10代の頃から転売をして

利益を得ていた加藤さとしです。

 

そのベテランの域に達してしまった経験から、

あなたにも転売ビジネスについての

今と今後の未来をお教えしたいので

宜しければ、今回の記事を丁寧にお読み頂ければ幸いです。

 

目次

売上実績は、だいたい年2億円程度です

他にも収入はありますが、ざっとこの程度の売上と、

御考えください。また、年によって

売上も変わる時もあるし、まちまちです。

 

プロスポーツ選手も長い間続ければ、

コツを得て、メダル獲得等の結果が出るように、

転売ビジネスでも同じです。もし、あなたが、

2年や3年くらいで根を上げているのであれば、

まずは、最低でも5年、さらには10年続けるのが理想です。

 

加藤も10年続けて見えてきた世界は、

限りなく広かったですし、今では、

誰よりも早く新しい転売ビジネスの案件に

着手できる自信があります。

 

これまで加藤が行ってきた転売とは?

 

加藤が、かつて行ってきた転売は、実に多種多様で、

恐らくその殆どはかじっていると思います。

ここまで幅広くやっている人は、中々いないかもしれません。

 

  • オークション転売(ヤフオク・ebay)
  • 欧米系の輸入、国内転売
  • 中国輸入、国内転売
  • 独自ショップからのアクセサリー転売
  • 中国輸入、メルカリ転売

 

しかし、色々な種類があるとは言え、

安く仕入れてなるべく高く売る

という本質には、なんら変わりはありません。

 

そこに税金や外国為替の変動が加わり、利益を

10~20%増しで儲かる海外転売も魅力的ですよね。

 

そして、結局今、あなたがやろうとしていたり、

経験してきた転売と、なんら変わりがない

こともお伝えしておきます。

場所が変わっているだけで

何も特別なことはしていないわけです。

 

これは、同じ土俵に立っているのに、

同じAmazonやヤフオクを使っているのに、

成果がこれだけ違う理由を知りたくないですか?

 

この動画を見れば、恐らくすっきり解決できます。

 

根本的に、こういった意識と思考の差で、

結果の差が生まれているに他ならないです。

 

こうしたマインドをしっかり持っていれば

特別なノウハウを求める必要はありません。

 

基本のおさらい。初心者は、転売と物販の違いがわかっていません。

 

転売ビジネス初心者の方は、

”転売と物販の違い”がわからないまま、

稼ごうとしている場合が多いです。

 

商品を右から左に流す「転売」と

自身の商品を売り、長く育てていく「物販」とは

全く次元が違います。

 

ちなみに、加藤は、中国輸入の”物販”でも

安定的に利益を得ているのですが、

仕入れた商品を独自開発して販売をしているので、

ただ、横流しをする転売とは全く異なります。

 

ここで、詳しく話をすると、転売ではなく、

物販の話になり、脱線してしまうので、

詳しくは、以下の記事をお読みください。

 

 

転売は犯罪か?社会問題としての転売を知識としてインプットしておこう

 

あなたも興味を持っている転売ビジネスですが、

その一方で、社会問題化しているのをご存知でしょうか?

ここでは、知識として知っておいたほうが

よい情報を掲載しておきます。

 

チケット転売で有罪となり、逮捕者が出たニュースは毎年沢山あります

 

チケット転売の問題は、毎年のようにニュースに

話題になり、犯罪ネタがテレビやネットニュースで取りざたされています。

 

チケット転売は、犯罪と言いながら、

ヤフオクでは、定価に近いかたちで転売されているし、

質屋やチケット屋で普通に転売されています。。。

法律整備が追い付いていない状態ですね。

 

このような転売の実態について、

あなたも理解しておくべきです。

 

チケット転売の違法性や有罪かどうか?

