副業物販の専門家 加藤さとしです。

 

この記事を読み始めているあなたは、

ひょっとして・・・

中国から輸入仕入れをしてAmazonで販売し

稼ぐことを考えているのではないでしょうか?

 

また、その具体的なやり方が分からなかったり、

加藤が実際にどのようにして稼いでいるのか?

などを知りたいのかもしれません。

 

そこで、今回は、中国輸入で上手に仕入れて、

Amazonへの転売で月600万円稼ぐ具体的な方法

お伝えしていきますので、

飛ばし読みをせず、読んでもらえると嬉しいです。

 

加藤さとし加藤さとし

この記事で「中国仕入れで利益を稼ぐ全体像」が分かってもらえますので、最後までお付き合いください。

 

目次

中国輸入をしてアマゾンで転売するメリット

中国輸入からAmazon転売のメリット

仕入れ原価が低く、利益率が高い

 

中国経済が急成長しているとはいえ、

なんと言っても、物価がまだまだ安く、

世界の工場という役割を中国は持っています。

 

実際に、中国国内には、数えきれないほどの工場があり

先進国向けの商品を

安い人件費で大量生産している印象です。

 

そうは言われてもピンとこないと思うので、

一つ例を出したいと思います。

 

実際に、中国の大手ネットショップでは、

液晶保護シートは、150~170円くらいで手に入ります。

中国輸入で稼げる液晶保護シート

 

日本で買うと、液晶シートは当然もっと高いですよね?

 

しかも、アリババのような卸サイトだと、

さらに半分以下の価格で仕入れができます。

 

中国経済の台頭と成長に対して、

思い違いがあったかもしれませんが

物価はまだまだ安いのです。

ニュースだけの情報に流されない方がよいですね。

 

先進国からみて、中国は

今後もまだまだ潜在性の高い卸市場として

十分な資質があると考えています。

 

あなたオリジナルの商品を開発、生産でき差別化を狙える

 

少し上級者向けの方法になりますが、

私は自社のオリジナル商品を開発・生産して

それをAmazonで独占販売しています。

 

これをOEM(ODM)」と呼びます。

 

国内転売(せどり)の場合、元々ある商品の

価格差を取って利益にするのが普通の手法です。

 

対して、中国にある工場にOEM商品を

生産依頼をすることで、

ライバルを排除して、独占状態で

販売をすることができてしまいます。

 

実際にそういうセラーが

Amazonには沢山あります。

 

加藤さとし加藤さとし

Amazonで独占販売をしている友人で、OEM商品をわずか2〜3品ほど販売するだけで、年収5000万円以上を稼ぐ人もいますから、実はすごい世界なのです。

 

正しいノウハウを実践すると、安定して大きく稼ぐことができる

 

Amazonの中国輸入で稼ぐ人の中で、

月商1000万円以上を稼ぐプレイヤーが、

加藤の周りにも結構な割合でいることから、

市場規模が大きいことがわかります。

 

飽和状態なのでは?と考えがちですが、

実際は逆で、あなたもAmazonの中国輸入に参入することで、

品数が豊富になり、市場規模が拡大していく

と考えた方が正しいです。

 

実際に、最近になり参入した人たちも、結果的に

安定して稼げるようになっています。

 

むしろ、これまで5年間以上中国輸入をやってきた

加藤からすれば、副業レベルであれば、

今から参入する方が、ノウハウが揃っているため

絶対にチャンスだというのが結論です。

 

加藤さとし加藤さとし

インターネットが出現してまだ十数年。長い期間で見れば、あなたも遅くはありませんよ。

 

Amazonで中国輸入転売をするデメリット

中国からの輸入品のAmazon転売で注意すべきデメリット

海外取引なので、仕入れからアマゾン倉庫へ納品までの期間が長い

 

中国輸入転売とは、その名の通り、

中国から海を渡って日本のAmazon倉庫に届き、

お客さんの手元に届きます。

 

そのため、輸送期間の長さにより

販売機会を喪失してしまうリスクは、

もちろんデメリットでしょう。

 

