以前、話題にあげた
「AmazonのFBA手数料の値上げ」、
10月21日からスタートです。

high-bay-408222_1280

イヤなもんですねー。
でもまぁ、セラー全員に対してなので
条件は皆同じ。その分売りまくってやりましょう。

具体的にどのくらい値上がりするかというと、

メディア以外の小型商品・・・4円
メディア以外の標準商品・・・8円

の値上がりとなります。
大型商品になると10~13円の値上げです。

詳しい説明は、以下のページを。
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200940980

また、現在、FBA料金シミュレーターでは現行価格と
改定後の価格の比較などができるようです。

もしかしたら、明日からは新料金のみしか表示されない可能性もあるので、
気になる方は今のうちにチェックをしておきましょう。

FBA料金シミュレーター http://tinyurl.com/p5ee744

1個当たりの料金はおおむね10円以下の値上がり幅だけども、
薄利多売の中国輸入にとっては、無視できないですね。

どういった対策をしていけばいいのか、
コンサル生さんにはお伝えしていくので、
この機会に売上を爆上げしていきましょう!

 

あと今日はもうひとつ。

我々には必須と言える「モノレート」さんに
最近、新たに加わった機能についてもお話しします。

その名も、『モノレートアクセス』です。

該当ページがどのくらい見られているかの
推移が見ることができます。

もちろん、もう気づいていますよね?

モノレートを見ている人の多くは、知っての通りセラーです。

セラーが見に来るときというのは、
たとえばアマテラスを使ってリサーチした際
売れ行きがいいことを見つけ、
この商品についてもっとくわしく調べようというとき。

ということは、その商品がどのくらい仕入れ候補として
興味を持たれているのか、そして
注目されているのかがわかるということですよね。

つまり、このデータから、今後の出品者数の増減が
予想できるようになります。

まだデータの蓄積が少ないので、
もう少し経過して、まとまったアクセスが分かれば
仕入れ数などの判断に使えるでしょうね。

(あまりにもアクセスが急増している場合は
仕入れ数を控えめに、といった感じ)

ただし、

「安値での仕入れと価格競争に負けない販売」
がしっかりとできてさえいれば、
他のセラーよりも確実に利益を取れるわけです。

なので別にいくらセラーが増えようと、正直、関係ないんですよね。

この辺は、中級者さん以上でないと
ちょっと分からない話だと思いますが。

逆に言うと、↑の条件に達していない人にとっては
このデータは怖いというか、なんとも言えない感じでしょうね ^^;

だって、どのくらいライバルがその商品を覗いているか
すぐ分かるんですから・・・

他にもどういう可能性があるのかは
今後のデータを見てしていきたいですが、
いろいろなことが考えられそうです。

また、効果的な利用方法が分かれば紹介しますね。