2019年の春節前に、中国の杭州に

視察に行ってきました。

 

上海から車で3時間ほどの場所

杭州という市にアリババの本社があります。

 

その昔、栄えていたことで有名でしたが

アリババが来るまではごく一般的な都市でした。

 

それが、アリババが本社を構えてからは

急速に中国有数のハイテクIT都市に

変貌を遂げました。

 

アリババグループは

日本人には馴染みないですが、、、、

余裕でAmazonの流通額を上回る

No.1 Eコマース企業です。

 

本社社員の平均年収は

日本円で1000万円超えで

各地から来たエリートばかりだそう。

 

これが本社の模型。デカすぎです・・・

 

エントランス付近。

 

これを首からぶら下げます。

 

謎の像。

「すべてをさらけ出す」という

姿勢の現れだそうです 笑

 

車内にあるスターバックス。

創業者ジャック・マー氏も

たまに訪れるという。

 

社員食堂。

中華料理だけじゃなく、

韓国、日本とセクションごとに

料理を出す場所がありました。

 

taobao.comへの進出に関する

説明を受けました。

 

アリババの他、ライブコマース企業にも

視察に行きました。

ちなみに、2018年の

中国ライブコマース市場は2兆円。。。

 

 

Tmall(天猫)の関連企業。

上場もしていて、かなり業績が良さげでした。

社員の顔写真。

なんだかおしゃれですね。

 

その他、色々と画像があるんですが、

現段階では出せないものが多いので

今はここまで!

 

とにかく、中国市場はチャンスだらけです。

また続報をお届けしますね。