ランダム=
「でたらめ(乱雑)で、何ら法則性(規則性)がないこと、
人為的、作為的でないこと」

このランダムという行為は、
人間には絶対できないと言われている。

FB1

ヒトというのは、いつもと違うようにやろうと意識しても、
実はいつもと何ら変わらない法則性や規則性、
つまりクセで動いてしまうからです。

もちろん自分じゃ気づけないから厄介ですよね 笑

それは、仕入れ候補商品のリサーチ
についてもそう。

同じ商品しか見つからないからといって
気を取り直して違うリサーチ方法をしているつもりでも
同じものばかり見つかってしまう・・・

いろいろ条件やキーワードを変えているのに・・・

という経験は誰でもある。

結局、自分ならではの”クセ”が
どこかで出てしまっているわけです。

こういうときは、新しい視点で
やり方自体をガラッと変えてリフレッシュした方がいい。

ランダムで同じ道を有るんではなくて
新たな道をどんどん作っていくイメージです。

そうすれば、リサーチで同じものばかり見つかる
といった悩みも解消されます。

というわけで、
新しい視点でのリサーチをひとつ。

通常、商品をリサーチの王道といえば
アマゾンの商品ページから探していく方法です。

それをまったく逆、つまり中国のサイト、
アリババやタオバオなどから探し始めてみよう。

といっても、
膨大な商品を片っ端から見ていくなどできない。
やっぱり売れているものから
見ていった方が効率的ですよね。

アマゾンでもベストセラーランキンのように
タオバオの売れている商品を見たければ、
以下のページを。

タオバオ 排行榜
https://goo.gl/6Wp1l3

あとは、キーワードやカテゴリから商品を
絞り込んだら、ページ上部にある以下の文字

アリババ、タオバオなら『(鞘に似た漢字)量』
アリエクスプレスなら『orders』

をクリックすると、
売れている順に並び変わります。

見つけた商品は、相乗りであれば
そのまま真似をするというわけにはいかない
場合もあるが、ここから類似商品を探してけばOKですよね。

もちろんこの方法、新規出品の参考にもなる。。

こういったランキングを見ていくと、
日本とはズレていることや
日本でのブームより早く商品が動いていることが分かるはず。

中国には世界中から注文が入るので、
日本でも売れ筋になり得る商品を
発掘できるのは言うまでもないですね。

ただ、まずは相乗り候補を探すだけでも
絶対に効果の出る方法なのは確か。

このやり方で ”いつもと同じ結果” から脱してみてほしい!

では、また。