国際貿易における輸送運賃は、Tariff Rate(タリフレート)
と呼ばれる運賃表に則って決定されます。

このタリフレートは基本『重量』で設定されています。

 

「小さくても重い貨物」「軽いけれど大きな貨物」
など様々な形状の貨物があります。

 

輸送機関(トラック、鉄道、船、飛行機など)には容積・
重量に制限があるので、もしも実際の重量だけで料金を設定してしまうと
様々な問題点が出てきてしまいます。

 

そこで容積を重量に換算したフェアな基準が『容積(体積)重量』なのです。

輸送運賃は、実重量と、この体積重量が比較され、
どちらか大きい方が最終的な重量と見なされ、料金を請求されます。
(この最終的な重量を「Chageable Weight」といいます。)

 

国際輸送における輸送手段のメインとされる船舶、航空では、

それぞれChageable Weightの換算方法が異なります。

 

【船舶輸送の場合】

縦(m)×横(m)×高さ(mを、実重量(トン)と比較

 

【航空輸送の場合】

縦(cm)×横(cm)×高さ(cm)÷係数 5000or6000

実重量(kg)と比較

※各面の一番長く測れる部位間がその面での長さとして採用されるので、
無駄な出っ張りが出ていると思いもかけぬ長さとして測量されてしまう事があります。

 

中国郵政の規定では、梱包後の1辺の長さが60cmを超える場合
体積重量での計算
となります。
(空港便EMSに適用/60cm以内は実重量での計算)

 

13-1

 

例えば実重量10kgであっても

70(cm)×50(cm)×34(cm)÷係数 600019.83 となり、

Chageable Weight は20kgとして計算されます。

70(cm)×50(cm)×34(cm)÷係数 500023.8 となり、

Chageable Weight は24kgとして計算されます。

 

この係数は

6000・・・中国、日本の会社が多く採用

5000・・・DHL、UPS、など欧米の外資系が多く採用

となっていることが多いようですが、

中国の代行業者によっては5000で計算している場合もあるので、
各業者の送料計算の案内を必ずチェックするようにしてください。

 

基本:「たとえ軽くても、外箱の三辺のうちどれかが長い商品は仕入れをしない」

 

自分が小さいと思っていた商品でも、意外と大きな場合もあるので、
大きさの判定には十分注意しましょう。

さらに、長い、大きい商品の場合は、国際配送時でも
アマゾンで販売する際(※1)にも多めの経費が取られます。

(※1)商品1点の三辺が45×35×20cm以内より大きいと大型商品となります。
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200315800

 

参考)容積重量自動計算ツール

172

173

 

奥行き、幅、高さを入力し、計算するをクリック。
実重量と体積重量を比べて数値の大きい方が最終重量となります。

 

174

 

アマゾンFBA納品の際に使用できる輸送箱のサイズは
最大で50cm x 60cm x 50cmですが、
その場合の体積重量は30kgとなります。

 

商品個々のサイズではなく、輸送箱のサイズを元に計算されるのがポイントです。
軽くて薄い商品だとかなりの割合で体積重量が適用されることが多いと言えます。

 

事例) ランドセルのように空洞がある商品の場合
6個で6kg=1個1kgなのに、体積重量19 Kgとなる
=1個当たり3.2kg計算になります。

 

175

176

 

実際は外箱に入れられていることも多いので、
商品実寸より一つ一つのサイズは大きくなります。

 

ここで注視すべきは体積重量が適用されるかどうかではありません。
「日本に届くまでの配送経費が、利益を得るために妥当かどうか?」
いう点が重要となります。

結果的に配送経費がいくらかかったのかについて毎回把握して、
売値に対してどのくらいの割合なのか?について確認しておくのが重要となります。