ネット物販歴25年の専門家 加藤さとしです。

 

中国のECサイトアリババやTHEから

商品を輸入するためには、

「代行業者(代行会社)」と呼ばれる

仲介業者が必須です。

 

その数は軽く50社以上が存在しているのですが、

今回はその中でもオススメの代行業者

「THE 直行便」をご紹介します。

 

まずは以下の動画をご覧ください。

 

お勧めの中国輸入代行業者「タオバオ直行便」紹介動画

 

THE直行便は、多くのAmazon

トップセラー達が乗り換えている、

密かに注目の代行業者です。

 

もしあなたが代行業者に対して

次のような悩みを持っていたら、

この記事は必読です。

 

  • 問い合わせをしても、なかなか返信が来ない…
  • 相談をしても事務的な回答しかない…
  • 検品の精度が低くて不良品の数が減らない…
  • OEM・ODM生産に強い代行業者を知りたい…
  • Amazon販売に関するアドバイスをしてもらいたい…

 

特に現在、Amazonの売上を

さらに伸ばしたい!という会社には

助けになるはず。

 

代行業者をTHE 直行便に乗り換えるだけで、

売上が3倍近くアップした事例もあります…

 

今からその理由をご説明していきましょう。

 


加藤さとし

ここでご紹介する「THE 直行便」、以前は「タオバオ直行便」という名前でしたが新たなスタートを切りました。そのパワーアップした内容もしっかりとお伝えします!

 

中国輸入の代行業者選びで本当に大事なのは、「稼いだ後」!

 

THE・アリババの代行業者は

現在、軽く50社以上あります。

 

しかし、おすすめの会社というのは、

初心者の人と、既にある程度の売り上げを

確保できている人で全く異なります。

 

なぜなら、それぞれのステージで

抱えている悩みが全く異なるから。

 

中国輸入ビジネス初心者は、

一般的に資金が少ないため、

仕入れ以外にお金を使いたくない…

というのがホンネでしょう。

 

実際使えるお金は少ないので、

「とにかく配送料金や手数料の安い会社」を

選んだ人が多いと思います。

 

一方、ある程度の売上が上がって

稼げるようになると

こんな悩みが出てきます。

 

  • 仕入れをもっとスピーディに行いたい
  • 不良品率を下げたい
  • 今以上に送料を安くしたい
  • OEM・ODMの販売力もアップさせたい
  • 商品の在庫が少なくなったとき連絡が欲しい…

 

そして、

低料金の代行業者では

こういった問題をすべて解決できません。

 

ビジネスのステージが違えば、

抱える悩みも異なります。

 

そんな悩みを解決できる代行業者は

同一ではないのです。

 

以上が、中国輸入初心者と

すでに売上を確保できている人で

おすすめの代行業者が違う理由です。

 

そして、代行業者選びは

「稼いだ後」の方が重要なのは間違いありません。

 

初心者の頃は仕入量が少なく、

単純な転売程度に留まっていたので、

安い料金で配送してさえくれれば

大きな問題にはならなかったはず。

 

しかし、

ビジネスの規模が拡大すれば

検品の精度をより高めないといけないですし、

いくつもの商品を抱えることになります。

 

オリジナル商品の販売をしているなら

OEM・ODMに(本当に)強い

代行業者を選ぶ必要があります。

 

低料金の代行業者でも優秀なところはありますし、

広範囲にサービスを展開している会社もありますが、

やはりサービスの質には限界があります。

 

資金に余裕ができたら、多少高いお金を払ってでも

あなたの売上を加速させ、クオリティの高い

代行業者を選ぶべきです。

 

THE 直行便が人気の代行業者である6つの理由

 

今回ご紹介する「THE 直行便」は、

現在、中国輸入ビジネスのパワーセラーたちに

大人気の代行業者(代行会社)です。

 

THE 直行便は、2015年に杭州で設立した

「株式会社SNIFF」が運営しています。

 