アリババやタオバオにある商品に対して

仕入れの依頼をしてからAmazonに納品されるまで、

1週間から2週間前後を見ておくとよいでしょう。

(独自でOEM、ODM生産をしない場合)

 

また、後述しますが、春節などの中国の大型連休をはさむと

さらに遅れが生じるので、ある程度

在庫を確保しておくという考えも必要です。

 

しかし、大量在庫を持ちすぎることも

Amazon倉庫保管料がかかってしまいます。

 

実際に販売がスタートすると、日々の販売個数などから

在庫数を調整していきましょう。

 

品質が悪く、検品や返品が面倒くさい

 

タオバオやアリババの中国の仕入先サイトには、

昔ほどではないですが、ごくたまに、

品質の悪い商品を販売する店舗があります。

 

そこで購入してしまうと、配送代行業者に

状態の悪い商品(不良品)が届くことになります。

 

そんなリスクがあるため、本格的に商品を仕入れる

(生産依頼をする)前に必ず、サンプル品を1,2個

仕入れて品質チェックをしなければなりません。

 

加藤さとし加藤さとし

その他に、店舗ページから店舗情報をチェックをするのもオススメです。

こういうチェックを怠ると、後から不良品が発生して困りますからね。

 

中国からの輸入時に関税や国際配送料がかかる

 

国をまたいで商品を仕入れて配送する以上、

関税や国際配送料、そして

配送代行業者への手数料などがかかります。

 

しかし、それを差し引いても、

Amazonで中国輸入品を転売するメリットはあります。

 

こちらの知識は重要なので、覚えておいてくださいね。

 

ちなみに、どれくらい費用がかかるのかというと、

関税は、種類によっても違いますが、おおよそ、

商品原価+送料の15%くらいと考えてください。

 

※関税について詳しくはこちらの記事をどうぞ。

中国輸入の関税と消費税の計算で失敗しないための7つのポイント

 

 

Amazon転売で中国輸入をする時の仕入れ先はどこか?

一般向けECサイト タオバオ

タオバオTOPページ

タオバオ(淘宝网)は、元々中国のアリババ集団が

設立したオンラインショッピングモールですが、

中国に於けるCtoC(消費者間取引) のネット通販で

中国国内では最大のECサイトです。

今は、BtoB主体の”天猫モール”も有名です。

 

卸業者向けサイト アリババ

アリババTOPページ

アリババ(阿里巴巴集団)は、 BtoBのオンライン・マーケットです。

先ほどのタオバオと同じ、アリババグループが運営している

業者向けの卸仕入れ用サイトとなります。

もちろん、代行業者を使えば仕入れ利用が可能です。

 

なおアリババグループとは、240余りの国家・地域で

5340万以上の会員を保有しており、

世界一の売上高を誇る、インターネット小売グループです。

まさに世界の仕入れ先であり、その流通額はなんと60兆円以上です。

(2017年度)

 

中国から商品を輸入するタイミングや時期について

中国商品を輸入するタイミング

春節(旧正月)は完全に物流がストップする

 

春節(旧正月)とはいわゆる、

中国のお正月のことを意味します。

 

日本の場合だと、大晦日・お正月というと、

12月31日~1月3日といったイメージですが、

中国の年末年始は旧暦で考えるため、

かなりズレることを知っておいてください。

 

そして、中国の旧正月(春節)の開始時期は

年によって違うので、

Amazonで中国輸入で稼ぎたい場合は

毎年9月頃までにはしっかりと把握しておきましょう。

 

基本的に、春節から1週間は完全にお休みとなり、

さらに、その前後の1週間も、

お店や会社も休日になりやすいです。

そのため最低でも3週間〜1ヶ月間は物流がストップする

と考えておいてください。

 

会社によっても多少ズレがありますが

いつまで物流や生産が完全にストップするか

事前に確認しておきましょう。

 

仕入れに困らないよう中国の祝日や連休を知っておこう

 

中国輸入をして稼ぐとなった際に、大きく関連してくるのが、

中国の祝日や連休”です。

 

