オリジナル商品Amazon物販の専門家 加藤さとしです。

 

アマゾン出品時にかかる手数料がよく分からないけど、
とりあえず仕入れて出品してみよう!

もしそう思っているのであれば、

今すぐこの記事を読んでおかないとキケンです。

 

なぜなら、

アマゾンの各手数料を事前に把握しておかないと、

大きく損をしてしまうリスクががあるからです。

 

手数料を軽視して、ドンブリ勘定をしていたせいで、

実際は利益がまったくなかった・・・

なんてことも実際によくある話。

 

 

もちろん、アマゾンの手数料については

公式サイト内に記載されています。

 

でも、項目が多く分かれているうえに

プラン・商品の種類・重さ等などで変わるため、

計算するのが非常に面倒です。

 

しかし、アマゾン出品で利益を出すには

手数料を正確に把握しておくことが超重要。

 

どれだけ良い商品を売っても、

正確な手数料計算ができなければ

どうなるでしょうか?

 

利益<費用となり、

売れば売るほど赤字になる・・・

という可能性もありますよね。

 

この記事を読んでもらえれば、

アマゾンへ出品する際にかかる手数料について、

初心者の方にもサクッと理解してもらえますよ。

 

加藤さとし加藤さとし

最初は複雑に見えるAmazonの手数料ですが、一度知ってしまえばなんてことはありません。今後のためにも、最初から順番通りじっくりと目を通していってください。

 

超重要!アマゾン出品・販売手数料の一覧

 

まずは、アマゾンへ出品・販売時にかかる

費用となる手数料一覧を見てみましょう。

 

この内容は、今後Amazon物販で稼ぐなら

絶対に頭に入れておくべき重要情報です。

 

※(3)は商品の種類による

 

商品保管、配送、カスタマーサポートを代行してくれるサービス

「FBA」を利用して商品を販売する場合、

(1)〜(5)は、ほぼ100%発生します。

 

(6)以降は必要な際に発生しますが、

(8)は商品の種類やサイズによって

高額な費用が発生するケースがあるので、

頭に入れておきましょう。

 

次章からは、各手数料を見ていきます。

 

自分の商品の場合、どの費用がかかるのか

チェックしてみてください。

 

アマゾンでは「大口出品」「小口出品」でかかる手数料が違う

 

アマゾンで商品を売るには

  • 大口出品
  • 小口出品

 

上記どちらかの出品プラン

(アカウント)を選ぶ必要があります。

 

大口出品と小口出品の違いは

以下のとおり。

 

 

どっちがいいの?と思うかもしれませんが、

小口出品は様々な制限があるため、

大口出品よりも不利です。

 

特に、小口出品の大きなデメリットである

 

  • カートの獲得資格がない
  • 出品カテゴリーに制限がある
  • 新規出品ができない

 

といった点は、間違いなく

売上を伸ばす際の障壁になってしまいます。

 

つまり、

アマゾン物販を稼ぎたいなら

大口出品アカウントが必須ということですね。

 

大口出品と小口出品では、

それぞれ以下の手数料がかかります。

 

 大口出品小口出品
月間登録料or基本成約料月額4,900円1商品販売につき100円
販売手数料8〜45%
カテゴリー成約料80円〜140円

 

 

加藤さとし加藤さとし

最初は小口出品アカウントでもいいですが、オリジナル商品を登録する際には大口出品に切り替えましょう。なお、大口出品アカウントの登録時には本人確認があります。

 

アマゾンの出品プラン別で発生する「月間登録料」と「基本成約料」

 

大口出品アカウントでは、商品販売の有無に関わらず

月額登録料4,900円がかかります。

 

小口出品アカウントでは、商品を一個販売する毎に

基本成約料100円が発生します。

 

そのため、単純計算をすると

毎月の販売数が50個を超える場合は

大口出品の方がお得になります。

 

アマゾンで商品を販売した時にかかる「販売手数料」

 

販売手数料は、大口出品・小口出品、

いずれの場合も商品販売時に発生します。

 

金額は、出品する商品のカテゴリー

によって変動します。

*販売手数料=商品代金の総額×販売手数料率

 

