カートボックス取得について

 

※独自カタログ商品を出品する場合は、後半の価格調整からお読みください

 

「カートボックスを取る、取得(獲得)する」とは、商品ページの「カートに入れる」をクリックした時に、自分の商品が購入される状態のこと。

 

もし自分の販売商品がカートを取得できていれば、商品ページのタイトル下部分に自分の店舗名が表示されます。

 

FBAの場合

 

自己配送の場合

 

 

下にあるのは、相乗り販売をしている他のセラーたちです。

 

 

 

マーケットプレイス上の一部が表示されていますが、価格順ではありません。

 

この中に表示されていて、カートの価格よりも安かった場合は、

カートを取得できていなかったとしても売れる場合があります。

それ以外の場合はまず売れません。

 

カート取得セラーは、アマゾンの決めた条件に一致した出品者の中からランダムに、一定時

間(30分間~1時間)ごとにローテーションをして決まります。

 

 

カート取得の最低条件とは?

 

まず、カートボックスの取得資格は、一定のパフォーマンス基準に到達している大口出品者に付与されます。

 

その基準とは、「注文不良率」、「自己キャンセル率」、「出荷遅延率」を総合して決定されます。

 

アマゾン側はカートボックス関連について、一切の詳細を公開していません。

 

そのワケは、随時変更されているからです。今後もどんどん変更されていきますし、カートの取得資格についても絶対的な基準はないと思っていてください。

 

 

自己配送の場合、セラー評価がまだ少ない状態だとカート取得できません。

 

このように表示されてしまうと、購入されることはほとんどありません。

 

自己配送を始める場合は、FBAによる販売を一定期間続けて、評価を10個前後まで貯めてからスタートしましょう。

 

※取引後、評価をもらえる確率は約10%前後なので、急ぐ場合は「評価依頼メール」を購入から5日くらい後に送信していくとよいです。

 

やってはいけない5つの御法度

 

セラーとしてやっていくうえで、以下の内容は常識です。かならず、頭に叩き込んでおきましょう。

 

1.注文不良

 

低評価や保証やチャージバックが申請されたことを「注文不良」と言います。

つまりその注文不良率が高くなるほど、反比例してセラーとしての信頼を失うこということです。

 

まずは最低でも、しっかりと商品内容を把握していきましょう。

 

2.自己キャンセル

 

自己配送の際に、売れた後に在庫がないことが発覚した場合、キャンセルをするのは御法度です。

 

1回でもやってしまうとカート取得にかなり影響が出てくるため、できる限り他のセラーから購入してお客さんに送ってあげてください。

 

3.出荷遅延

 

自己配送の場合は、事前に決まっている配送予定日を3日以上遅れてしまうと「出荷遅延扱い」になってしまうため注意しましょう!

 

4.ポリシー違反

 

アマゾン規約違反をした際には、セラーセントラル上に対応を促すメッセージが届きます。

 

それに対してすぐに読んで対応を心がけましょう。このメッセージをしばらく既読しなければ、イエローからレッドへと色が変わり評価が下がります。

 

 

5.カスタマーサービス(回答遅延)

 

お客さんからの質問に対しての返答を、24時間以上遅れた場合は「回答遅延」扱いになって少しずつアカウントのパフォーマンスに影響していきます。

 

カート取得を決める一番の項目は・・・?

 

設定価格です。

 

しかし、ただ安ければいいということではなく、その状況にあった適切な価格である必要があります。

つまり、その適正価格を読むチカラが必須。

 

たとえば一人だけダントツに安くしても、カートは取れないことがあります。

 

もちろん、無駄に安く設定する行為は、全セラーにとって損害となってしまうので絶対に避けましょう。

 

カート取得率を高めるには、もちろん「頻繁な価格調整」が必須となります。

(ただ価格を下げるということではない!)

 

なぜならば、「適切な価格」というのは、毎回の状況によりいつも違うためです。

そして他のセラーも頻繁に自動価格調整をやっており、適切な価格に近づけています。

 

手動での価格調整について

 

ここでは、セラーセントラルを使った基本的な手動の価格調整方法について説明します。

 

 ① セラーセントラルを開き、価格→価格管理をクリック

 

 

 ② 販売価格の欄の数字を変更する。最低価格にしたい場合は、「最低価格に一致」をクリックする。

 

 

③「保存」あるいは「すべてを保存」ボタンを必ずクリックする。

 

在庫管理から価格を改訂する方法

 

 

 ① セラーセントラルを開き、在庫→在庫管理をクリック

 

 

 ②③は先ほどと同じ方法で価格を変更する。

 

 

「最低価格と一致」を一括で行う方法

 

 在庫管理画面を開き、価格を改訂したい商品にチェックを入れる。

 

 

 一括変更ボタンをクリックする。

 

 

 最低価格と一致をクリックする。

 

 「すべてを保存」ボタンを忘れずにクリックする。

 

 

自動価格調整機能について

 

 

2016年より外部調整ツールと同じようにセラーセントラル上で自動価格調整が無料で出来る機能が実装されました。

  

詳しい使い方について説明していきます。

 

まず、セラーセントラルの「価格」⇒「価格の自動設定」の順にクリック。

自動設定機能についての説明が記載されているので、確認して「開始する」をクリック。

 

 

自動設定を行う際の、独自のルールを設定していきます。

まず、条件設定を行うルール名を簡単なもので良いので設定しておきます。

 

 

①では、比較する価格を選択することができます。『ショッピングカート価格』で比較するか『最低価格』で比較するかが選択できます。


FBA利用商品であれば前者、自己配送なら後者がお勧めです。(状況によりけりです)

 

②では、価格設定の方法を選択できます。

 

『カート価格と同じ価格に自動改定』『カート価格よりも◯◯円(%)安い価格に自動改定』『カート価格よりも◯◯円(%)高い価格に自動改定』 の3つから選べます。

 

 

③では、②で『カート価格と同じ価格に自動改定』を選んだ場合の差額を円か%で設定できます。

②で『カート価格よりも◯◯円(%)安い価格に自動改定』を選択して③で100円を設定した場合は、常にカート価格よりも100円安い価格に自動改定がされます。

 

 

検索窓で自動設定をしたい商品を指定します。④価格の上限と下限を設定し、⑤「価格の自動設定を開始」をクリックすればスタートです。