社長の吴さんに中国まで会いに行きましたが

日本の大学に留学、卒業をされています。

日本の文化に精通し、非常に頭の切れる方でした。

 

そしてなんと、株式会社SNIFFは

なんと、中国の杭州にある

アリババ本社ビルと同じ敷地内に

事務所を構えています。

 

ちなみに、「アリババ」グループは

日本人には馴染みがないのですが、

時価総額であのトヨタを超えている

世界最大規模の企業です。

 

そんなアリババ本社ビルの

敷地内に事務所を置ける企業はわずか数社だけ。

 

もちろん、アリババと太いパイプを持っている

会社であることは想像できますよね。

 

こちらが、アリババ本社ビルの敷地内にある

THE直行便の事務所の様子です。

 

2018年9月、スニフグループ本社をアリババ本社へ移転

 

ちなみにSNIFFは、東京の品川に日本支社、

カナダのリッチモンドには

カナダ支社も展開しています。

 

主要取引先には

  • Amazonジャパン
  • ドンキホーテ
  • 兼松商事(大手総合商社)

といった大企業が名も連ねており、

その信頼性は折り紙つきです。

 

THE 直行便は、次のような点で

他の代行業者よりも格段に優れています。

 

  • 元々Amazonのパワーセラーが運営をしている
  • 対応がとにかく丁寧で迅速
  • 徹底した検品、FBA直行でも安心して任せられる
  • ANA専用の配送サービスを使用。丁寧かつスピーディー
  • 業界最安値の手数料・国際送料
  • 「売上げアップのサポート」も…

 

では、一つずつ解説していきましょう。

 

元々Amazonのパワーセラーが運営をしている

 

THE直行便の運営会社SNIFF JAPAN。

 

先ほどもご紹介した、代表の吴さんは

代行業者を始める前は、中国でオリジナル製品を

生産しAmazonで販売をしていました。

 

その規模は、月商ウン千万円規模です。

(現在は代行輸送業務に専念されているようです)

 

つまり、我々Amazonセラーにとって

何が本当に必要なサービスか把握されているからこそ

クオリティの高いサービスを提供できるわけですね。

 

対応が丁寧。そして早い!

 

販売商品について急なトラブルが発生して

問い合わせをしても、

なかなか返事が返ってこない…

もしくは、

まったく解決にならない返答しかない…

 

中国輸入の代行業者は

そんな事例が本当に多いです…

加藤自身も相当泣かされてきました 笑

 

しかし、THE 行便は

とにかく対応が素早く、

的を得た回答をしてくれます。

 

THE直行便との連絡は

チャットソフト「スカイプ(Skype)」がメインです。

(電話やメールでの問い合わせも可)

 

現在ではチャットワークでのやりとりを

している代行業者が多いですが、

他のメンバーからの連絡が来ることもあり

連絡が埋もれて気づきにくいんですよね。。

 

そんな中、普段は使われないスカイプの方が

連絡が来れば目立つのですぐに把握できます。

 

なお、公式HPには

  • skype:常時対応
  • E-mail:3時間以内に回答

 

と記載されている通り

問い合わせれば、すぐに返信がきます。

 

また、スタッフは日本への留学経験があったり、

日系企業で働いていた人が多いため、

日本語間違いもなく、分かりやすい説明をしてくれます。

 

以上の点から、

THE 直行便は対応の早さと質を

兼ね備えた代行業者だと言えます。

 

日本大手検品会社 朝日リンクとの提携、検品サポート

大手検品会社 朝日リンクで規定された基準で

検品作業を行い、初期不良を削減しています。

更に検品に漏れがないよう、3重チェック制度も設置しています。

 

また、顧客ごとに不良許容範囲が違うため、

顧客ごとの専用検品といった対応も可能です。

不良品のチェックだけでなく、商品補正も行っていて、

納期スピードとコストをカットするため、

専門の縫製職人も配置し、

汚れ、穴、ほつれなども違和感がないよう

修繕を行っています。

 