については、以下の記事に

考えをまとめているので、宜しければご覧ください。

 

チケット転売は違法なのか?逮捕されないために注意すべきたった1つのこと

 

 

 

アイコス転売の犯罪性について

アイコス(iqos)の転売も

転売ヤーの人気商品の一つとして、

以前は一大ブームを巻き起こしました。

転売初心者でも、クーポンを使うことで、

メルカリで5000円以上の利益が出たおいしい商品でした。

 

しかし、このアイコス転売でも犯罪になり、

逮捕者が一応出てしまったので、稼ぎ方も含めて、

一応知っておくことをおススメしておきます。

 

アイコス(iqos)転売が違法、逮捕の事件からあなたがやるべき1つのこと

 

 

 

メルカリの転売の規制と逮捕について

引用元:https://youtu.be/gj6voYkG6T4

 

あなたも恐らく十中八九知っているであろう、

メルカリを利用した転売ですが、今や、高校生や大学生が、

アルバイト代わりにしている”お小遣い製造機”になりました。

 

また、加藤自身もメルカリで月300万円以上稼いでいましたし

(今は完全に撤退しています)

メルカリ側の規制さえなければ、

本当に稼げるプラットフォームだったと考えています。

 

このメルカリ転売の問題として、

アカウント登録制限や出品の制限、

アカウント停止など、規制が続出しました。

メルカリ側が被害届を出したせいで

逮捕者も出る結末でした。。。

 

つまりこれは、メルカリ側が

「転売で稼ぐ奴らは出て行け!」

という意思を明確に打ち出している

何よりの証拠です。

 

メルカリ転売の規制が再び起きました。現状と3つの対策とは?

 

規制でもう終わり?メルカリ転売に対する公式声明

 

 

これらのニュースを見て、まだメルカリ転売をして稼ぐ気持ちはありますか?

”転売で1000万円稼いだ人が逮捕された・・・”

こんなニュースを聞くと、

転売をするべきなのか?迷うと思います。

 

手軽に稼げるイメージのある「転売ヤー」ですが、

その裏側で、グレーなことや黒いことをしている

業者もいることを知っておいてください。

 

もちろん、単純にうまく儲からない人や

仕入れた商品が売れずに稼げず、赤字のまま・・・

という人たちもゴマンといます ^^;

 

食品であれば、ルールに従うのが普通ですし、

物によって規制や権利もあったりします。

 

こういったルールを守ったりしないと

販売禁止されたり、アカウント停止をされたり

するリスクもあるのですね。

 

転売をするのに抵抗がある・・・

ということであれば、

独自商品を販売する”物販ビジネス”に

目を向けてみてください。

 

序盤でもご紹介した過去記事ですが、スルーした場合は

この記事を読み終わった後にどうぞ。

 

そもそも物販とは?物販ビジネス歴20年が教える絶対に倒産しない方法

 

 

では、転売をするメリットはあるのでしょうか?

転売に関するネガティブなニュースを聞くと、

転売のデメリットばかりを感じてしまいますが、

転売にも当然、メリットはあります。

 

再現性が高い

 

転売の一番のメリットは、だれでも簡単に出来てしまう、

ということです。今では学生も早々転売を

スタートさせて、利益を出していますし、

当の加藤も、若い時から転売をしていました。

 

再現性が高い理由としては、ネットだけでなく

スマホが普及したからで、スマホを使えば、

3~5分で出品できてしまうので

流行らない理由もないですよね。

 

ただし、今の時代は規制だらけで、

大規模で稼ぐならともかく、

もはやいつまでも続けるべきビジネスではありません。

 

物には価格差が常に生じているから

 

物流の世界は、例え同じ商品を扱っていても、

他社同士が競合する世界でもあります。

差別化に必死な、家電量販店を見ているとそう感じますよね?

