Amazon出品アカウントの登録方法、やっておかないとマズイ初期設定とは?

 

ネット物販歴20年超えの専門家 加藤さとしです。

 

Amazon物販を始めるにあたり、

最初にやらないといけないのが

出品アカウントの登録です。

 

登録って面倒だし、難しくないのかなぁ?

と不安に思っている・・・

 

または、

 

登録を進めてるけど、よくわからない

部分があって困っている・・・

 

この記事では、そんな方たちに参考にしてほしい

Amazon出品アカウントの登録方法・流れ

について解説していきます。

 

記事内では、最初につまづきそうなポイントや注意点を

スクリーンショット付きで紹介しているので、

記事を事前に読んでおくことで

登録作業がスムーズに進むはずです。

 

さらに、出品アカウント登録後に必須の

初期設定(初期登録)についても解説します。

 

中には法律に関わる重要な登録項目もあるので、

ぜひ飛ばし読みをすることなく

最後まで読んでいただければと思います。

 

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-1

 

Amazon出品アカウント登録方法の

大まかな流れは以下のとおりとなっています。

 

①出品アカウント作成時に必要なものを用意

②出品アカウントの作成

③個人情報の登録

④クレジットカード情報の入力

⑤ストア情報の入力

⑥本人確認書類のアップロード

⑦Web面談の日程決定

 

 

①出品アカウント作成時に必要なものを用意

 

出品アカウント作成にあたり、まずは

以下の必要なものを準備しましょう。

 

  • Amazon購入用のアカウント
  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 本人確認用の書類(運転免許証orパスポート)

 

 

②出品アカウントの作成

 

必要なものが準備できたら、

アカウント登録作業に移ります。

 

最初にAmazon公式HPへ行き、

購入者用のアカウントでログインしてください

 

Amazon出品アカウントを作る際は

購入者用アカウントと紐付ける必要があります。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-2

 

購入者用アカウントの取得がまだの人は、

「アカウント&リスト」の「新規登録はこちら」

より取得を進めてください。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-3

 

購入者用アカウントでログインしたら、

「アカウント&リスト」→「アカウントサービス」

クリックします。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-4

 

次に「その他のアカウント」内にある

出品サービスアカウント」をクリックします。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-5

 

「さっそく始める」をクリックしてください。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-6

 

「Amazonアカウントを作成」をクリックします。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-7

 

名前、メールアドレス、パスワードを入力して、

「次へ」をクリックします。

 

メールアドレスですが、できればGmailなどで

Amazon物販専用のアドレスを取得、

設定しておくことをおすすめします。

 

このメールアドレスには、Amazonからの

重要な情報が届く場合もあります。

 

万が一、他のメールと紛れてしまうと

重要情報を見落としてしまう恐れもあるので、

専用アドレスを設定しておきましょう。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-8

 

入力完了後、設定したメールアドレスに

認証用のコードが送信されるので確認、

コードを入力して「アカウントの作成」を

クリックします。

 

Amazon出品アカウント登録方法の流れ-9

 

  • 事業所の所在地
  • 業種(法人、個人事業主等)
  • 氏名

 

それぞれ入力したら、

「同意して続行する」をクリックします。

 

 

③個人情報の登録

個人情報の登録-1

 

ここでは、

 

  • 国籍
  • 出生国
  • 身分証明証の番号、発行国、名前
  • 生年月日
  • 住所

 

を入力します。

 

身分証明証は、パスポート、運転免許証、

戸籍証明書のいずれかを選べます。

 

 

自宅住所の入力に抵抗がある場合の対処方法

 

Amazonで販売する際は住所登録が必須ですが、

副業でAmazon物販を始める人の中には

 

自宅の住所を入力するのに抵抗がある・・・

 

という人もいるのではないでしょうか?

