加藤です。

 

恐らくこの記事を読んでいるあなたは、

海外を跨いで転売をしたい!と、ちょっとでも

お考えかもしれません。

 

ただし、海外をまたぐ以上は、コツともいうべき、

本質を理解していないと、海外転売では

成功をおさめることはなかなか難しいです。

 

そこで、今回は、私が国内も含めて、

海外の転売で少なくとも月1000万円以上を

売り上げた実績にもとづいて、大切なことを

書き記しましたので、お時間あるときに

できるだけ丁寧にお読みいただければ幸いです。

1、海外転売をする上で、リサーチはスタッフに任せてもよいが、実は頻繁にやらなくてもよい

転売と聞くと、国内であれ海外で、

リサーチをとにかくしなくてはいけない印象

もたれている方が多いですが、

実際、最初の基礎の段階ではその通りです。

 

初心者は、まず、アマゾンで売れている商品を知らないといけないし、

何が海外で仕入れができるのかも知らないはずです。

海外転売の場合、その品質をチェックしたりしないと

いけないからです。

 

その後、経験を積んでいき、儲かる商品について

ざっくりとでも分かってきたらいよいよ海外から輸入するための、

仕入れ候補商品の絞り込みをするようにしてください。

 

月1000万円以上稼ぐ場合、多種類の商品を輸入して、

転売していると勘違いされている方も多いですが、

実際のところ、その数は、実は

10種類とか5種類程度だったりします。

 

人によっては、3種類とかで勝負をしているので、

それだけで月商1000万円以上ですから、

常識を覆されるのではないでしょうか?

 

つまり、何が言いたいのかというと、

究極、在宅ワーク等の外注リサーチャーも、

ほぼ必要なくいかに、輸入した商品を

厳選して販売していくか? この部分にかかってくるわけです。

 

今現在、国内の転売をしていて、海外の転売を

されている方や海外の転売初心者の方は、

リサーチがそんなに必要ないなんて・・・

と、唖然としているかもしれません。

 

ただし、もちろん!

そんなバカ売れ商品を見つけられるようになるまでは

かなりの時間をかけてリサーチを頑張り、知識や経験値を

身につけて、良い商品と巡り会えるわけです。

 

そこだけは勘違いをされないようお願いしますね。

 

あと、よく考えてみると、月1000万円以上稼ぐ場合、

相当な回転率や生産性を意識しなければけないので、

そのようなレベルになった時点では、

こういうテーマの方を重視すべきですよね。

 

あなたが、海外の転売で月1000万円稼ごうという段階になった場合は、そこまでリサーチをする必要がなくなってくる。むしろそれに時間をかけないことがコツ。

 

2、輸入ならOEM製品を1000個以上を販売?国内転売との決定的な違いは○○

ごくたまにですが、「加藤さんのように、

海外の転売で月1000万円以上稼ぐ場合、

OEM製品を1000個以上販売しないといけないのですか?」

このような質問をもらうことがあります。

この質問に対する答えは、確かに”YES”です。

 

しかし、海外から輸入転売をするときに、

仕入れ個数よりも大事なことがあります。

 

それは、ずばり、”配送方法” と “配送時間”です。

 

配送方法と、時間の方が大事・・・?

恐らく、海外転売初心者の方は、目を丸くして

驚いたのでは?と思います。

(初心者の人は、必ず疑問に思って欲しいところです)

 

もし、あなたが、海外でなく、国内の転売で、

利益を上げているのであれば、恐らく、佐川やヤマト、

さらには、郵便局の配送サービスを法人契約等で

利用すると思いますし、納品までの時間も直接倉庫に

運べばその日のウチに納品できますよね。

 

その一方で・・・

 

海外をまたぎ輸入転売等をする場合、基本は、

航空便かコンテナ船便を使うことをしないとなりません。

しかも、配送期間は、航空便だと〜1週間、

船便だと2週間~3週間もかかってしまいます。

 

※多くの仕入れ配送は航空便ですが、

大きな売れ行きが確定している大量売れ筋商品は

コンテナ船便に移行する、というイメージです。

 

