今や世界中からさまざまな商品を
個人でも簡単に輸入することができる
時代になりました。

 

特に中国のタオバオ、アリババ、
アリエクスプレスでは、
ないものはないというくらい
日本以上の商品数を誇ります。

 

商品は何でもあり、
簡単に輸入はできますが、
だからといって、そんな商品でも
輸入できるわけではありません。

 

ここでは、海外から輸入する際に
絶対に輸入してはいけないもの(輸入禁止品)
さらに、輸入に際して注意が必要な商品
について説明していきます。

 

 

輸入が禁止されているもの

 

以下のものについては、
関税法でその輸入が禁止されています。
(関税法第69条の11)

 

これらの禁止されているものを輸入した場合には、
関税法等で処罰されることとなります。

 

1  麻薬及び向精神薬、大麻、あへん及びけしがら並びに覚醒剤(覚せい剤原料を含む。)並びにあへん吸煙具

 

2  指定薬物(医療等の用途に供するために輸入するものを除く。)

 

3  拳銃、小銃、機関銃及び砲並びにこれらの銃砲弾並びに拳銃部品

 

4  爆発物

 

5  火薬類

 

6 化学兵器の禁止及び特定物質の規制等に関する法律第2条第3項に規定する特定物質

 

7  感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第6条第20項に規定する一種病原体等及び同条第21項に規定する二種病原体等

 

8  貨幣、紙幣若しくは銀行券、印紙若しくは郵便切手(郵便切手以外の郵便料金を表す証票を含む。)又は有価証券の偽造品、変造品及び模造品並びに偽造カード(生カードを含む。)

 

9  公安又は風俗を害すべき書籍、図画、彫刻物その他の物品

 

10  児童ポルノ

 

11  特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、回路配置利用権又は育成者権を侵害する物品

 

12  不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為(これらの号に掲げる不正競争の区分に応じて同法第19条第1項第1号から第5号まで、第7号又は第8号に定める行為を除く。)を組成する物品

 

(注) 上記のほかに薬事法、植物防疫法、
家畜伝染病予防法においても輸入が禁止
されているものがあります。

 

上記の商品は

「銃などの武器」
「覚せい剤などの麻薬」
「児童ポルノなどのわいせつ物」

 

などですから、輸入できないというのは
常識ですし、これをお読みの皆さんは
絶対に輸入はしないと思いますが、
気をつけなければならないのは11です。

 

ちょっと難しい書き方なのでわかりづらいですが、
簡単に言うと「コピー品」です。

 

ブランド物などのコピー品を仕入れることは
禁止となっています。

 

これも知識としてはわかっていても、
中国などからの仕入れでは注意が必要です。

 

さらに、違法ではないと称して販売されている
「ハーブ」「アロマオイル」「バスソルト」なども
注意が必要です。

 

そういった商品の中には「麻薬」や「違法ドラッグ」
に該当する成分が含まれている可能性もありますので
十分に注意してください。

 

輸入に関する制限の詳細、他法令については、
輸入を予定している税関
または最寄りの税関に問い合わせてください。

 

<参照・問い合わせ先>

 

 税関 輸出入禁止・規制品目  

 

 輸出入通関手続や税番・税率等に関するお問い合わせ
  

 

 

輸入はできるが国内法により輸入・販売する際に申請許可が必要なもの

 

ここからは、輸入は可能ですが、
輸入や販売の際に許可が必要な商品を
説明します。

 

薬事法

   ・医薬品
   ・医薬部外品
   ・化粧品
   ・医療機器

 

などを営業のために輸入するには、
薬事法の規定により、
厚生労働大臣の承認・許可等が必要です。

 

その他薬事法の詳細については
厚生省の以下のページでご確認ください。

 

<参照・問い合わせ先>

 

厚生省 医薬品等の個人輸入について

 

 

電気用品安全法 PSEマーク

 

 

「電気用品安全法」は電気製品が原因の火災や
感電などから消費者を守るために施行された法律です。

 

日本国内で使用されるほとんどの電気製品が
対象となる安全規格です。

 

輸入電化製品もほぼすべての商品に
PSEマークが必要になると考えた方がよいでしょう。

 

PSEマークを取得するには、
多額のお金と時間が必要となるため、
個人輸入業者が取得するのは厳しいのが現状です。

 

もし、本格的に多数の商品を
輸入・販売する場合には検討してください。

 

 

<手続き方法>

 

電気用品安全法について

 

もし、PSEマークを取得せずに販売し、
その商品によって事故などがあった場合、
多額の罰金や賠償金が科される可能性があるので
注意が必要です。

 

実態としてAmazonではPSEマークを取得せずに
販売されている商品があります。

 

最近では厳しくなっており、
PSEマークを付けていない商品の出品は
取り消されることもあります。

 

該当ジャンルの商品はやめておいた方が無難でしょう。

 

 

<問い合わせ先>

 

経済産業省 電気用品安全法 のページ

 

技適認証

 

 

技適マークは、電波法令で定めている技術基準に
適合している無線機であることを証明するマークで
個々の無線機に付けられています。

 

技適マークが付いてない無線機を使用すると
電波法違反になる場合があります。

 

無線機など輸入する予定がないから大丈夫
と考えていると大きな落とし穴が待っている
可能性もあります。

 