 

特に、販売事業者として登録する「大口出品者」は

特定商取引法の関係で、氏名、住所等が開示され

誰でも閲覧できる状態になります。

 

もし自宅住所を載せたくないのであれば

バーチャルオフィスやレンタルオフィスを借りて

そこの住所を載せる方法もあります。

 

バーチャルオフィスやレンタルオフィスは

安ければ月額1,000円程度から借りられるので、

検討してみてもいいでしょう。

 

 

本人確認の実施

 

個人情報の入力が完了したら、

本人確認の実施を行います。

 

確認方法は「SMS」または「電話」の

2通りがあり、どちらを選んでも構いません。

 

個人情報の登録-2

 

たとえば、「SMS」を選んだ場合は

電話番号を入力後、「SMSを送信する」を

クリックします。

 

個人情報の登録-3

 

SMSで送られてきたワンタイムパスワードを入力後、

「検証」をクリックしてください。

 

個人情報の登録-4

 

「認証が正常に完了しました」と表示されたら、

「次へ」をクリックします。

 

 

④クレジットカード情報の入力

クレジットカード情報の入力-1

 

ここではクレジットカード情報を入力します。

 

Amazonで販売をする際は

月額料金や販売手数料等がかかり、

これらの料金をクレジットカードで

支払うことになります。

 

クレジットカードはできれば、

プライベートで使っているものとは

別のものを用意しておきましょう。

 

プライベートと事業用のものを分けておけば

日々の帳簿付けや確定申告の手続きが楽になりますし、

毎月のお金の流れも把握しやすくなります。

 

ちなみに、登録できるクレジットカードは、

AMEX、VISA、Mastercardのいずれかです。

 

JCBやダイナースクラブなどは

使えないのでご注意ください。

 

 

⑤ストア情報の入力

ストア情報の入力-1

 

ここでは、

 

  • ①ストア名
  • ②商品コードの有無
  • ③メーカーまたはブランド所有者の有無
  • ④ブランド商品登録の有無

 

を入力します。

 

ストア名は、最初は何でもいいですが

基本的に無難な名称にしましょう。

あと、アマゾン内にすでにあるストア名の場合

エラーが出て設定ができません。

 

②〜④に該当しない人は「いいえ」を選び、

「ストア名」のみを入力します。

 

 

ストア名の重要性と付け方について

 

ストア名は、Amazon商品ページや

出品者一覧ページに表示されます。

 

ここはユーザーがチェックする可能性もあり、

場合によってはストア名の付け方によって

売上が変わることもあります。

 

たとえば、あなたが腕時計用のベルトを購入したいと思い、

商品ページを見たところ、次のようなお店が表示されました。

 

直感的にどこから買いたいと思いますか?

 

①田中一郎のショップ
②aksjidfueirueu
③激安殿堂リサイクルショップ
④【創業80年】腕時計専門店の市原匠時計

 

たぶん、多くの人は④を選ぶのではないでしょうか?

 

ショップごとの価格差がない場合、

もしくは高価格のものを購入する場合などは

そのショップが信頼できるかどうか

といった点も購入材料の一つになります。

 

ストア名はショップの顔とも言え、

ユーザーはストア名を見て信頼できるかどうか

判断する可能性もあるので、適当に付けることは

絶対に避けなければいけません。

 

ストア名を付ける際のポイントですが、

以下の点を特に意識してみてください。

 

実際にありそうな店舗名にする

個人ではなく業者が運営している雰囲気を出す(◯◯ストア、◯◯ショップ、◯◯本舗)

特化した商品を売る場合は,そのジャンル名を記載して専門店っぽくする(ファッションストア◯◯、メンズアクセサリー専門の◯◯)

アピールポイントを併記(全品送料無料、年中無休・即日発送、30日間返金保証、コンビニ決済・代引き可)

 

反対に、以下のようなストア名は

避けるのが無難です。

 

  • 個人名、本名をそのまま入れた店舗名
  • 意味のないアルファベットを羅列した店舗名
  • その商品と全く関係のない店舗名

 

また、Amazonはストア名の規約も設けているので、

以下を併せて確認しておいてください。

 

  • 重複していない出品者固有の表示名、またはニックネームを登録すること
  • Amazonや、 第三者の商標を含む名前は登録しないこと
  • 「_」または「_」以外の特殊記号を登録しないこと
  • 絵文字を使わないこと
  • 他の出品者や購入者が不快に思うような名前や、公序良俗に反する名前は登録しないこと

 

ちなみに、ストア名は後から

変更することも可能です。

 

取り扱いジャンルを変更する場合や

新たな実績をアピールポイントとして追加したい場合、

セール実施時に【全品セール実施中!】と記載したい

場合などには変えてみるのもいいでしょう。

 

