマホアクセサリーブランドで

有名なAukeyは2年保証を付けています。

 

保証があるのとないのでは、少なからず

コンバージョン率にも影響が出ます。

 

 

⑦商品の見せ方の差別化:商品ページを作り込む

⑦商品の見せ方の差別化:商品ページを作り込む-min

 

商品ページを作り込んで差別化する方法です。

 

この方法はライバル商品の出来は良いけど

商品ページがダサい、説明が不足しているなど、

商品ページの作り込みが甘い場合に有効です。

 

どれだけ素晴らしい商品でも、その良さが

お客さんに伝わらなければ買ってもらえません。

 

実店舗では店員がお客さんに説明しますが、

Amazonでは商品ページがその役割を果たします。

 

商品ページのチェックポイントは、

次のように複数あります。

 

商品写真

  • 購買意欲を掻き立てる画像か?
  • クリックしたくなるメイン画像か?
    (メイン画像は検索結果一覧にも表示されるので超重要)
  • 複数枚の画像で視覚的にわかりやすく説明しているか?

 

商品説明文

  • 単純に商品の仕様や機能だけでなく、
  • ターゲットに刺さるベネフィットは書かれているか?
    (ベネフィット=その商品を使うことで得られる未来)
  • 誤字・脱字、違和感のある日本語を使っていないか?
  • 漢字、ひらがなの割合はどれくらいか?漢字が多すぎると読みづらい

 

商品紹介コンテンツの利用

写真と文字を併用して説明する商品紹介コンテンツは、

文字だけの説明よりもわかりやすく、

コンバージョン率がアップしやすい。

 

商品ページを作る際は、

 

ユーザーの立場から見て

「欲しい!」と思えるか?

 

常にこれを考えながら作るようにしてください。

 

 

⑧購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する

⑧購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する-min

 

商品の購入者層をライバル商品と

変えてしまう差別化方法です。

 

この方法はライバルの商品が強い、

競合数が多い場合などに有効です。

 

全く同じ商品でも訴求方法を変えることで

ターゲットが変わり、ライバル0の市場で

売れる場合があります。

 

⑧購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する-1-min

 

たとえば、こちらの懐中電灯。

通常のライトとは異なる赤い光を

発する商品です。

 

商品タイトルを見てわかるように、防災対策や

キャンプ・散歩用として訴求しています。

 

一方、レビューを見たところ、

次のことが書かれていました。

 

⑧購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する-2-min

 

  • 昆虫採集などに使う特殊懐中電灯
  • 昆虫は赤い光を識別できないので、
    これで照らしても逃げない

 

以上の点から「昆虫採集用ライト」

としても訴求できそうです。

 

防災ジャンルやアウトドアジャンルは

市場規模がある程度大きいのですが、

強いライバルも多いのが実情です。

 

このようにターゲット層をずらし

ニッチなジャンルに移動することで、

強力なライバルなどを避けられる場合があります。

 

 

⑨売り込み方法の差別化(1):他プラットフォームの広告を利用する

⑨売り込み方法の差別化(1):他プラットフォームの広告を利用する-min

 

売り込みの差別化として、Amazonだけでなく

他プラットフォームの広告も利用します。

 

Amazonでオリジナル商品を販売する場合、

広告の利用なしではまず売れません。

 

販売開始したばかりの新規商品は、

検索ページの上位に表示されず、

アクセスすらもない状態が続くからです。

 

新規商品に関しては広告を回して

商品の露出度を高めることで、

売上を上げていく必要があります。

 

⑨売り込み方法の差別化(1):他プラットフォームの広告を利用する-min

 

Amazon販売では一般的に、

スポンサーブランド広告など

Amazonの広告を利用しますが、

 

それ以外にもGoogleやTwitter、Facebook、

Instagramといった他プラットフォームの

広告を利用してもいいでしょう。

 

他にもプレスリリースサイトで

宣伝する方法もあります。

 

⑨売り込み方法の差別化(2):他プラットフォームの広告を利用する-min

 

国内最大級のプレスリリースサイト

「PR TIMES」は法人・個人事業主どちらも

利用可能なサイトです。

 

費用は、1配信で税抜3万円です。

 

プレスリリースサイトでは旬の話題に

注目が集まりやすいので、トレンド商品を

扱う人は特に相性がいいです。

 

うまくいけばメディア関係者が記事化して、

拡散されたりする場合もあります。

 

 

⑩売り込み方法の差別化(2):SNSや自社サイトで宣伝する

⑩売り込み方法の差別化(2):SNSや自社サイトで宣伝する-min

 

売り込み方の差別化2つ目は、

SNSや自社サイトで宣伝する方法です。

 

SNSのフォロワー数が多い人や

バズりツイートを作るのが

得意な人には向いています。

 

インスタ映えしそうな商品を

売っている人も効果的ですね。

 

この方法の最大の利点は、

広告運用と違ってお金をかけずに

宣伝できることです。

 

難易度は上がりますが、

自社商品をSNSで宣伝して

売れるようになれれば最強です。

 

 

【重要】その差別化、本当にお客さんが望んでる?

【重要】その差別化、本当にお客さんが望んでる?-min

 

オリジナル商品を販売するなら差別化は必須です。

 

しかし、なんでもかんでも

差別化すればいいわけではありません

 

差別化したことによって

 

  • ユーザーが不要と思っている機能を追加してしまう
  • 無料でもいらない付属品を付けてしまう
  • 需要が明らかにないデザイン・色で作ってしまう

 

といった失敗をしてしまう恐れがあります。

 

こういった失敗はすべて、

購入者目線が抜けていることが原因です。

 

差別化する最大の目的は、

ユーザーが本当に欲しいと思うものを作り

売上を上げること。

 

ライバル製品と違うものを作ること

ではありません。

 

差別化を図る際は、必ず

 

  • その差別化は購入者が望んでいることなのか?
  • 需要がある差別化なのか?

 

を考えるようにしてください。

 

 

まとめ

 

今回はオリジナル商品販売において

他のセラーと差別化する10の方法を紹介しました。

 

①商品自体の差別化:ライバル商品のレビューから改善点を探して、商品を改良する

②ブランドの差別化:オリジナルのブランドロゴやタグを付けて、プライベートブランドとして販売する

③数量の差別化:セット販売をする

④商品内容の差別化:付属品を追加する

⑤梱包物の差別化:パッケージ・包装を商品のイメージに合ったものに変更

⑥安心感の差別化:保証期間を付ける

⑦商品の見せ方の差別化:商品ページを作り込む

⑧購入者層の差別化:ターゲットを変えて、別のユーザー層に販売する

⑨売り込み方法の差別化(1):他プラットフォームの広告を利用する

⑩売り込み方法の差別化(2):SNSや自社サイトで宣伝する

 

①〜⑩まですべてやるに越したことはありませんが、

そこまで時間的・金銭的リソースを

割けない人も多いでしょう。

 

そういった人は参入ジャンルやライバルの強さ、

扱う商品の特徴等から一番効果的な方法を考え、

優先順位を立てて一つずつ実行していってください。

 

いずれの場合も、

お客さんが求めているものは何か?を常に考え、

それを実現するための差別化をすること

忘れないでください。