商品カテゴリー販売手数料率
Kindle アクセサリ45%


CD・レコード
ビデオ・DVD
PCソフト
ペット用品
DIY・工具
産業・研究開発用品
ジュエリー
ベビー&マタニティ
服&ファッション小物
シューズ&バッグ
その他のカテゴリー
文房具・オフィス用品(電子辞書・関連アクセサリーは8%)
TVゲーム(ゲーム機本体は8%)

腕時計海外ブランド【(並行輸入品)、国内ブランド(逆輸入品)は6%】

ホーム【家具・インテリア・キッチン】(浄水器・整水器・生活家電は10%)

15%
エレクロトニクス、カメラ、パソコン)付属品10%(最低50円)
ドラッグストア
スポーツ&アウトドア
カー&バイク用品
ホームアプライアンス
おもちゃ&ホビー
ビューティー(一部ブランドは20%)
食品&飲料(ビール・発泡酒は6.5%)
10%
エレクトロニクス (AV機器&携帯電話)
カメラ
パソコン・周辺機器
楽器
大型家電
8%

 

 

アマゾンでメディア商品が売れると発生する「カテゴリー成約料」

 

この記事を読んでいる人には

無関係だと思いますが、

メディア商品(本、ミュージック、ビデオ・DVD)

の販売時には、カテゴリー成約料が徴収されます。

 

金額は、商品カテゴリーによって

以下のようになります。

 

商品カテゴリーカテゴリー成約料
書籍80円
ミュージック、DVD、ビデオ(VHS)140円

 

 

アマゾンの「FBA」を使うと必ず発生する2つの手数料

 

アマゾンには、

FBA(フルフィルメント by Amazon)

という便利なサービスがあります。

 

FBAはアマゾンの倉庫に商品を送ると、

在庫の管理から、注文が入った時の発送、

返品対応までアマゾンが代行してくれる

素晴らしいサービスです。

 

このサービスを利用すれば、

在庫の保管場所を確保する必要がなくなり、

また発送作業やクレーム対応といった

利益に直接結びつかない部分にかける時間を

極限まで減らすことができます。

 

さらに、FBAを利用している場合、

商品に「prime」マークが付くため

ユーザーからの信頼度が上がり

購入につながりやすくなるという

メリットもあります。

 

そんなFBAを利用するには

もちろんお金がかかります(^^;)

 

FBAの手数料は、以下の2つから

構成されています。

 

  • 配送代行手数料
  • 在庫保管手数料

 

この2つの手数料について解説していきましょう。

 

1.アマゾンFBA倉庫での配送作業にかかる「配送代行手数料」

 

「配送代行手数料」は、

出荷・梱包・配送

といった作業にかかる手数料で、

商品が売れた時に初めて発生します。

 

少し前までは、出荷作業代行手数料と

発送重量手数料に分かれていましたが、

2018年4月の手数料改定で

「配送代行手数料」に統合されました。

 

配送代行手数料の金額は、

以下4つの商品区分によって異なります。

 

※「小型で低単価の商品」の販売価格上限は1,400円

 

小型・低単価商品のAmazon手数料

 

取り扱う商品が

  1. メール便サイズ
  2. 販売価格1,400円以下
  3. 重さ950g以下
  4. 過去4週間で25個以上の販売実績

 

この4つの条件を満たす場合、以下の

「小型・低単価の商品」の安い手数料で

販売が可能になります。

 

商品販売価格400円以下401円〜600円601円〜800円801円〜1,400円
寸法①30×23.5×2.3cm以下119円139円159円179円
寸法②20×17×3.3cm以下129円149円169円199円

 

 

ただし、この手数料を適用させるには

「FBA小型・軽量商品プログラム」

への申請が必要です。

 

申請しない限り、上記条件を満たす商品でも

「小型商品」の料金が適用されてしまうのでご注意を。

 

小型商品のAmazon手数料

寸法25×18×2.0cm未満
商品+梱包資材の重量250g未満
配送代行手数料/個252円

 

「小型商品」の配送代行手数料は

すべて1個あたり一律252円となります。

 

このように「梱包後のサイズと重量」によって

配送代行手数料は変動します。

 

ここで注意すべきは、

梱包後のサイズ、梱包後の重量

どちらかが規定を超える場合、

小型商品としては見なされず、

上位の商品として見なされる点です。

 

加藤さとし加藤さとし

たとえ軽い商品であっても、ポスターのように折り曲げられず一辺が長い商材は手数料が高くなってしまうので要注意です!