というのも、技適マークに関連する商品は
以下のものがあるからです。

 

 ・無線機器(トランシーバー)
 ・Bluetooth搭載商品、ベビーモニター、コードレス電話機、ワイヤレスカメラ・・・etc

 

最近では、スマホなどの普及により
Bluetoothを使った商品が激増しています。

 

しかもすごく売れているので、
何も考えずに仕入れてしまう可能性もあります。

 

くれぐれも気をつけてください。

 

<参照・問い合わせ先>  総務省

 

技適マーク、無線機の購入・使用に関すること

 

 

 

食品衛生法

 

 

食品を輸入する予定の人は
ほとんどいないと思いますが、
実は食品衛生法も注意が必要です。

 

というのは、食品衛生法に関連する商品は
以下のようなものがあるからです。

 

 ・販売、又は営業上使用する全ての食品
 ・添加物
 ・器具(食器、調理器具)
 ・容器包装
 ・乳幼児向け商品・玩具
 (乳児が口にする恐れがあるため)

 

つまり、食品だけでなく、食器や容器、
さらに乳幼児向けの商品も該当します。

 

乳幼児向けの商品もよく売れるので、
食品衛生法に該当しないかどうかは
必ず確認するようにしましょう。

 

なお、これらの貨物を輸入しようとする場合は、
検疫所に「食品等輸入届出書」を提出し、
食品衛生監視員から交付を受けた
届出済印等が押なつされた「食品等輸入届書」を
税関に提出し確認を受ける必要があります。

 

確認を受けた後でなければ輸入は許可されません。

 

食品衛生法に基づく輸入規制の税関における確認内容

 

 

消費生活用製品安全法

 

 

「ヘルメット」も輸入や販売に関しては
注意が必要です。

 

 

PSCマークのない乗用ヘルメットを販売することは、
日本の法律で禁止されています。

 

 

<参照・問い合わせ>

 

経済産業省
国による消費生活用製品の安全規則(PSCマーク制度)

 

 

他にも以下のような商品が該当します。

登山用ロープ
ライター
乳児用ベッド  など

 

 

その他 輸入する際に注意が必要なもの

 

ここで説明するのは、輸入はできますが、
輸入する際の注意が必要な商品です。

 

航空便では輸入ができないもの

 

以下の商品は、航空便では扱えない商品です。

 

電池(バッテリー)

家電

モーター

機械類

液体・粉末

磁石

卓球ボール など

 

取り扱い各社によって多少異なりますが、
火事などの恐れがあるため
規定上は扱うことができません。

 

※液体が入っている商品は意外とあるので注意!

 

日本郵便

DHL

 

 

リチウム電池

 

 

上記の中で特にリチウムイオン電池に関する商品は
非常に多いので、注意が必要です。

 

以下を参考にしてください。

日本郵便

 

コピー品

 

先ほども説明しましたが、
キャラクター商品や偽ブランドのコピー品
知的財産に触れる商品を輸入・販売するのは、
犯罪行為のため厳禁です。

 

さらに、世界的に知名度が高いブランド品などは
たとえ本物でも、輸入できない場合があります。

 

メーカーの輸出入の許可証が必要となる場合が
あります。

 

コスプレ関連

 

コスプレ関連商品は非常によく売れるので
扱いたい人も多いでしょう。

 

コスプレを販売する際に問題となるのが、
著作権法、商標法、不正競争防止法です。

 

アニメなどに関連するコスプレ用品は
取り扱わないようにしましょう。

 

楽器(ギターなど)

 

「ワシントン条約」というと
全滅が危惧される動物に関する条約
と思われていますが、
植物も含まれます。

 

そのため、そのリストに入っているものを
輸入することは禁じられるなどの措置が
講じられています。

 

ギターでは、本体に使われる
ブラジリアン・ローズウッドや
ホンジュラス・マホガニーがリストに入っていて、
ギターの装飾につかわれる象牙や鼈甲などもそれに当たります。

 

ワシントン条約について

 

※なお電子楽器(キーボードなど)は
PSEマークに該当する場合があるので
注意が必要です。

 

 

サバゲー(ミリタリー)関連

 

こちらは最も判断が難しいです。

 

ただ言えることは
『武器』
『武器として使える』
『武器に付属するもの』
と判断されれば税関で止まる可能性が高いということです。

 

そうでなければ大丈夫と言えますが、
以前、3Dプリンターで銃を製造したということで
逮捕者が出たこともあり
税関が厳しくなっている情報も入っています。

 

 

中国税関で留め置かれる可能性が高い物

 

 ・IBMなどのPC、PC関連機器
 ・アップルマークがついているiphoneカバー
 ・欧州などのサッカーチームのマークが付いた
  ジャージやオリンピックマークがついているもの
 ・FIFAマークが付いたもの・・・など

 

世界的に認識されている公式のマーク付きのものは
偽物防止の為、留め置かれる可能性が高いようです。

 

 

まとめ

 

以上が輸入するにあたって禁止、
あるいは注意が必要な商品となります。

 

これだけを読むと、
輸入できるものがなくなってしまう
と考える方もいるかもしれません。

 

しかし、ここで書いたことに該当する商品は
ごくわずかです。

 

まったく問題なく輸入ができる商品は
山ほどありますので、そういう商品を
見つけて、どんどん仕入れていきましょう。