「利益の管理」

あなたはどうしてますか?

calculator-428294_1280

ビジネスとしてやっている以上
もちろん、仕入れて売るだけで終了!
じゃありませんよね。

その結果がどうなっているか?
まで考えないとならない。
ド面倒だけど、仕方が無いと思いますよね?

でもですね。

ぶっちゃけた話、
利益管理なんて別にやらなくてもいいです。

えっ、

加藤さん何言ってるの。バカなんじゃないの?

そんな声が聞こえそうですw

まぁ、ちょっとおバカなのは認めますが^^;

リサーチをシビアにやって
仕入れ値さえアマテラスに入力してもらえれば
それでOKなんです。

アマテラス上ではカート価格に更新されるので
赤字になったものだけ注意しておけば
全体でマイナスにはならないですから。

最初は、リサーチと仕入れに
チカラを入れてください。

管理なんてその後で全然いいんですよ。

ただし、
ここまで言っておいてなんですが、

これが許されるのは、始めてしばらくの間だけ!

たとえ管理ができてなくても
最初のうちは、歩み続けることの方が
100倍大事だ!

コレを言いたかったのです。

いつまでもそのままはNGですよ。もちろん。

そろそろ近づいてきた確定申告のようなときに
どうしようもない・・・といった
八方ふさがりになってしまいます。

というわけで今日は、
アマゾン販売の売上と利益管理について!
です。

まず、物販においては当然のことですが
仕入れた商品がいつ売れるか?で
各商品で利益発生のズレが生じてしまいます。

なので、基本的には、1ヶ月間などで区切って
その期間内で売れた商品について
日々の利益を管理していく・・・

というやり方になります。

残念なことに、利益の管理までは
セラーセントラルではできません。

自分で管理していくしかないわけです。

そして、利益管理を行うためには
そもそも仕入れた商品に関して
必要な情報を把握しておかないとならない。

それは
仕入れ原価と、かかった全経費ですね。

個数などの在庫情報は別として、
利益計算にフォーカスすると
この2点の把握は最低限必要になるわけです。

思いつくのは、
Excelでそれらの管理表を作り、
セラーセントラルからペイメントレポートをDLして
販売日や売上を地道に入力していく。

これが多くの人が
やっている方法じゃないでしょうか。

まぁ、店舗せどりのように単価が大きく
1日20~30個売れるレベルであれば
できますが、それ以上となると面倒ですよね。。

関数を設定すれば、少しはラクになりますが
限界もあります。

中国輸入ビジネスの場合は
単価が安い&注文数が多いという
薄利多売を地でいくビジネスです。

あなたが中国輸入をやっていて
売上を上げていきたい!という思いがあるのなら・・・

早い段階で、その方法から脱却し
もっと効率的な管理方法を
考えておかないといけない。

ここでラクになるヒントをひとつ。

それは「かかる経費の平均化」です。

それぞれの平均値を出しておくことで
利益計算がかなりラクになりますね。

中国仕入れでの経費とは何ですかね?

中国内送料、国際送料、関税、FBA納品送料
ですね。

もちろん、仕入れ商品の大きさや重さは
ある程度均一化しておく必要はありますが。

大事なのは、効率的にできる範囲で
いかに最大効率的に利益を把握できるか?
ですよ。

ではまた!

 

アマテラスの詳細はこちら
http://www.amateras0.biz/