中国から商品を仕入れる際、代行業者を通じて購入と配送をします。

業者への支払いにクレジットカードを使いたい場合は、
この「Paypal(ペイパル)」を通じて支払いを依頼されることがほとんど。

そのため、必要な方はまず登録をしておきましょう。

 

・PayPalは、電子メールアカウントとインターネットを利用した
決済サービスを提供する、アメリカの企業です。

・買い手が商品やサービスを購入すると、ペイパルが
売り手の代行として代金を受け取ります。

【Paypalのメリット】
・相手にクレジットカード番号、銀行口座番号を知らせなくても良い。
・クレジットカードの情報を都度入力する必要がないので決済が簡単。
・買い手保護プログラムがある。

【Paypalのデメリット】
・会社によっては銀行振込利用より手数料が高い場合が多い。
・アメリカのシステムなので、日本語化されていないマニュアルがある。
・本人確認の手続き等で使用開始まで時間がかかる。

◆登録方法◆
・paypal公式サイトにアクセス
https://www.paypal.jp/

1

・右上にある「新規登録」または「新規登録はこちら」をクリック

2

・購入だけの使用ならば、パーソナルで構いません。
(後からビジネスにアップグレードすることも可能。)

3

メールアドレスとパスワード(8桁以上の半角英数字)を入力し「続行」をクリック

4

必要事項を記入し、チェックを入れて「同意して、アカウントを作成」をクリック

※モバイル 電話番号の先頭の0は入力しない。
例)090-1234-5678→9012345678

カード番号入力画面に移動します。

5

入力して「カードを登録する」をクリック。

6

「マイアカウントに移動」をクリック

7

登録したメールアドレスを確認します。

メールフォルダを確認すると以下の件名でメールが届いています。

9

メール本文のリンクをクリックすると別ウィンドウでpaypalの確認ページが開きます。

10

11

12

メールアドレスの確認が完了しました。

この時点で支払い限度額は10万円です。限度額を解除しておきましょう。

このページの下へスクロールすると左下にアカウントの詳細があります。

13

14

クリックすると確認書類についてのPDFが開きます。

 

15

確認書類はスキャンまたはデジタルカメラ等で撮影し、
GIF、JPG、PDF のいずれかの形式で保存します。
必要な本人確認書類を確認したら「確認を開始」をクリック。

16

本人確認書類と記載事項は完全に一致している必要があります。
確認書類がパスポートでサインがアルファベット表記でしたら、
フルネームはアルファベット表記に変更してください。
必要事項を記入したら保存しておいた確認書類をアップロードして送信します。

申請から約2週間程度でPaypalから本人確認コードが
転送不要書留郵便で送られてきます。
その中に記載されているコード(暗証番号)を入力。

17

申請後このボタンはアクティブになります。有効期間内に入力してください。

以上で本人確認作業が完了し、Paypalの支払限度額が解除されます。
※専用代行をご利用の際は住所・氏名は日本語登録のままで大丈夫です。