基本的に、物流や生産が停止するので、

働き者の日本人の価値観でいると

仕入れができず売り切れ状態になってしまい、

困ることになるので、要注意です。

 

とりあえず、以下の種類があることは

頭に入れておきましょう。

  • 元日
  • 旧正月
  • 清明節
  • 労働節
  • 端午節
  • 中秋節
  • 国慶節

 

なお、中国の休日(祝日)の種類や期間連休数

などの情報については、

以下の記事を参考にされてください。

 

※参考:中国輸入では要注意!春節・国慶節 祝祭日の在庫切れ対策

 

中国はまとまった連休、祝日がかなり多いので、

日本人からすれば、少し理解できないところですよね。

(世界的に見れば、日本人が休まないだけですが^^;)

 

あなたが中国輸入で仕入れをする以上は

無視できないスケジュールですので、

しっかり頭に入れておきましょう。

 

クリスマスや年末等の定番イベントをおさえること

 

国内市場でもそうですが、1年を通じて、

定番のイベントが近づくと、

物流が激しく動き、輸入も大規模になります。

 

あなたがもし、こういうイベント向けの商品を

中国輸入をして販売したい場合、

日本の各シーズンに合わせて、逆算して”仕込み“を

前もって準備しないといけません。

 

イベントで使うコスプレ用品やコスチューム

そして、飾り、パーティグッズ等は、

使い切りも多く、中国製が多いのです。

 

 

実際に、中国輸入して売れた商品事例を3つご紹介

中国輸入で稼げる事例

 

中国市場と日本のamazonの価格を比較すると、

価格差がかなりあり、知れば知るほど

中国輸入の可能性を感じると思います。

 

以前、転売で利益が出た商品を3つご紹介します。

もちろん、数十万以上ある儲かる商品の中の

ごくごく一部です。

 

※記事作成時の結果ですので、

あくまで参考事例としてご覧ください。

 

1、タイヤカバー 

中国輸入品の転売事例 タイヤカバー

上記は、Amazonで売られている

タイヤのカバーで、ジャンルとして

カー用品にあたります。

 

この商品は、実は中国から輸入されていて、

中国仕入れ先販売ページ

中国サイトで”20元“です。

1元=約17円で計算すると・・・・

安いと約340円で仕入れが可能です。

 

2、ハンドスピナー

中国輸入品の転売事例 ハンドスピナー

これは「ハンドスピナー」というおもちゃで、

一時期流行っていた人気商品です。

 

こちらは、中国サイトで145円ほどで仕入れが可能。

ハンドスピナー仕入れ先ページ

日本のamazonでは、10倍近い値段がついています。

 

3、iphone用ケース

中国輸入品の転売事例 スマホケース

上図のような本体にリングのついた

iPhoneケースを見かけたことがありますよね。

 

こちらは、色ににもよりますが、

中国仕入れ先販売ページ

29元”、50円以下で仕入れをすることができ、

利益率も高いですね。

 

 

中国輸入とアマゾンでどうやって転売すべきか?月600万稼ぐノウハウとは?

中国輸入Amazon転売で稼ぐノウハウ

加藤は実際にアマゾンを利用した中国輸入だけで

おおよそ月600万円以上稼いでいます。

全てではないですが、その経験やノウハウを少し

ご紹介しますので、参考になれば幸いです。

 

メルカリでの中国品転売

 

加藤は、以前販路の一つとして、

フリマアプリの「メルカリ」上で大規模に販売していました。

 

メルカリの複数アカウントを数十個使い、

月350万円近くの利益を上げていました。

 

メルカリの規制がある度に、ライバルがいなくなり

かなり稼ぎやすかったのですが・・・

 

メルカリ運営側により、複数アカウントでの転売に対して

本格的に規制されてしまったため

現在はもうそこまでの額は稼げません。

 

ちなみに、

無在庫状態で、Amazonで販売中の商品を

メルカリやヤフオクで販売する手法があります。

 

この転売手法について簡単に解説すると、

メルカリやヤフオクで売れたら、

Amazonの商品を購入して

購入者宛てに直送するだけ。

 