 

また、小売り事業者も個人で、

簡単に参入できる時代に突入し、ますます

価格差(ズレ)が生じています。

 

こういったズレは、統一的な小売り価格の法律が

できない限り、恐らくずっとズレは存在したままです。

 

ネット市場はどんどん急成長し、拡大しているので、

転売ビジネス自体が完全になくなることはないでしょう。

 

転売をきっかけとする人が多い

 

加藤は過去に、転売ノウハウを教えてきたことで

そこでの成功をきっかけにして

今や別のビジネスで大成功をおさめた人を

沢山育ててきました。

 

彼らの多くは、転売で資金を貯めて、

コツコツ会社を成長させてきました。

 

転売や物販で稼いで、

ブログやメルマガ等の情報発信で収益を上げる

人もいるように、選択肢は多いです。

 

もし、どうしても転売をしたいのであれば、

ルールや法律を守り、「成功のきっかけ」として

やるのがいいでしょう^ ^

 

転売でいくら利益を得たいのか?目標を決める

”加藤さんは、1億円以上稼げて、

なんで私は、年1000万円も儲からないの?”

 

なんでなんだ?と考える方もいることでしょう。

答えは実にシンプルだと思うのですが、

「決めた目標を忘れない」からです。

 

あなたは、決めた目標を明確に覚えていて、

それに向かって突き進んでいますか?

 

忘れてしまうレベルの目標であれば、

目標とは言えません。

 

そんな、忘れてしまうほどの弱い目標であれば

当然、叶うはずがありませんよね。

大事なことであれば、手帳の目立つところに書くなり

壁に貼るなり、いくらでもやるはずですから。

 

目標や夢を持たずにやっても

まず途中でやめてしまいます。

 

まずは、あなたの「目指したい姿」を

じっくり考えてみましょう!

 

主体的に自分で考えて行動してこそ、あなたの夢は叶うのです。

以下の動画で、「主体性」を持つことの大事さをお伝えしています。

 

転売の売上目標から2か月単位でかかる資金量を推測

 

ここでは、具体的なお話です。

あなたの売上目標に対する

資金量をある程度、試算しておくようにしましょう。

 

わかりやすく月で見ていきますが、

売上をキープすることが前提です。(Amazon転売の場合)

Amazonの場合目標A目標B
1か月の売上目標 300万500万
得られる推定純利益60~100万100~150万
必要な最低資金400~500万700~1000万

 

※転売のため、利益率は多くても20〜30%なのですが

これが「物販」となると、40〜50%が普通になります。

 

ここでのポイントは、必要な資金を、

1か月の売上目標に対して2倍用意しておくと、

Amazon転売の場合、余裕を持った展開ができる、

ということです。

 

Amazon転売では、着金が約2週間に1回なので、

タイムラグが生じることから、

十分に資金を持っておく必要があります。

 

なお、必要な余剰資金として、

クレジットカードの与信枠を加算するのも問題ないです。

 

例えば、目標Aであれば、現金250万、カード350万円

という風にしても問題ないです。

Paypalであれば手数料が取られますが

それよりも、資金を増やせることの方が全然大きいです。

(もちろん、返済日とその時点での売上予測には十分注意です)

 

表題の通り、

毎月の売上をキープするには?

という点で考えていくと、2か月単位で上図のような

キャッシュフローを意識した準備資金

現実的に必要になってくるため、ぜひ意識しておきましょう。

 

詳しく話すと、在庫回転率などが出てきますが

ここではまず、シンプルに考えることが重要です。

 

なお、上の図はあくまで理想です。利益率を下げて、

もっと高回転で転売をして、追い込んでいる人もいますが、

アカウント停止や様々なリスクを考えると、

あれくらいの資金は準備しておくのがベターですね!

 

転売をする時のおススメの仕入れ先→販売先

ここでは、転売歴22年の加藤がおススメする

初心者向け且つおススメの仕入れ先と販売先についてを

ご紹介したいと思います。

 

恐らく、あなたも転売をして儲けたいのに、

どこで仕入れて、どこで販売するべきか?

考えてしまうと思います。

 

初心者に最もおススメな転売は、”0円仕入れのメルカリ転売”です

ここであなたは、十中八九、

「ノーリスク転売」「0円の仕入れ」

聞いて、本当にそんなことってあり得るの?

