先日は昼から、同郷のスゴ腕マーケター
しんえもんさんのマーケティングセミナー後、
西中洲のバーで飲んでました。

結局、寝たのは朝3時過ぎですが
起きたのが、なんと昼の14時 笑

いくらお酒飲みすぎたとはいえ寝過ぎですよねー

昔から起きるのが苦手なんですが
最近、特に多いんですよ。
こうした寝過ぎが。

どなたか、シャキっと寝覚めのいい方法
知っていれば教えてもらいたいです。

さて今日のテーマいきましょう!

internet-315132_1280

「SP」というのは
スポンサープロダクト広告のことです。

長ったらしいので、以後SPと呼びます 笑

商品ページの下部に見てみると

「この商品に関連するスポンサープロダクト」
という欄がありますよね。

関連する商品ページ内に
自分の登録商品を掲載することができ
アクセスを呼ぶことができるんですね。

あとは検索結果ページにも。

アマゾン販売はしているものの
何やら難しくて分からないまま。。

そんな人もいるんじゃないだろうか?

GoogleなどのPPC広告をやったことある人なら
すぐに取りかかってもらえるんでしょうけどね。

ネット広告自体に手を出したことがない人には
なかなか手を出しにくい気持ちも分かります。

そもそも、「広告を出す」という概念が、
ないと思うんですよ。

何だかとっつきにくいですよね。

さらにそこにお金を出すんですから、
心理的な壁があるのは仕方ないと思う。

まず、このSPは
自分が新規登録した商品しか利用できません。

相乗り販売だけをやっている人には
関係のないサービスなので
放置している人も多いでしょう。

しかし、相乗り販売をしている人でも
今後はぜひ、新規商品の販売に乗り出して欲しい

今年、ぜひあなたにもやってもらいたいです。

なので、以下内容は頭に入れておきましょう!

SPとは、、、

検索したキーワードに対して
関連度の高い商品の広告を掲載して
より購入意欲の高いお客様に
商品の訴求ができる、というものですね。

広告がクリックされ、
商品詳細ページが表示された場合
のみ料金が発生するという仕組み。

実施した広告の効果を分析し、
広告の最適化をすることが可能です。

キーワード毎にいくら分のクリックをされたのか、
効果的に売上に貢献したか、などを
簡単にチェックできる。

やり方はカンタン。

1どの商品の広告を出したいか検討して

2 どのキーワードで検索したときに
広告を表示させたいかを決めます

3 広告全体や1クリックあたりの最大予算を設定

と、数分でできてしまいます。

ただ、、、

残念?な事実をお伝えしないとならない。。。

このSP、今現在は
継続的に売り上げを上げるための
主力の手法にはならないんですねー。

あくまで売上アップの補助的な手法なんです。

ただし、「使いどき」を選べば
強力な手段となってくれるのは確かですよ。

そのときに備えて、
どんなものか?については知っておきましょう。

https://services.amazon.co.jp/services/sponsored-products/how-it-works.html