【ストア名の変更方法】

①セラーセントラルトップページ右上の「設定」
→「出品用アカウント情報」をクリック
②「出品者のプロフィール」をクリック
③「ストアの詳細」の右側にある「編集」をクリック

 

 

⑥本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロード-1

 

ここでは以下の本人確認書類を

アップロードします。

 

  • 身分証明書:パスポートまたは運転免許証
  • その他の書類:インターネットバンキング取引明細書、預金通帳の取引明細書、残高証明書、クレジットカード明細書のいずれか(過去180日以内に発行したもの)

 

身分証明書については、写真の文字潰れがなく

鮮明であればスマホで写したものでもOKです。

 

その他の書類は、紙ベースの明細書をスマホ等で

撮影して添付するか、PDF形式のWeb明細書を添付します。

 

CSV形式/Excelの利用明細や

スクリーンショット(画面キャプチャ)は

不可となっているのでご注意ください。

 

書類をアップロードしたら

「送信」をクリックします。

 

当然ですが、他人の証明書をアップロードしても

 

 

⑦アマゾン側とのWeb面談の日程決定

 

以前までは、本人確認書類を提出した段階で

Amazonの審査が入り、審査が下りれば

アカウントが発行されていました。

 

しかし、最近では新たにAmazon担当者との

Web面談が追加されてしまいました・・・

 

Amazonは詐欺・不正行為の撲滅や

偽ブランド品の取締り等に力を入れており、

Web面談もその一環であると考えられます。

 

とはいえ、正直言ってやりすぎですが^^;

 

※いまのところWeb面談をするのは全員ではなく

ランダムで抽出された人が対象のようです。

 

Web面談の日程決定-1

 

こちらの画面が表示されたら、

Web面談の実施場所を選択します。

 

ビデオ通話、出品者の自宅・オフィス等、Amazonオフィス

3つの選択肢がありますが、場所によってはビデオ通話しか

選択できなくなっています。

 

Web面談の日程決定-2

 

希望の面談日時も選択します。

 

面談は30分以内で、主に登録情報や身分証明書、

本人の顔の確認などが行われます。

 

問題がなければ、その後登録したメールアドレスに

アカウント登録完了のメールが送られてきて

登録手続きは終了となります。

 

 

Amazon出品アカウント登録後、やっておかないとマズイ初期設定5つ

Amazon出品アカウント登録後、やっておかないとマズイ初期設定5つ

 

Amazon出品アカウントの登録が完了したら、

出品作業を始める前に以下の5つの項目を確認、

必要な場合は設定をしてください。

 

①小口出品アカウント、大口出品アカウントの選択

②銀行口座の登録

③出品者情報の入力(特定商取引法に基づく表記)

④正式名称/販売業者名の入力

⑤古物商許可の登録(中古品を販売する場合のみ)

 

上記項目は、Amazon出品者の専用ページ

「セラーセントラル」から設定できます。

 

 

①小口出品アカウント、大口出品アカウントの選択

 

Amazon出品アカウントには、

小口出品大口出品の2種類があります。

 

アカウント作成時は小口出品になっていますが、

大口出品に変更することができます。

 

最初に結論からお話ししておくと…

 

これから月5000円以上、Amazon物販で稼ごうと

考えている人は、大口出品が必須となります。

 

その理由としては、Amazonで販売する際

小口出品だと以下のような規制・制限があり、

ビジネス的に圧倒的に不利だからです。

 

  • 商品を1個販売するごとに100円の基本成約料がかかる
  • 出品カテゴリーに制限がある
  • 新規出品ができない(相乗り販売のみ)
  • カートの獲得資格がない
  • 購入者が選べる配送・支払い方法のバリエーションが少ない
  • スポンサープロダクト広告が利用できない
  • 売上につながる各種レポート閲覧やツールの使用ができない

 

大口出品アカウントは、毎月の基本利用料として

月額4,900円の固定費がかかります。

 

ただ、どちらにしろこの金額以上を売り上げるつもりであれば

必要経費だと捉えましょう。

 

出品用アカウント情報

 

出品アカウントの変更は、

Amazonセラーセントラルトップページで

「設定」→「出品用アカウント情報」を

クリックします。

 