なんて疑ってしまうかもしれません。

 

この答えは、ずばり”YES”です。あり得ます。

 

例えば、下方のメルカリで普通に、

転売されている商品をご覧ください。

 

まずは、”流木”です。出品されたのは高知県の方で、

普通に川で拾ってきたと書かれてあり、

実際に売れ切れています。

インテリアや夏休みの自由研究等で、

需要があるらしいですが、拾ってきた流木が、

1000円で転売できる現実を見て

あなたは、どう感じますか?

こういうところに、“転売の可能性”が垣間見えませんか?

 

次は、なんと”ペットボトルのキャップ”です。

殆どの場合、ごみとして捨ててしまうと思いますが、

沢山集まれば、メルカリで300円にもなります。

 

転売経験者でも、赤字になる中、

ペットボトルのキャップを売るだけで、

ゴミなのに、確実に300円の利益を

得ることが出来てしまいます。

 

この二つの事例から加藤が、何を言いたいのかと言うと、

転売とは、顧客のウォンツやニーズを満たすだけで、

ゴミであろうが、利益になってしまう、ということです。

 

あなたが、時折出向く、リサイクルショップも

元々は、ゴミを収集して修繕して転売をするところから

スタートしたわけです。

 

0円仕入れでメルカリ転売は、恐らく身近な生活で

できることなので、これぞ究極であるという風に思います。

 

他にも古紙回収業者から貰える古紙や

松ぼっくりも煮沸してメルカリで転売が可能です。

 

処分したいというニーズを満たしてあげる

 

転売とは、”なにも安く仕入れて、転売をする”

だけではありません。

顧客のニーズやウォンツを満たすだけで、

思わぬ処分品が手に入りをそれを転売することで、

利益につながることがあります。

 

例えば、分かりやすい例で・・・

 

”廃品回収の業者”

一度は見たことがあると思いますが、

あれも裏では修繕等をして転売をしているだろうし、

 

また、”引っ越し前に家のものを処分したい”

と考えてリサイクルショップに依頼を

する人がいると思いますが、

これらは、顧客の処分したいというニーズを

満たし、転売できる商品を低価格で、

仕入れることが出来ています。

 

今ではメルカリがあるので、処分したい物が

あれば、個人で取引出来てしまいますが、

メルカリで引っ越し処分品を仕入れることが

できる時代になり、引っ越し会社の売上が低下しているほど。

 

ネット上では、在庫を捌きたくて

処分気味に転売をしている人がいたり、

本当に色々なので、あなたも転売で生計を

立てたいとお考えであれば、今お伝えしたことを

必ず覚えておくことをおススメします。

 

リサイクルショップで仕入れてAmazonに転売

 

あなたも薄々お気づきかもしれないですが、

実店舗とネットショップを比較すると、

同じ商品なのに価格差が生じているケースがあります。

 

これは、メルカリとAmazonを比較しても

明らか違うのでわかると思いますが、当然、

安い方から仕入れて転売をすれば、利益になります。

 

これを巷では、”せどり”と言ったりします。

そして、特にリサイクルショップは、

ジャンク品や新品未使用品が沢山落ちていて、

Amazonで高値で転売できる場合があります。

 

近年、一大旋風を巻き起こし、情報媒体誌に

取り上げられた「せどり」くらいは、

知っておくとよいでしょう。

 

タオバオから仕入れてAmazonに転売

 

あなたは、「Amazon中国輸入」なんて書かれた

書籍を書店やKindleで見かけたことがあるかもしれません。

 

これはある意味、海外をまたいだせどりなのですが、

巷では、「中国輸入転売」と言われてますよね。

 

実際は、中国の大手ネットショップ”タオバオ”や”アリババ”

から仕入れてAmazonジャパンに転売をする、

というやり方です。

 