また、月1000万円の売上になる転売商品を

仕入れるわけで「国際配送料」という経費

しっかりと頭に入れて、仕入れ配送方法を決定しないと

利益がガクっと減ってしまいますよ。

 

これらは、別に私に限らず、これから海外の転売を

始動しようとお考えの方にも関係してくることなので、

絶対に無視できない話になります。

 

ちなみに、航空便と船便どれくらい

国際配送料が、違うのかというと、

20~30%は悠然と違ってきます。

※物によっては、税金も含めるともっとかかる場合も

 

単純計算、例えば、送料が、年間100万円

かかるのであれば、それが70~80万円

に抑えられるので、中々の差であると思いませんか?

 

そのため、もし、あなたが、海外の特に、

輸入をされる場合は、確りと覚えておくことを

おススメしておきます。

 

海外を跨いで転売をする場合、配送料と配送期間に留意する。

 

3、 海外からの輸入商品はAmazonの倉庫に直接納品をするべきか?

もし、あなたが、海外から輸入した商品を

国内で転売しようとする場合

恐らく、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング、

さらには、独自ショップ等のプラットフォームを

利用するのではないでしょうか。

 

やり方や何を選択するかは人それぞれ自由ですが、

私は、最初はAmazonを利用することをおススメしておきます。

これは、どうしてかというと、他社にない、巨大な

倉庫があるからで、その規模はロボットが一部管理しているほど。

 

あなたもニュースで見たことがあるかもしれませんが、

既に2016年からAmazonは、決してぶつからないカートを

使い、ロボットに一部の倉庫を自動管理させています。

 

あなたがこのことを知らず、

”Amazonが漠然といい感じ”とお考えであれば

この50秒の動画は見ておいた方がよいですね。

Amazonは、この倉庫を効率よく管理して、

あなたの配送と梱包まで代行してくれるのです。

 

ですから、まずはAmazonで商品を販売して

保管と配送を任せてみる、という考えを持った方がいいです・

 

そしてもし、あなたが、楽天やヤフーショッピングを利用

するのであれば一度事務所にストックして、

集荷したり、最悪単品配送を日々しなくてはいけないし、

自分でやらない場合は、人を雇う必要があるため、

その分人件費もかさんでしまうことでしょう。

 

しかし、Amazonであれば

超簡単な手続きだけでやってくれます。

 

さて・・・

ここからが本題”です。あなたは、

近年増え続けている輸入の代行会社等を利用すれば、

このAmazonの近未来型倉庫に直接納品してくれる

代行サービスも存在するのはご存知でしょうか?

 

つまりこれは、逐一、事務所を経由しなくて良い

わけで、その分販売期間の損失を防ぐことが可能ということ

 

ただし、コスト面では、国内にある保管配送業者の倉庫で

保管し、配送する方が正直言ってお得です。

長期的には、しっかりと事業計画をして

あなたのスタイルに合わせて実行してみて下さい。

 

Amazonの近未来型倉庫を効果的に利用しよう。これからどんどんAmazon優位の時代に!まずはAmazonを使ってみることがポイントです。

 

4、海外から輸入した転売商品を売る時にLPOは専門スタッフに任せるべきか?

Amazonの輸入に限らず、楽天市場で転売する時も

同様のケースが考えられるのですが、

あなたが、販売促進をするために、必ず

「販売ページ」の制作が必要になってきます。

 

また、”LPO””SEO”の知識をつけるだけでなく、

とにかく、”商品ページの作り込み”をして、

あなたの中国商品をじゃぶじゃぶ売らないといけません。

 

あなたが、優れた品質の商品を海外から輸入して、

日本国内に転売しようと考えても、お客さん目線で、

その商品の良さ、ベネフィットが明確にわかっていなければ・・・

恐らく思うように売れないはずです。

 

そこで、あなたが、やらねばならないことは、

商品ページの作り込みとLPO・SEOの最適化です。

 

例えば、Amazonですと、こんな風に商品

説明をしていきます。

色々な商品ページをかき集めていますが、

大事なポイントだけいうと・・・

  • 使い方が直感的にわかるか?
  • 具体的にどんな商品で、どこが優れているのか?
  • この商品を手に入れると、どんな恩恵があるのか?

