相乗りでかならず失敗する方法、
一番カンタンなのは、

 

利益を考えず、最安値を設定して
自ら価格下落を引き起こす
ってことですよね。
08e52cdf6522eafd070571b437159297_s
もちろん、これほど馬鹿らしいことはありません。
だってせっかく仕入れ候補と仕入れ先の
リサーチをして、うちに届いた商品ですよ。
それをぶち壊してしまうんですから・・・

 

でも、多くの人は知らずと
これをやってしまっているんです。

 

そう、私も含めて 苦笑

 

アマゾンで日々、価格調整をしていると
ついつい、カートを取得することだけを考え
何も考えずに安値を設定してしまう

こんなことないですか?
その結果どうなるかというと、、、
多くの場合、相手もそれに付いてきて
結局、自分が価格下落のトリガーとなってしまう。

こういうことが多々起こり得るのは
ワケがあります。

それは、日々の価格調整作業で
「利益」を考慮できていないから
に他ならない。

考えてみてください。

いまあなたが価格調整をしている目的は
カートを取ることでも
他セラーを負かすことでもなく、
「継続的な売上をあげること」ですよね。

違いますか?

 

あくまで継続的な売上、です。

そのために、リサーチをして
わざわざ大量の商品を仕入れています。

 

それを、ムリにカートを取得しようとして
自ら価格下落を引き起こすのは
その目的から180度逆の方向に向かっている行為
じゃあないでしょうか?

じゃあ何をすべきなのさ?!
っていうと、これはもちろん、
常に「利益」をラクに把握できる状況にいないと
いけないってことです。
つまり、調整時に
各商品でいくら利益が出ているのか?
という情報が、その場で分かるようにしましょう
ってことですね。
鋭い人であれば、方法がいくつか浮かぶはず。

その中で、より効率的、より妥協できる範囲で
利益把握ができる状況を整えていきましょう。

 

自分の利益を左右するポイントですからね。
真剣に考えないともったいないです。

 

・・・さらに言うと、
調整時の選択肢として

「無理にカート取得をする必要あるのか?」

という思考も持っておくべきですよ。

 

以上、ぜひ意識してみてください!

なお、今日のテーマはとても深淵な内容なので
ファミリーメンバーには
4月セミナーでじっくりお話ししていきますよ。
(動画をお渡しするので、
当日都合で来れない方もご安心を)

 

ではまた。