こちらで記載するタオバオ輸入とは、
中国最大のECサイトであるタオバオから商品を仕入れて、
ヤフオクやAmazon.co.jp、ネットショップなどで販売することを指します。

中国輸入は欧米輸入に比べると、少ない資金で
多くの商品を仕入れできるのがメリットです。

日本と中国の商品価格差も大きく、100円ショップや
ドンキホーテで売られているような商品の多くは、
日本で販売されている価格の1/10で中国の工場で作られています。

そんな安い中国商品を手軽に仕入れることができるのが、タオバオです。

タオバオ輸入ビジネスの考え方として、
「原価が安いので思い切りの良い仕入れができる」
という点があります。

欧米輸入だと1商品あたりの単価が高いので、
資金の少ない人にとっては不利ですが、中国輸入では
仕入れ資金が少なくても 多種類の商品を仕入れることができ、
リスク分散の観点からもメリットがあります。

例えば資金3万円だと、
欧米輸入では1点しか仕入れられないところ、
タオバオ輸入では安い商品になると100個以上も
仕入れることができてしまいます。

そうして様々な種類の商品を仕入れて、
テスト販売をしてみて売れたら大量仕入れを行います。

1商品あたりの単価は安いですが、
売れるとわかった商品について幅広く 商品種類を揃えて売ることで、
薄利多売で利益を出すビジネスモデル になります。

それがタオバオ輸入です。

タオバオは、中国語で『淘宝网』(淘宝網)と表記します。
正確な読み方は「タオバオワン」です。

淘宝网(タオバオワン)
http://www.taobao.com/

6

タオバオは、ヤフオクと同じように個人や法人が出品できます。

オークションサイトという形式をとっていますが、
現時点では基本的に表示されている価格で購入することができます。

タオバオで商品を購入する際には、『支宝付』(アリペイ)という
電子決済サービスに登録が必要となります。

今ではクレジットカードがあれば
中国の銀行口座はなくても決済ができるようになりましたが、
やはり言葉の壁が大きく直接購入は難しいです。

当面の間タオバオでの購入は、
基本的に「購入および配送代行業者」を通す方が、
何かとメリットがあります。

代行業者を通せば、タオバオに会員登録をしなくても
代行業者が持っているタオバオのアカウントで
購入してくれるので問題ないです。

タオバオから商品を仕入れて販売するにおいて、
基本的な流れは以下のようになります。

6-1