これから中国仕入れを続けていく中で
利益が出ずにプラマイゼロになってしまう商品があります。

たとえば、仕入れをして商品が届くまでの間に
予期しない価格競争が起こってしまったり・・などです。

(ただし、これも事前に防ぐためのリサーチが必要)

それは、大規模でアマゾン販売をしている
僕でもそうです。

なんらかの要因で予想した通りに売れず、
利益を乗せずにすぐ売りさばくことがあります。

・・でも、モチベーションは一切下がりません。

なぜなら僕は「トータル」で考えているからです。

もちろん、一個一個の売上も大事ですよ。
利益を出せるかどうかは、
それらの積み重ねの結果ですから。

でも、もっと大事なのは
最終的にプラスになっているか?
ということです。

一定期間内で、利益がどのくらい出ているか、
その結果を重視しなければなりません。

極端な例ですが、その根本は
株のトレードと同じです。

一回一回の取引の結果も大事ですが
稼ぎ続けている熟練のトレーダーたちは
毎回の取引では一喜一憂しません。

たとえ一取引がマイナスになっても
その分析をして、フィードバックをするだけ。

資産を減らすトレーダーは、
損をするとそこでマインドがぶれてしまい
次のトレードでもまた失敗してしまいます。

気持ちがブレないのは
結果的に損益がプラスになればOK
という、徹底したスタンスが根底にあるからです。

物販でも、その都度の売上の損益結果を見て
もしマイナスならば、その原因を見つけて
かならずその後の行動にフィードバックしてください。

同じことを何度も繰り返すのは
バカらしいですからね。

そして、以前もお伝えした通り
リスクをできるだけ減らすために
最初の仕入れは数個から、
少量の仕入れをしなければなりません。

分かりやすいのは、「3ヶ月単位」で見ていく
やりかたです。

仕入れた商品は、ひと月だと難しいですが
長くて3ヶ月あれば売れ行きが把握できます。

その期間毎で、収益がどうだったか、
何がいけなかったのかを考えるクセをつけてください。

まずは、3ヶ月間で
自分の収益がどうなるのか、総体的に考えてみましょう!