 

標準商品のAmazon手数料

寸法33×24×2.8cm未満60cm未満80cm未満100cm未満
商品+梱包資材の重量〜1kg〜2kg〜5kg〜9kg
配送代行手数料354円397円419円490円

 

「標準商品」に該当する場合、

寸法と商品+梱包資材の重量によって

配送代行手数料は変動します。

 

大型商品のAmazon手数料

寸法60cm未満80cm未満100cm未満120cm未満140cm未満160cm未満180cm未満200cm未満
商品+梱包資材の重量〜2kg〜5kg〜10kg〜15kg〜20kg〜25kg〜30kg〜40kg
配送代行手数料565円678円764円889円940円983円1,393円1,569円

 

「大型商品」も標準商品と同様、

梱包後のサイズと重量によって

配送代行手数料は変動します。

 

なお、大型商品のサイズは200cm、

重さは40kgが上限です。

 

この上限を超える場合

FBAサービスは利用できません。

 

2.アマゾンFBA倉庫で保管している商品にかかる「在庫保管手数料」

 

「在庫保管手数料」は、

アマゾンの倉庫で保管されている

すべての商品に対して毎月発生する手数料です。

 

意識していないと気づきにくいのですが、

在庫期間が長く、大きなサイズの商品ほど

高額になるので注意が必要です。

 

在庫保管手数料は、

以下のように計算します。

ちょっと複雑ですね。

 

 在庫期間小型・標準サイズ大型サイズ
月額基準金額1月〜9月5.070円4.290円
10月〜12月9.000円7.615円

 

 

月額基準金額というのは、

在庫期間商品区分の2つによって変動します。

 

(例)在庫保管手数料の計算例

  • 商品サイズ(およそ):4×30×31cm(標準サイズに該当)
  • 在庫期間:4月1日〜4月30日
  • 保管日数:30日
  • 当月の日数:30日(4月は30日まで)
  • 月額基準金額:5.070円

 

計算式

5.070円×(4×30×31/10×10×10)×30/30
=5.070×3.72
=約18円

 

ちなみに、すでにアマゾンで販売中の商品なら、

FBA料金シミュレーターを使うことで

この「在庫保管手数料」も自動計算してくれる他、

各Amazon手数料を把握できるので便利です。

 

 

アマゾンFBAを使う際にかかる、その他手数料とは?

 

ここで紹介するAmazonの手数料は、

ケースバイケースで随時発生する

可能性があるものです。

 

アマゾンから商品の返送・所有権の放棄にかかる手数料

 

Amazonで商品を販売していると

販売不可となった商品在庫が増えていきます。

 

一番多いのは、「購入者からの返品」です。

 

そして、この返品不可商品についても

在庫保管手数料の対象となります。

そのため返送もしくは所有権の放棄を

なるべく早く取る必要があります。

 

そんな不良品に対して、

アマゾンの倉庫から自分の元へ返送してもらうか

所有権を放棄(=廃棄)してもらうか

どちらかを選ぶ必要があります。

 

この時、商品サイズによって

以下の手数料が発生します。

 

 小型・標準サイズ大型サイズ
返送51円103円
所有権の放棄10円21円

 

加藤さとし加藤さとし

販売個数が多ければそれだけ販売不可商品の発生数も比例して増えていくので、定期的にどちらかを実施しておきましょう。

 

ファッションカテゴリ商品で返品時にかかる手数料

 

これは、「ファッション」のカテゴリ商品のみ

かかる手数料です。

 

もし、30日間の返品送料無料期間内で

返品されてしまった場合は、

配送代行手数料と同額の

「購入者返品手数料」が発生します。

 

  • 小型商品:226円
  • 標準商品:360円
  • 大型商品:662~1,398円(サイズによって変動)

 

アマゾン倉庫で在庫を長期間保管している場合にかかる手数料

 

