「詐欺だ!稼げなかった!」と騒いでいる人の5つの特徴

転売の塾やセミナーって山ほどありますが、実際、儲かるのかってものすごく気になりますよね?

そして、ネットで検索すると、大半の塾やセミナーに貼られたレッテルは『詐欺』という言葉。

どれを信じたらよいのか・・・って途方に暮れちゃいますね。

 

確かにいいかげんな情報やあまり儲からないと思われる内容の塾やセミナーがあるのも事実でしょうが、間違いなくしっかりした内容の塾やセミナーがあるのも事実。

なのに、「騙された」とか「儲からない」の声ばかり。

なかには、「詐欺だ」と騒ぐ人も出てくるしまつ。

 

本当に詐欺だったら、ネットで騒いでいる場合じゃなく、警察や弁護士に相談すべきですよね。

 

そもそも、本当に騙されたのか、本当に詐欺なのか?

 

それは、転売塾やセミナーの内容に問題があったんではなく、受講した、その人の取り組み方問題がある場合もあるんじゃないかと思うんです。

 

ここでは、塾やセミナーに入ったけれど儲からなかった、という人の特徴について説明します。

そこから、同じ過ちをせずに、確実に儲けられる人になるための方策を学んでください。

 

 

塾、セミナーに入ったことで儲かると勘違いしている

 

これが最大の理由だと思いますが、塾やセミナーに入ったことで、もう儲かるんだと安心してしまい、成果が出せないという人がほとんどだと思います。

たしかに、塾やセミナーのセールス文句として

「誰でも簡単に稼げる」

「3カ月後には月商100万」

「高額所得者を続々輩出」

などと書かれているので、自分もそうなるんだと思うのはわかります。

 

でも、ちょっと考えてください。

有名な進学塾や予備校でも「東大合格者の○%が当校出身」とか「偏差値30アップが続々」「東京大学合格○名」など広告でガンガン謳ってますよね。

じゃあ、その予備校に入って、「ぼくはもう東大に合格できるんだ」と安心して、勉強をしなかったらどうなります?

 

当然、不合格ですよね。

では、そういう人が予備校に対して「詐欺だ」なんて騒ぎ立てますかね?

もし、そんなことで文句を言っても、周りから失笑されるだけですよね。

 

転売塾も同じなんですよ。

どんなにすごいノウハウだとしても、それを実践しない限りは絶対に儲かりませんし、塾に入っただけで儲かるなんてありえません。

 

塾側も「誰でも簡単に」を強調しすぎることが多く、誤解を招いているのも確かに問題です。

「誰でも」稼げるのは、どんなノウハウでもおそらく可能でしょうが、

「簡単に」稼げるというのは、ほとんどのノウハウでは難しいのも事実です。

 

転売は物を売る『商売』です。

どんな商売でも軌道に乗ってしまえば、スイスイと儲かりますが、そこまでのシステムや流れを作るのは容易ではありません。

やはり、時間や手間がかかりますので、簡単にというのは誤解を招いてしまいます。

 

いずれにせよ、どんなにすばらしいノウハウでも、それを実践しなければ絶対に成果はでませんし、

商売は簡単には儲からない、ということを肝に銘じてください。

 

そして、絶対に儲かるノウハウはありますし、儲かっている人は山ほどいます。

それをこつこつと実践できるかどうか、それが重要なのです。

 

 

言い訳が多い

 

転売塾やセミナーに入ってうまくいかない人の特徴で次に多いのが「言い訳をする」です。

ノウハウを実践しなかった人にその理由を聞くと、多くは

「仕事が忙しかった」

「時間がなかった」などの理由を挙げる人が多いんです。

 

でも、それってやる前からわかっていたことじゃないでしょうか?

たいていの人は、副業として始めるので、そう言ってしまえば、全員が忙しいし、時間がないはずです。

 

それでも、成果を出す人は、休みを利用したり、寝る時間や休息の時間を削って作業を行っているのです。

 

次に多いのが「思っていたより難しかった」「もっと簡単にできると思っていた」という理由です。

これはたしかに事実かもしれません。

 

でも、さらに詳しく話を聞くと、

「パソコンの操作が難しい」

「Amazonのシステムが難しい」

などの理由を挙げる人がいるんですけど、それって塾やセミナーのせいではないですよね。

 

そこは個人個人で乗り越えなければならない技量なんですけど、それも全部、塾やセミナーのせいになってしまっている場合が見受けられます。

 

言い訳が多い人というのは、結局、うまくいかなかった理由を環境や周りのせいにしてしまっている人が多いんです。

 

逆に成果を出している人は、絶対に言い訳や人のせいにしたりしません。うまくいくかどうかは、全部、自分次第ということを自覚し、覚悟を決めて実践しているので、もうスタートラインから全然立っている位置が違うというわけです。

 

 

講師の言うことを聞いていない

 

 

次にうまく成果が出なかった人の話を詳しく聞くと、

ノウハウと違うことをやっている場合が多いのです。

つまり、自己流でやってしまっているんですね。

 

「こちらの方がいいと思った」

「自分なりに工夫をした」

という言葉は聞こえはいいんですけど、これは絶対に間違いです。

 

基礎をしっかり学び実践した人が行うのが『工夫』や『応用』です。

基礎も学んでないうちから、勝手に変えてしまうのは、自己流です。

 

