独自カタログ商品の開発、販売において

まず知っておかなかければならないのは、2つの分類です。

 

中国輸入品の独自カタログ商品とは、大きく分けて

 

A.中国サイトにある商品をそのまま仕入れて

新規カタログを作って販売(転売)するパターンと

 

B.何らかのOEMを施すことで、大小の差異を持たせた商品を

新規で販売するパターンの2通りがあります。

 

アリババにある商品でも

まだまだAmazonにない商品は沢山あるため、

Aのやり方でも十分稼ぐことは可能です。

ただ、あくまで「転売」にすぎないため

ライバルが発生しやすく、そうなった場合は

売上はどうなるか分からない状態になります。

 

そのためこのページでは、Bの

OEM商品の販売を目指して、そのための

成功するための手法について解説していきます。

 

まずは、

「Amazon中国輸入における、OEM商品と何か?」

について解説していきましょう。

 

OEMとはoriginal equipment manufacturer の略です。

 

自動車メーカーやアパレル企業などでは、

様々な意味で使われることが多いのですが・・・

我々、Amazon中国輸入ビジネスでの意味は、

「生産環境を持っている工場に商品の生産を依頼すること」

を指します。

 

そして一言に「OEM」といっても

その規模、方法は千差万別ですので、

分かりやすいように、2つに分けたいと思います。

 

1.アリババにある既存商品の外見を大きくいじらず

簡易的な独自化をすること

 

例:

紙タグ取り付け、小さなロゴ印字、布タグ縫い付け、

オリジナルの台紙やパッケージに入れる、

備品や説明書などの付属品を付けるなど

 

2.商品の仕様を変更して、唯一化した商品の

制作を委託すること

 

例:

既存商品の外面、内面のデザインを一部変更する、

別の色を作る、素材をグレードアップさせる、

1から図面を作って金型を元にして生産していく

 

なお、たまに「OEMとODMの2種類がある」と

細かい話をする人もいますが、

すべて「OEM」で統一してもらって構いません。

 

(ODMは、生産だけでなくデザイン設計も

工場にやってもらうというだけの話です)

 

できるだけ、シンプルに考えるように心がけましょう。

 

1.の場合はミニマムロットも少なく

簡単にオリジナル商品を作ることができます。

※一商品当たり5万円〜

 

最初はこちらから数件、手がけていくことをオススメします。

 

2.の場合は設計から入り、ミニマムロットが大きくなります。

そのため1でオリジナル商品を作り販売して

利益が出た後、「お客さんが何を求めているか?」

といった重要な情報を集めてから、2の本格的なOEMに

取り組む方がいいでしょう。

※一商品当たり30万円〜はかかります

 

OEM商品のメリット

 

・独自の価格設定でも売れていく(ブランディングが必要)

・ランキング上位に食い込めば継続して売れ続ける

・早期で売上計画が立てやすい

・少数商品に絞れば各種管理がラク

・Amazon規約違反、お客様とのトラブルが少ない

・月10〜30万円の利益ならば、到達までの時間が短い

 

OEM商品のデメリット

 

・商材カテゴリによっては、本格的に売れ始めるまでに時間を要する

・大規模なOEMになるほど、1商品でまとまった資金を必要とする

・売れ行きが悪い商品を選んでしまったら、
在庫をさばけずに資金が拘束される

・類似商品の動向を気にする必要がある

 

以上の特徴があります。

 

・・・ただしOEM商品には、このデメリットを差し引いても、

余りあるほどのとてつもないメリットがあることは

ぜひ理解しておいてください。

 

まずは、簡易的なOEMから取り組んで

OEMとはどういうものかを体験しながら

実際に利益を得てもらいたいですね。