欧米輸入の場合、欧米のブランド・メーカー品や
日本の逆輸入品を仕入れて稼ぐのが基本ですが、
中国のサイトでブランド品を仕入れるのは危険です。

 

なぜなら、コピー品が横行しているからです。
一応サイト上の規約でコピー品の出品は禁止されていますが
未だにコピー品が氾濫している状態です。

 

ですから中国からは欧米や日本のブランド品は
仕入れないほうがいいです。

 

一般的にコピー品として問題になるのは、
商標権が登録されている商品の模倣品です。

 

日本だと、たとえば有名な時計ブランドロレックスの商標権は
日本ロレックスが持っていますし、
ハローキティの商標権はサンリオが持っています。

 

こういったブランドは、コピー品も多いので、
そういう企業たちは事前に税関に「輸入差止申し立て」をしています。

 

もし仕入れた商品が正規品だとしても、
輸入時に税関で検査対象になる確率が高いです。

 

「輸入差止申し立て」をしているブランドは
下記URLで確認することができます。

http://www.customs.go.jp/mizugiwa_search/chiteki/index.htm

 

とりあえず、ここに掲載されているような商材
は仕入れないほうが良いってことです。

 

ただ、マイナーなブランドだと、仕入れていいのか迷うこともあると思います。

 

その場合は、ブランド名でGoogle検索してみましょう。
日本で大体的に販売しているのなら、日本語サイトがヒットすることが多いです。

 

海外ブランドの国内代理店であれ、日本発のブランドであれ、
そういった商品は仕入れるのを避けた方が無難でしょう。
(もちろん日本語サイトがないページも多々ありますが。)

 

逆に、日本のブランドではなく中国ブランドの場合は仕入れても大丈夫です。

 

中国から輸入する商品は
ノーブランド品と中国ブランド品
とまずは覚えておきましょう。