例えば、”基本リサーチ”のやり方があります。

基本となる技なので習得しておきましょう。

 

例えば、Amazonジャパンの商品の検索をして、

以下のような”タイヤカバー”があります。

 

これをグーグル翻訳を使って、

”轮胎収納袋”と中国語に変換します。

 

それをタオバオでリサーチして

儲かる商品を見つけるというやり方で、とてもシンプルです。

ご覧の通り、タオバオでは、

400円程度で仕入れることができます。

正直言うと、400円でも少し高いのですが

この2、3分間ほどで探した例なので、こんなものです。

 

このように、基本リサーチは、転売で儲ける上で、

初心者が、必ず知っておかなければならない前提となるスキルです。

 

外国人に売る、プラットホームを使った輸出転売

 

海外通販サイトから仕入れるとは逆に、

日本の商品を海外にネットで転売するやり方もあります。

有名所で、BUYMA(バイマ)、Amazon米国eBay

がありますが、あなた自身で国際配送をしていきます。

 

日本メーカーの商品を欲しがる外国人は多いのは

もう有名ですよね。

外国人のニーズを満たせば高値で取引が可能ですが、

やりとりは翻訳機能を使うとは言え英語ですし、

各種トラブルや、マナーの悪いユーザーが多くなったせいか、

各プラットフォームのルールも厳しくなりました。

 

そのため輸出転売は、マインド的にも

スキル的にも、上級者向けだと思います。

(加藤は以前、欧米輸出でも稼いでいました)

 

転売を発展させたやり方について

 

”既製品を横流しするだけの転売”に慣れてくると、

貯まった資金で、自分だけのオリジナル商品を作り

Amazonや楽天市場などのプラットフォームで販売することも可能です。

 

今回は、転売がテーマなので、割愛させていただきますが、

ご興味があれば、以下の記事をご覧ください。

初心者のあなたにとって、必ず勉強になる内容を書いておきました。

 

 

あなたも、いずれは、転売から物販の世界へ

行けるとよいですね!

 

転売とクレジットカードのお得な関係性

恐らく転売初心者の方は・・・

ネット転売とクレジットカードの関係性とはどういうこと?

と思っているかもしれません。

 

実は、これ、大いにあるのですが、

クレジットカードで仕入れをすることで、

現金同様のショッピングポイントを貯蓄できる、

というメリットがあります。

 

例えば、転売の熟練者は、カードで

月500万程度は仕入れます。基本的に、

100円=1ポイントの還元ですから、

1か月で5万ポイントも貯蓄できますね?

 

これが年間ですと60万ポイントになり、

このポイントを商品券やフライトマイルに

変換することができます。

 

加藤も今、80万マイル以上の貯蓄があるので、

地球1周分くらいは余裕でいけてしまいます。

 

転売とクレジットカードに関する詳細を

知りたい場合は、以下の記事をご参照ください。

【加藤おすすめ】今、輸入物販や転売の仕入れで使うべきクレジットカードとは?

 

 

転売ビジネスの初心者が知っておくべきことや注意点

転売用の儲かる商品リストの構築を必ずしよう 

 

物販をしている人は別ですが、横流しの

転売をしようとしている場合は、仕入れリストを

スプレットシートやエクセルで作っておくと、

毎月の仕入れでリサーチがとてもしやすいです。

 

覚えきれる範囲の商品リストを持っていても、

大きく売上を上げることはできないわけで、

儲かる転売商品リストは、必ず小まめに

作成をするのがおススメです。

 

※弊社販売のツール「アマテラス」であれば、

仕入れ先を見つけ、その利益額などの情報を

簡単にメモして保存することができます。

 

転売ビジネスに本格参入するなら、アマゾンを集中すると楽

 

もし、あなたが、転売初心者であれば、

できるだけ販売先をAmazonに集中をしておくと、

転売で稼いだ実感を得やすいです。

 