小口出品アカウント、大口出品アカウントの選択-1

 

「ご利用のサービス」の「サービスの管理」を

クリックします。

 

小口出品アカウント、大口出品アカウントの選択-2

 

「Amazon出品サービス」の横にあるリンクより

出品アカウントの変更ができます。

 

 

②銀行口座の登録

 

Amazonからの売上金振込先を登録します。

 

もちろん、アカウント登録名と

同じ名義の銀行口座でないといけません。

 

あと、普段の生活資金と混ざらないように

物販専用の口座を登録しておくのがお勧めです。

 

銀行口座の登録は、セラーセントラルトップページより

「設定」→「出品用アカウント情報」

→「銀行口座情報」をクリックします。

 

銀行口座の登録-1

 

「支払情報」の中にある

「銀行口座情報」をクリックします。

 

銀行口座の登録-2

銀行口座の登録-3

 

「銀行口座情報を変更」をクリックして、

氏名、口座番号等を入力します。

 

 

③出品者情報の入力(特定商取引法に基づく表記)

 

大口出品アカウントで販売する場合、

Amazonでは「特定商取引法に基づく表記」が

必要になります。

 

これは消費者がショップの信頼性を

判断するためのもので、消費者の利益を守るため、

販売者には記載が義務付けられています。

 

出品者情報の入力は、セラーセントラルトップページより

「設定」→「出品者アカウント情報」

→「出品者のプロフィール」をクリックします。

 

出品者情報の入力-1

出品者情報の入力-2

 

ここでは、次の4つを入力します。

 

  • 表示名(店舗名)
  • カスタマーサービス用のEメール
  • 問い合わせ先電話番号
  • 運営責任者名

 

住所や電話番号を載せたら危険では・・・?

と思われると思うかもしれませんが、

これまでの長い経験上、ここに掲載したからといって

特に何かあったことはないです。

 


加藤さとし

ただし、電話番号については時折かかってくるため、電話ではなくmazonの問い合わせフォームから連絡をもらうよう誘導文を掲載しておきましょう。電話番号自体も、「SMAERTalk」など無料の電話番号取得サービスを活用するのも一つの方法です。

 

 

④正式名称/販売業者名の入力

正式名称:販売業者名の入力-1

 

Amazonセラーセントラルトップページより

「設定」→「出品用アカウント情報」

→「正式名称/販売業者名」をクリックします。

 

正式名称:販売業者名の入力-2

 

「法人名」の部分に法人の場合は「法人登記名」、

個人の場合は「個人名」を入力し、

「更新」をクリックします。

 

この部分の名前ですが、アカウント登録時の名前と

異なっていても問題ありません。

 

 

⑤古物商許可の登録(中古品を販売する場合)

 

Amazonで中古品を転売したい場合などは

古物商許可証の登録をします。

 

古物商許可の登録-1

 

Amazonセラーセントラルトップページより

「設定」→「出品用アカウント情報」

→「許認可情報」をクリックします。

 

古物商許可の登録-2

 

ライセンスの種類から「古物商許可」を選択し、

ライセンスIDを入力してください。

 

ちなみにですが、

インターネット上であっても、古物商の許可なしに

商売として中古品を販売することは「違法」です。

 

もし万が一、摘発された場合は、

3年以下の懲役または100万年以下の罰金

ですので、せどりなど転売で稼ごうとする人は十分ご注意を。

 

 

まとめ

 

今回は、Amazon出品アカウントの

登録方法と初期設定について解説しました。

 

ここまで見てきたように

とりわけ難しい作業はありません。

 

ただし、

最近は、Web面談の実施が追加されるなど、

過去と比べて販売業者に対する審査が

厳しくなっています。

 

入力ミス等がある場合は、通常よりも

アカウント開設までに時間がかかってしまうため

細心の注意で登録を進めましょう。

 

また、Amazonのアカウント作成後は必要に応じて

 

  • 小口出品アカウント、大口出品アカウントの選択
  • 銀行口座の登録
  • 出品者情報の入力(特定商取引法に基づく表記)
  • 正式名称/販売業者名の入力
  • 古物商許可の登録(中古品を販売する場合のみ)

 

こちらの5つも忘れずに入力しましょう!