加藤です。

この記事を読んでいるあなたは・・・

メルカリの売上金をポイントでなく、現金で、

銀行振込にしたいとお考えかもしれません。

 

メルカリの売上金は、できるだけ、

ポイントよりも現金にしたいですよね(笑)

 

今回は、基本的なことなのですが、

知らない人が結構いるので、

メルカリの売上金を現金で入金(振込)する方法と、

その詳細を解説していきます。

 

メルカリで稼いだ売上金の行方は?

ここでは、あなたの商品がメルカリで売れたと仮定して

お伝えしてゆきましょう。

 

まず、メルカリでは商品が売れると

はじめに購入者が購入と支払いの手続きをします。

 

そして、支払われたお金はメルカリ側で保留されます。

 

すぐに、販売者のあなたの口座に入金されないの?

と思うかもしれませんが、

 

メルカリでは、あなたが送った商品を購入者が受け取り

受け取り評価をすることではじめて売上金となります。

 

ただし、ここでもあくまで売上金とみなされただけ。

 

ここで何もしないといつまで経っても、

あなたの口座に売上金が振込されません…

 

メルカリに売上申請をする必要があります

 

銀行振込にして自分の口座に入金させるメリット

あとでお話しますが、実はメルカリでは、

現金化しなくても、売上金を使って商品購入が可能です。

 

ただし、不要品とは言え、元は現金で購入したものだから、

なるべく現金化した方がよいでしょう。

 

売上金の申請も、画面に従って手続きするだけなので、

簡単だし誰でもできます。

 

ただし、売上金が1万円未満の場合は、振込手数料が210円必要です

 

そのため、急いで現金化する必要がないなら、

1万円以下の場合は、振込の申請を行わずに

売上金を使って商品を購入した方は良いかもしれません。

 

そして、メルカリで売上金を現金化する際、

次に気を付けていただきたいのが、

振込には有効期限が設定されているということ。

 

売上金を得た日から1年過ぎると

振込申請ができなくなります。

要するに現金化することができなくなるというわけです。

 

そのため、しばらくメルカリで商品の購入予定がないなら、

手数料は痛いですが、いっそのこと現金化して

仕入れ資金にしてしまった方がよいかもしれません。

 

メルカリは中古ですし、

中国やAmazonの方が安い場合もあるので、

 

個人的には、商品によりますが、メルカリの売上は現金にして

仕入れ資金にした方がいいのかなとも思います。

 

また、メルカリで売れるものを中国やAmazonで仕入れ、

1万円売れたら現金化して、また仕入れて現金化する

といった戦略も良いですね。

 

売上金をポイントとして使用するメリット

先ほどもお伝えしましたが、メルカリでは、

売上金をそのままポイントとして、商品購入が可能です。

 

そのため、現金化しなくても、

売上金をそのまま使うことができます。

 

例えば、メルカリの売上金をそのまま使い

メルカリで仕入れた商品をAmazonやヤフオクで売って

現金化してみるのもよいでしょう。

 

また、売上金を振込申請をしても

申請日のタイミングによっては

最大で10日くらい待たなくてはならないですが、

 

売上金なら購入者が受取評価さえしてくれれば

すぐに反映するため、仕入れのタイムラグがない

といった点がうれしいところです。

 

また、友達紹介やキャンペーンに参加することでも、

ポイントを貰えます。

 

1ポイント=1円として、メルカリ内の買い物で使えますが、

現金化はできません。

 

メルカリで稼いだ売上金の振込申請7ステップ

 

メルカリでは、売上金を自分の口座へ入金する場合、

あなた自身で振込手続きを行う必要があります。

 

まず簡単な流れをご説明しますと、売れた商品を発送して、

購入者に商品が届くと、購入者が受け取り評価をします。

 

すると、メルカリから「受け取り評価あったよ!」とメールが届き

すぐに売上金が反映されます。

 

そして、メルカリで振込申請を行うのですが、その方法は次のとおりです。

 

1 topページの左上にある「三」となっているところをタップする。

 

2 赤の四角で囲んだ「設定」をタップする。

 

3「売上の確認・振込申請」をタップする。

 

4「振込申請して現金を受け取る」をタップする。

5銀行の口座を入力します。

 ※メルカリでは売上金の受け取りに銀行口座が必ず必要です。

 

6 口座情報を入力して次をタップすると、登録の確認が出てくるので「はい」をタップします。

 

7 振込をする金額を入力したら「確認する」をタップ。

 

あとはメルカリからの売上金の入金を待つのみです。

 

パソコンでも振込申請をすることが可能

メルカリの売上金の振込申請は、スマートフォンだけではなく、

パソコンからでも可能です。

 

大量の商品を探す人は、恐らくスマホより効率が良いので、

パソコンを使うと思いますが、

 

そんな時でも、上の写真のようにわざわざスマホを手に取らくても

パソコンで申請を行うことができるので楽です。

 

ほとんど同じ画面なのですが、微妙に違うところがあるので、

操作画面をお伝えしておきます。

 

1 topページの「マイページ」をクリック

 

2 左側の売上・ポイントから「売上・振込申請」をクリック

 

3 「振込申請をして現金を受け取る」をクリック

 

4 銀行の口座を入力します。

 

5 口座情報を入力して「次へ」をタップ

 

 すると、振込申請金額を入力する画面になるので、希望の金額を入力し確認をクリック。

 その下には現在の売上金や手数料、振込金額が表示されます。

 

あとはメルカリから売上金の振込を待つ。

ただし、メルカリでは振込申請をした日によって振込日が変わります。

 

メルカリから入金(振込)される期日や期間はいつか?

 

ちなみにメルカリでは

振込申請日と振込日が決まっています。

 

例えば、5月23日~29日に振込申請すると、

6月2日にあなたの口座に売上金が振込されます。

 

 

振込の当日は、金融機関により異なりますが、

15時までにはどの金融機関でも振込みが完了します。

 

メルカリでは、商品が売れて、

受け取り評価されて金額が反映されても

 

最短でも5日後最長で10日も日数が掛かるので、

商品代金が振込されるまでの時間がとても長いです。

 

同じフリマアプリのラクマは、

最短で翌日か遅くとも翌々日には受け取れるので、

個人的にも、ちょっと長すぎるのではないかと思います。

 

注意点とまとめ

 

メルカリでは商品が売れても、

売上金がそのまま銀行の口座に振り込まれません。

 

売上金は、一旦メルカリ側で預かりになるので、

振込の手続きが必要です。

 

ただし、その金額は全額か、もしくは一部を使い

メルカリ内で買い物をすることもできます

 

振込の場合は、

1万円以下だと210円の手数料が必要なので、

 

現金がすぐに必要でないのであれば、

その分を使って商品を購入してもよい場合もあります。

 

また、振込できる期限が1年

だと言うことも忘れないようにしておきたいです。

 

そして、振込を依頼しても

メルカリの場合は4~10日は待たないといけないので、

 

売上金が1万円になるまで待っても良いですが、

資金を現金化して手元に置いておきたいのであれば、

 

メルカリで仕入れた商品をAmazonやヤフオクに売り

そちらで現金化してもよいでしょう。

 

ただし、メルカリを使ったことがない人は、

まずは仕組みや手続きになれるまで、

 

自分の家の不要品を売ってみることから

はじめてみると良いと思います。

 

加藤さとし加藤さとし

今回はメルカリの基本的なことを紹介しましたが、メルカリの規制でアカウントが停止になり、引き出せなくなった人もいます。くれぐれもご注意くださいね。