一見、リスクなく稼ぎやすそうなのですが

実践はお勧めしません。

 

理由は単純で、

誰でもすぐに実践できる手法のため、

同じような商品が溢れてしまっているためです。

 

加藤さとし加藤さとし

参入障壁があまりにも低すぎるビジネスは、実はリスクが高いのです。

これはビジネスの真理ですので、ぜひ頭に入れておきましょう。

 

中国輸入商品をamazonのFBA倉庫へ直送

 

私は主に、日本人が運営する

中国の代行会社を使って仕入れをしています。

 

※加藤がオススメする代行業者についてはこちら

中国輸入の代行業者を選ぶならイーウーマートがオススメな理由

 

仕入れた商品の多くは、amazonのFBA倉庫に

直送してもらっていますが、

この手法は、回転率を高める上で、

手間なく稼ぎたい人の多くがやっている手法です。

 

理由は、中国輸入の弱点である

「納期の遅れ」を短縮できるから。

 

中国輸入の代行会社は、昔に比べると

クオリティも上がり、検品レベルも信用できます。

作業の手数料も高くないので

わざわざ自宅や事務所を経由して

自分が苦労して納品作業をする必要がありません。

 

たとえ副業でやる場合も、効率よく納品、

転売することができる!ということは、

ぜひ覚えておいてくださいね。

 

私も月600万円以上の売上を効率よくあげていますが、

できるだけ手間をかけずに稼がないと意味がありませんよね。

 

OEMをして独自ショップで販売も可能だが・・・

 

先述の通り、「OEM(ODM)」とは、様々な方法で

あなた独自の製品を生産することです。

 

※「ODM」とは、既存製品にタグやロゴだけを付ける

簡易的な独自化を指します。

 

今は、そのOEM商品を、どなたでも簡単にamazonで出品、

さらに売上をアップさせていくことができる

そんな環境が整っています。

 

「独自の製品」なんて聞くと、

ハードルが高く聞こえますが、

OEMなんてすごく簡単なんですよ。

 

たとえば、、、

・商品の色を変える

・少しだけ使いやすくする

・商品の素材を一部変える

それだけでOKなのです。

 

そんなレベルのOEM製品、

数種類だけで、年5000万円以上の

利益を稼げるプレイヤーもいるほど。

 

計り知れない可能性があるのが、

分かってもらえるんじゃないでしょうか?

 

そして今、そんな夢のある事業を

誰にでも実践できるような環境が整っています。

恵まれた時代になりましたよね。

 

ただし、十分注意してもらいたいのですが、

ただ単にOEM生産をしてAmazon販売すれば

誰でも儲かる、というわけではありません。

 

加藤さとし加藤さとし

ボリュームがありすぎてここでは伝えられませんが、もちろん、正しい知識や情報をインプットして臨まなければ失敗の確率はグンと上がります。

 

 

中国輸入でAmazon販売をする際の注意点

Amazon中国輸入で注意すべき点

 

コピー品を出品するとアカウント閉鎖のリスクがある

 

アマゾンでメーカー品のコピー商品を

販売してしまうと、真贋の問い合わせがあり、

Amazonからアカウント閉鎖の通知メールが届くことがあります。

 

「真贋」とは、本物か偽物か?という意味ですが、

Amazonで偽造品(らしき商品)を売ってしまうと

たとえ知らなかったとしてもアウトです。

 

当たり前のことなのですが、

第三者が権利を有している商品を

勝手に模造して販売した場合、

偽造品扱いになる!

と考えておきましょう。

 

なお、コピー製品、偽造品とは、

決して、広く知られているブランド品だけに

該当する話ではありません。

 

つまり、メーカーの有名無名に関わらず

誰かが商標権などの権利を有している商品も

対象だということです。

 

中国から商品を仕入れる際は、

コピー品ではないかどうかは要注意です。

 

加藤さとし加藤さとし

今ではそういった中国商品はほとんど見かけませんが、念のために頭に入れておきましょう。

 

極端に安い商品は仕入れないように

 

経験的に10円とか20円の中国商品は、

原価も安く魅力的なのですが、

品質が著しく酷い場合があるので、極端に安い商品は、

仕入れないことをおススメします。

 

また、そこまで安くないにしても

どんな商品があるか?