 

などを意識ながら、写真のデザインや挿入する

文字や表を工夫して、作り込みできるとよいでしょう。

 

また、LPOやSEOを意識したページ作りですが、

当然のことながら専門知識が必要です。

 

ちなみに、このAmazonの商品ページの最適化は、

グーグルのSEOアルゴリズムを目指しているのを

ご存知でしたか?

そのため、スパムのようにキーワードをやたらと入れたりせず、

いかにCVRと滞在率を意識した作り込みをできるかが、

重要なポイントになってきます。

 

ただ、ここまで聞いてあなたは、

凄く専門的だな・・・と感じたのではないでしょうか?

そうですよね。

でももし、商品ページの作り込みに不安があれば、

ここは専門家に任せてもよいでしょう。

 

実際に、加藤はそうしています。

自分である程度やったら、任せることができるのです。

 

海外の特に、輸入転売で、リサーチをさほどしないで、大きく儲けるためには、商品ページの作り込みが重要で、専門スタッフに任せてもOKです。LPOとSEOの知識は、難しいし、セラーも教えたくない分野でもあるので、個別でお金を払うなりして教えてもらうのが望ましい。

 

5、海外で輸入転売をする場合、常に全体を俯瞰すること

もし、あなたが、本気で加藤のように、

海外をがっつり跨ぎ、特に輸入転売で

月1000万円以上を儲けたいとお考えの場合常に

会社の全体を俯瞰しながら、取り組むことが大事です。

 

先述してきた通り、私は、海外の転売事業を

”一部スタッフやロボットに任せたり、代行するべき”

とお伝えしてきたわけですが、

これは、あなたが海外を跨ぐ以上、

輸入転売ビジネスの全体像を監視して欲しいからです。

 

私は常にその監督者という立ち位置で、

事業を行っていて、具体的にいうと・・・

  • 商品ページの最終チェック
  • 属するサブカテゴリ内で商品の立ち位置を監視
  • スタッフの勤怠管理
  • 人材採用
  • 新規事業の打ちだしと企画

 

このような業務にの比重を高めないと

自由な時間は増えないはずです。

もし、あなたが、月1000万円以上を海外転売で

稼ぐことを目指しているのに、いつまでもリサーチや

納品をしているのであればまだまだだと

思いますし、今はまだそういう段階なのかもしれません。

 

このことは、あなたが本気でしたら、

しっかりと覚えておくようお願いします。

 

そもそも全部1人でできないわけだから、社長は、”監督者”になろう。

 

まとめ

 

今回は、海外の転売という視点で、

月1000万儲ける極意ともいうべき、

となる部分をお伝えしました。

 

特に海外転売で輸入をされる場合は、

今回の内容は、腑に落ちるまで理解を

しておいてください。

 

今回のような記事を書いていて思うのは、

私も含め、あなたが何を選択するか?すべての

未来が変わってくる、ということです。

 

例えば、海外の輸入転売をしている人は、

この世の中に沢山いるわけで、

色々なやり方や考えがあると思います・・・

 

何が正しいか?なんてわからないし、正直

私も本当の所、何が正しいやり方か?なんて、

その人の好みに依存すると思っています。

 

しかし、実際にあなたが、月1000万を海外転売で

リアルガチで稼ぐのであれば・・・

 

”実際にそれを成し遂げている

専門家から直接アドバイスを受ければ、間違いない”

 

とは思いますが、いかがでしょうか。

 

今回の記事は、全て実体験に基づいてコツを

お伝えしているので、繰り返しお読みいただき、

”あなたの血肉”にして頂ければと思います。

 

加藤さとし加藤さとし

「まだ初めてだけど、輸入転売でこれから大きく稼ぎたい!」という方は、こちらの無料講座もチェックしてみてください。