アマゾンの倉庫(Amazonフルフィルメントセンター)に

365日間以上保管している在庫品に対しては、

「長期在庫保管手数料」が徴収されます。

 

金額は、1,000立方cm3(10×10×10cm)あたり

月額17.45円です。

毎月15日に、在庫内のチェックが実施されます。

 

なお、長期在庫保管手数料の最低金額は

1点あたり10円となっており、

長期在庫保管手数料と最低金額10円の

いずれか大きいほうが適用されます。

 

加藤さとし加藤さとし

回転しない商品在庫を大量に保管しておくと長期保管手数料が無駄に発生してしまうので、Amazon倉庫に保管しておく在庫数は、3ヶ月間分ほどの販売数を維持しておくよう調整が必要です。

 

アマゾン倉庫への納品時に不備があった場合にも、手数料が取られます・・・ 

 

FBAサービスを利用するには、Amazonの倉庫へ

商品を納品することになります。

 

その際、納品ルールを守らないで納品すると

受け取り拒否をされてしまうか、

アマゾンの裁量で受領される場合があります。

 

この時に発生する費用が

「納品不備受領作業手数料」です。

 

金額は、ルール違反した内容や

初めてのルール違反なのか

2回目以降なのかで異なります。

 

問題のタイプ初回2回目以降
ラベルの貼付不備50円80円
ビニール袋での梱包が必要90円100円
エアキャップでの梱包が必要90円120円
テープでの梱包が必要50円80円

 

 

加藤さとし加藤さとし

FBA納品時の商品梱包は、ルールに則って正確に実施する必要があります。中国輸入であれば代行会社にFBA直接納品を依頼すればすべて任せられるので心配はいりません。

 

アマゾンにラベル貼り付け代行を依頼する時にかかる手数料

 

アマゾンは、ラベル貼付けを出品者の代わりに

行ってくれる「FBA商品ラベル貼付サービス」を

提供しています。

 

この時に発生する手数料は

以下のとおりです。

かなり割高なのでオススメしません。

 

商品サイズ1枚あたりの料金
小型・標準商品20円
大型商品50円

 

 

アマゾンの梱包準備サービスを利用した場合にかかる手数料

 

同じく、梱包をアマゾンが代わりに

行ってくれるのが「FBA梱包準備サービス」です。

 

この時に発生する手数料は

以下のとおりです。

これも割高なので、中国輸入には不要です・・・

 

商品カテゴリー小型・標準サイズ大型サイズ
袋入れ25円90円
テープ貼り20円50円
エアキャップ+ラベル貼り付け50円140円

 

 

アマゾンの経費・手数料を自動計算してくれる「アマテラス」

 

ここまで見てきたように、

アマゾンで出品・販売する際は

手数料が発生します。

 

さらに、商品を海外から輸入する場合は、

 

  • 仕入れ商品原価
  • 代行業者手数料
  • 国際関税
  • 国際配送料

 

こういった費用もかかります。

 

初めにお伝えしたとおり、

物販・転売ビジネスで利益を上げるには、

売上と手数料等の費用を正確に

把握することが必須ですが・・・

 

これらの費用をその都度計算するのは

正直言って、すごく面倒です。

 

しかし、加藤が開発した

AmazonSEO分析ツール&リサーチツール

アマテラス」なら、こういった経費計算を

一発で行うことができます。

 

 

アマテラスでは

  • Amazon検索順位の追跡
  • 売上・経費集計
  • 競合商品の調査

といった売上アップに欠かせない

様々な情報を効率的に取得できます。

 

アマテラスは、これからアマゾン販売に

本腰を入れていく方の強力なサポート役になるので、

ぜひ導入して売上アップを目指してください!

 

まとめ

 

今回はアマゾンの出品・販売手数料

について徹底的に解説しました。

 

各手数料を把握していると、

アリババなどで中国のオリジナル製品候補を

見つけた際、すぐに利益計算が可能になり、

ビジネスにスピードが生まれます。

 

今回の内容を再度読み返して

自分には何の手数料が必要なのかだけでも

理解しておいてください。

 

なお、アマゾンは手数料を定期的に改定します。

公式HPやアマゾンから来るメールは定期的にチェックして

おおよその手数料は常に把握しておきましょう。