2019年の春節前に、特別にご招待いただき、

あの「アリババ」の本社と関連企業に視察に訪れました。

 

アリババの本社内に訪れた日本人は

まだほとんどいないそうです。

 

上海から車で3時間ほどの場所

「杭州」という市にアリババの本社があります。

 

この杭州という都市、

アリババが来るまではごく一般的な都市でした。

 

それが、アリババが本社を構えてからというもの

国内外のIT企業が集まることで

急速に中国有数のハイテクIT都市に

変貌を遂げました。

 

アリババグループは

日本人には馴染みがないのですが、

アリババ、タオバオ、Tmall、アリエクスプレスなどを運営する

世界No.1規模のEコマース企業です。

 

こちらの図のように

アメリカAmazonの流通額を余裕で上回っています。

 

ちなみにアリババ社員の平均年収は

日本円で1000万円超えで、

(中国の平均年収は、いまだ日本の半分以下)

中国各地から来たエリートばかりだそうです。

 

日本で言うとGoogleに就職したのと

同じ感じでしょうか。

 

これが本社の模型。

実際に敷地内を歩いて回りましたが

かなり広大でした。

 

エントランス付近。

 

これを首からぶら下げます。

 

謎の像。

「すべてをさらけ出す」という

姿勢の現れだそうです 笑

 

車内にあるスターバックス。

創業者ジャック・マー氏も

たまに訪れるという。

 

社員食堂。

中華料理だけじゃなく、

韓国、日本とセクションごとに

料理を出す場所がありました。

 

日本企業のタオバオ、アリババサイトへの出店に関する

説明をしていただきました。

 

アリババの他、タオバオのライブコマース企業にも

視察に行きました。

 

このような撮影ブースが

20部屋以上並んでいました。

 

ちなみに、2018年の

中国ライブコマース市場はおよそ2兆円です。

 

ライブコマース市場だけで、日本Amazon全体の売上高

約1、5兆円を超えています。規模が違いすぎますね…

 

お次は、Tmall(天猫)の

販売代行をしている企業に伺いました。

こちらは上場もしていて、かなり業績が良さげでした。

 

社員の顔写真。

なんだかおしゃれですね。

 

その他、色々と画像があるんですが、

現段階では出せないものが多いので

ここまでとさせてもらいます。

 

今回の来訪で、中国市場は

日本の10倍以上のチャンスが眠っているのを

体感することができました。

 

また機会があれば、続報をお届けしますね!

 

加藤さとし加藤さとし

「我が社の商品を中国市場で販売したい…」そんな希望を持たれている企業様がいらっしゃれば、販売代行会社へご紹介可能ですので一度お問い合わせください。