そこを勘違いしている人が多いんですね。

自己流でやるんだったら、塾に入る意味はないわけで、最初から自分でやればいいんですよ。

 

スポーツでも勉強でもまずは徹底的に基礎を学びます。

スポーツでは、どんなベテラン選手でも基礎的なテクニックを反復して練習をしています。その後に各自の工夫や応用練習を行うのです。

 

まずは、ノウハウ内容を徹底的に読み、理解し、実践すること。

そうして基礎を学びます。そして、着実に成果が出てきたら、自分なりの工夫や応用をしていくべきです。

 

そこをしっかりやらずに、成果が出なかった、稼げなかったというのは、元来やり方が間違っているのです。

 

 

 

自分に合ってなかった

 

これは、そもそもの話なんですが、成果がでなかった人の言葉に

「自分のスタイルに合っていなかった」

「自分がやりたいことではなかった」という場合があります。

 

これは選び方の間違いです。

でも、その塾やセミナーを選んだのは本人ですから、誰のせいでもありません。

 

テニスをやりたかったのに、サッカースクールに入ってしまった・・・、だから詐欺だ、

なんて言っても相手にはしてもらえません。

 

転売というのは、1か月やって一生分稼げる、なんてバカことは絶対にありません。

長く続けていかなければならないものです。

 

ということは、できるだけ興味があること、長く続けられそうなことに取り組むべきだと思います。

そして、長く続ける覚悟がなければ、始める意味はないとも思います。

 

また、もともと興味がなかったことでも、やっているうちに楽しくなったり、やりがいを見つけられるものです。

 

だいたい会社に勤めている人の何%が本当にやりたい仕事につけたんでしょう。

たとえ、希望の会社に入ったとしても、自分がやりたい部署に就けるかどうかもわかりません。

 

それでも、やり続けていくうちに、楽しさややりがいなどを見つけていくのではないでしょうか。

ちょっとだけやって、合わなかったというのは違うんじゃないかなと思うんです。

 

自分に合わなかったということを言い訳にして、

結局は根気がなかったり、そこまでのやる気がなかっただけではないでしょうか。

 

それを周りや人のせいにしても、自分の成長には全然つながらないということに気づくことが重要なんです。

 

 

 

人と比較ばかりしている

 

 

 

最後に説明するのは、人と比較ばかりしている人はうまくいかないということです。

セミナーや塾では、成果報告がよくおこなわれます。でも、これは競争や比較をするためではないです。

 

 

目標だったり、

自分もこうなれるんだという希望だったり、

よし頑張ろう!!!

という刺激のための成果報告です。自慢や比較では絶対にありません。

 

そもそも転売塾は中学校や高校のような学校ではありません。

そういう学校なら、生徒の生活環境なども似かよっていますから、ほぼスタートラインは同じでしょう。

 

しかし、転売塾の塾生は、おのおの生活環境がまったく違います。作業に使える時間も日数も大きな差があります。
 

 

転売の経験も結構ある人から、まったくの素人の人もいるでしょう。さらに、転売に必要な仕入れ資金にも大きな差があるはずです。

 

スタートラインがまったく違うわけです。そんな状態で、人と比較してもまったく意味がないわけなんです。

 

なのに、

人と比較ばかりして自分はダメだと考えたり、

自分には無理だとあきらめたり、

自分には合わなかったと、

そんな考えはナンセンスだと気付くべきです。

 

それぞれのペースで進んでいけばいいのです。

 

早く成果が出たからと言って、それだけで優秀なわけでもありません。

失敗を繰り返しながらも地道に歩んでいる人の方が結局は稼ぐようになるというのはよくあることです。

 

人と比較して考えるのではなく、自分自身がどう取り組んでいるのかを考えることが重要なのです。

 

 

 

まとめ 転売で稼げる人になるために

 

 

転売で稼げるようになるためには、ここまでに説明した逆のことをすればいいわけです。ということで、まとめてみました。

 

 

塾やセミナーに入っただけで儲かるわけがない。地道な実践、努力がなければ、絶対に儲からない。

うまくいかないことを環境や人のせいにしてもいいことは何もない。言い訳をしても自分のためには何もならない。

塾やセミナーの内容をしっかり読み込み、まずは基礎を学ぶこと。自己流や勝手なやり方をするなら塾に入る意味がない。

塾を選ぶのは自己責任。自分に合うかどうかしっかり見極めること。また、合うか合わないかの結論はしっかり実践してからでも遅くはない。まずはやってみること。

人と比較しても意味がない。周りと比べるのではなく、自分自身、自分の取り組み方をしっかり見つめることが重要。

 

 

他にも失敗してしまう人の特徴としては、

『受け身なだけの人』

『批判的な人』など

いくつか挙げられますが、今回は特に重要な要素について説明しました。

 

耳が痛い内容や厳しい表現もあったかもしれませんが、転売は昔ながらの商売が場所を変え、形を変えただけなんです。

 

そう考えれば、決して楽に稼げるはずはないということがわかってもらえるかと思います。

そして、せっかく高いお金を出して塾やセミナーに入るならば、こういう心構えをしっかり持ったうえで、取り組んでもらえれば、失敗しないし、出した費用の何倍にもなって返ってきます。

 

参考にしてただければ幸いです。最後までお読みいただきまして、誠にありがとうございました。