カトウです。

 

 

バリから帰ってきました!

elephant-592793_640
しかし、風邪も一緒に連れ帰ってしまいましたっ!

 

 

咳がひどいのでマスク生活してますが
早く治さねば、この季節にマスクはまるで変質者ですよ 笑
さて、バリ島やプーケットなど
こっち系のビーチエリアに行くたびに思うことがあります。

 

 

それは

 

 

「自分のマインドなんて、いとも簡単に塗り変えられてしまう」

ということ。
バリ島の人たち(特に男性)は
のんびりした文化な上、今は失業率も高くなり
仕事にもあぶれている人が多い。

 

 

だから昼間っから友だちとダベったり
座り込んでボーッとスマホいじっている人がそこら辺にいます。
最初は、もし自分だったら退屈すぎてキツイよなー
とか思うんです。

 

 

でも、
そういう人たちを毎日毎日見ていると
不思議なもので、そういうのんびりした人生もいいかな・・・
なんてちょっぴり思ってきちゃう。
これがまた本当にキケンな罠で、
実際はそんな人生、いいわけないんですよね。

 

 

だって、カトウはインドネシア人ではない。
バリに住んでるわけでもないし
まったく条件が違う。

 

 

でもずっとバリの人たちを目にする環境にいると
頭のなかで、そんな駄目な考えが徐々に大きくなって
正当化されていくんです。
こうやって、どんなに強い気持ちを持っていても
周囲の環境というのは、あなた自身の言動に
深く影響をおよぼします。

 

 

脳の”ミラーニューロン”と呼ばれる仕組みを
知っている方も多いですよね。
https://goo.gl/E4Kk0W
そう考えるともちろん、
いつもあなたが会う人たちからも影響を受けている。

 

 

「自分が今、親しいと思える5人の平均年収が
あなたの年収になる」なんて言葉もあるくらいだし。

 

 

ここまで来るとイヤらしいので
カトウは好きではないが、少なくとも
自分にプラスになっていない人が周囲にいるのなら、
まずその環境を変える努力をしないといけない。
あなたのやっていることに対して否定的な
人に囲まれていたとしよう。

 

 

その場合は、あなた自身に
相当に強力な動機付けができていないとキツイ。

 

 

だっていつも抵抗されるから、
自分の中で次第に「やっぱりやらなくてもいい理由」
を探し始めるんです。
自分の都合のいいようにね。
距離を置く置かないはともかくとして
大事なのは、この事実をしっかりと頭に入れておくことだ。

 

 

あと、
バリ島は楽しいから、あなたもぜひ行ってみるべき!

 

 

 

<追伸>

無料相談会、やってます。
中国輸入ビジネスの大きな可能性について
一気に知りたい方はカトウに会いに来てください。

詳細
https://katosatoshi.jp/blog/archives/2461

<追伸2>

仕入れ候補リサーチ→ 中国仕入れまでの道のりを
ショートカットするサービスがあります。

初心者の方はこれで稼ぐきっかけを掴んでください。

(初回に限り無料)
http://www.china-trim.net/