どの程度の品質なのか?

という観点で、仕入れ前にサンプル品をチェックする

意識は絶対に必須です。

 

そうやって堅実なスタンスで実践してもらえば

リスクらしいリスクには出会いません。

 

まとまった仕入れ資金がないと中国輸入は厳しい

 

よくあるお問い合わせで、

5万円〜10万円くらいの低資金で

中国からの有在庫販売でAmazonで販売で稼げますか?

という質問をいただくことが結構あります。

 

この答えは、少し乱暴な言い方ですが、

ズバリ、”NO”です。

 

これまでお話ししてきた、中国ならではのデメリットや

トラブルを考えると、少ない軍資金で実践しても

正直言うと割りに合わないのです。

 

仕入れ資金がないと、どうしても

仕入れ商品の物量が少なくなります。

 

そうなると、国際送料が割高になったりと

利益面で難しくなります。

 

またこれは当然のことなのですが、

物販ビジネスは資金を元にした売上しか出せません。

 

ですから、たった10万円の資金から

来月に50万円の利益などは出せないのです。

利益率50%でも、5万円の利益ですよね。

 

例えば、「1か月間で300万円売り上げたい場合」

を考えてみましょう。

 

まず、在庫切れを起こさないためには

最低でも約2ヶ月間分の余剰在庫を持っていることが

基本です。

そうしないと、次月に売る在庫がなくなってしまいますから。

 

つまり、最低でも売上額分の

仕入れ原価や各経費×2ヶ月間分が必要

ということですよね。

 

純利益率が30%だったとすると、

70%分にあたる残り経費は210万円。

 

その2倍の420万円が最低資金額です。

 

※実際は、目指す売上の2倍の資金

が必要だというのがセオリーです。

 

もちろん、小資金でクレジットカードで仕入れて

回せないことはないですが、

返済期間が短く、キャッシュフローの悪化、

最悪、黒字倒産・・・というリスクがあります。

 

※参考:輸入転売仕入れで使うべきクレジットカードとは?

 

将来的には、お近くの銀行(信用金庫)や

政策金融公庫から融資を受ける

という選択肢もあることを頭に入れておきましょう。

 

正直言ってしまうと、真剣に実践してもらえば

融資の利息、数%より低い利益しか出せない確率は

かなり低いです。

 

加藤さとし加藤さとし

「ビジネス目的での借り入れ(融資)」は、「個人のローン(借金)」とはまったく次元が違うので、勘違いして余計な不安を抱かないよう注意が必要です。

 

まとめ

 

今回は、中国輸入をしてAmazonに転売する方法

その先にある、物販ビジネスで億単位を稼ぐ方法を

まとめとして解説しました。

 

中国輸入は、簡単そうに見えて、

知識や情報をあらかじめインプットしておかないと、

思わぬ損失やルール違反をしてしまい、

稼げない人がいるのも事実です。

 

その一方で、正しいやり方、ノウハウを知り、

実践すれば長期的に手堅く稼ぐことができます。

 

加藤も様々なネット転売の手法を経験してきましたが、

個人の方にも、中国から商品を輸入をして

日本のAmazonで販売するビジネスはオススメです。

 

なぜなら、仕入れ買い付けも配送、納品も

代行会社が代わりにやってくれますし、

AmazonのFBAサービスを使えば、商品の保管だけでなく

売れた後の梱包や配送までも代行してくれます。

 

時間をかけずに副収入が稼げますし、

その後、利益を増やすことで、本業として

独立など次のステップへ進むこともできます。

 

そんな大きな可能性を持っているからこそ、

加藤もこうしてご紹介をしている次第です。

 

もしあなたが、今回の記事で

Amazonを使った中国輸入に興味を湧いた場合は、

何度か読み返して、情報を整理してみてください。

 

加藤さとし加藤さとし

今回の記事を読んで中国輸入に興味を持たれた方は、こちらの「中国輸入の流れと基礎」について読んでみてください。