もちろん、メルカリ転売の方がお手軽なのですが、

”本格的に稼ぎたい場合”は、絶対にAmazonです。

 

これはどうしてかと言うと、Amazonは、

配送時の梱包や発送業務、カスタマーサポート

Amazonが代行してくれる「FBA」

というサービスがあるからです。

 

アマゾンの段ボールで、

顧客に商品を送り届けてもらえるので、

信用性も高いですし、何よりラクですよね。

 

生産性を高める上でも、Amazonを利用した転売は、

非常におススメなので、覚えておいてください。

 

商標や知的財産等の権利に関わるものに気を付けよう

 

もし転売をしていくのであれば

大企業やメーカーの商品を転売する機会が、

増えると思います。

 

そういった企業の商品の

ブランドやイメージを侵害したり、模倣するのが

禁じられている商品があります。

 

また、Amazonで転売をしていると

時折あるのですが、メーカーが転売屋に

”転売を差し止めする事例”がかなりの数あります。

そうなると、アマゾンのポリシー違反に

もなるので、気を付けないとなりません。

 

プラットホームの販売をしていても、

”知的財産権の権利侵害の通知”等が、

届くことがありますので、くれぐれも

転売をされる際は、知識を深めるようにお願いします。

 

真実の”転売ブログ”を見極める方法について

 

あなたは、Googleで色々な転売ヤーのブログを検索

していて、だれのどの転売情報を信じたらいいのか”

悩んだことはないですか?

 

転売ブログを書く人は、メリットがあるから

有益な情報を公開しているわけですが、

その辺りの見極め所は、難しいと思います。

 

あなたの気になる転売ブログが、

”アフィリエイトなど、別の目的で商売をしているか”

という点で勝負が決まってきます。

 

よろしければ、こちらの記事も参考にして頂きますと、

見極めがよく分かると思います。

転売ブログで信用できるブログとそうでないブログを見極める5つの原則

 

 

いずれ、物販をするならビジネスパートナーや取引先との繋がりを深めること

 

Amazonで転売をしていると、出品規制や

権利の侵害等、他社製品を扱うリスクを感じる一方で、

加藤が行っているように、逆に、自社製品を立ち上げ、

それをAmazon等のプラットホームに販売することもできます。

 

”転売から物販へシフト”するわけですが、

転売になれてきたら、あなたも将来的に、

物販ビジネスをするのがおススメです。

 

その際に、意識して欲しいのは、

商品開発やビジネスパートナーと良好な人間関係を

築いていくことが重要です。

メーカーから卸す場合もそうですが、

商談や接待は多少なりと、つきものです。

 

恐らく、せどりのような転売だけをしていれば、

業者との接触はまずないですが、物販は増えます。

 

結局は人と人との付き合いもあるので、

このことは必ず、覚えておいてください。

 

転売のこれまでと、これからの話 まとめ

 

今回は、転売歴22年の加藤が、

ネット転売にまつわる過去と未来についてを説明してみました。

 

ネットの転売は、これまで成功者が続出した反面、

現在では大きく社会問題になっていたり、

リスクの側面が大きくなっている事実

をぜひ知っておいてください。

 

また、他社メーカーの商品を扱うので、

法律や規制にも配慮すべきことが分かったと思います。

 

仕入れにおいては、川から拾ってくるもの、

ゴミでも需要さえつかめば売れるわけだし、

本質は、ニーズやウォンツを掴む話もしました。

 

そして、最終的には、

自分だけのオリジナル商品を

販売する方法もあったと思いますが、

加藤は、転売と物販ビジネス、

両方を長年経験してきています。

 

その上で、「物販ビジネスをすべき!」

という結論に至っているので、

あなたも転売をやったとしても、近いうちに

物販ビジネスにシフトをしてみるのをオススメします ^^

 

加藤さとし加藤さとし

転売や物販ビジネスも含め有益な情報について、公式LINE@で限定配信しています。時代に乗り遅れないためにもご登録をオススメします。