中国政府から認可を得て「ANA」と物流契約!スピーディーかつ安全な輸送体制を実現

 

検品が完了した後は

24時間以内に倉庫から出荷されます。

 

航空便輸送で

あの「ANA」と専属契約をしているため、

荷物をスピーディかつ丁寧に運搬してくれます。

 

THE 直行便は、中国では

取得が難しいとされる輸出事業の貿易ライセンスを

中国政府から正式に与えられています。

 

そのため、航空会社のANAとも

特別な契約を結ぶことができるのですね。

 

日系企業ですから、荷物は丁寧に扱われますし、

配送スピードも迅速です。

 

輸送クオリティを確保するため、

THE 直行便の航空輸送手段は

ANA系列の国際配送サービス

OCS(国際エクスプレスサービス)

がメインとなっています。

 

業界最安値!の国際配送料

 

一般的な代行業者の手数料として

「商品原価の5〜10%」が相場ですが、

THE 直行便は業界最安レベルの「5%」です。

 

またANAと特別契約を結んでいるため、

300kg以上の配送については

国際送料も業界最安値となっています。

 

THE 直行便の国際送料(一般荷物、OCS利用の場合)

荷物重量(Kg)国際送料(1kgあたり)
21〜5021元
51〜10019元
101〜30017元
300〜40015元
400〜14元

 

100kg〜が13元とさらに安い配送も可能です。

 

そのため、他の代行会社より月額料金が高くても

仕入れ費用が大幅に安くなり

トータル的には費用が安くなります。

 

最大の強みは「売上アップのサポート」もしてくれること

 

そして、THE 直行便の最大の強みが、

売上最大化のためのサポート体制です。

 

THE 直行便を提供する

株式会社SNIFF JAPANは、

日米のAmazonに精通している

マーケティング会社と提携しています。

 

そのため、その他の中国輸入系

代行業者では提供できない

売上アップに関する情報提供も可能なのです。

(ファーストクラス会員以上)

 

まさに、Amazonセラーなら

喉から手が出るほど欲しい情報でしょう。

 

THE 直行便では、あなた専属のスタッフが

マンツーマンで売上げアップの相談に乗ってくれます。

 

単純に荷物を右から左に流すだけでなく、

Amazonでの売上アップも実現できる。

 

こんな代行業者は唯一無二と言っていいでしょう。

 


加藤さとし

これが、さらなる規模拡大を目指したい人にはおすすめの代行業者である1番の理由です。詳しい内容についてはここでは書けないため、最後にご紹介しているHPより直接お問い合わせになってみてください。

 

THE 直行便の主な提供サービスとは?

 

THE 直行便は、単に商品を買い付けて

日本へ発送するだけでなく、

THEやアリババからの仕入れで必要な

サービス一式を提供しています。

 

主要サービス内容

  • OEM代行サービス
  • FBA納品サービス
  • 商品リサーチサービス
  • 商品撮影サービス
  • アパレル加工サービス

 

順にご紹介していきましょう。

 

THE 直行便の提供サービスその1:OEM代行サービス

 

昨今の中国輸入の時流にあわせて

THE 直行便では

オリジナル商品の開発・販売支援

かなり力を入れています。

 

オリジナル商品を作るときは、

日本語に精通したスタッフが

我々と生産工場との間に入ってくれるため

オール日本語でOEM/ODM商品の生産が可能。

 

何より、運営会社SNIFF JAPANは、

中国政府より輸出入に関しての

ライセンスを取得しています。

 

そのため、商品やサンプル品等の物流を

スムーズに行うことができます。

また日本の通関も他社よりスムーズです。

 

検品・布タグ交換・洗濯タグつけ・紙タグつけ・

OPP袋交換・乾燥消臭剤入れなど、

お客様の要望に沿ったサービスを提供しています。

 

THE 直行便の提供サービスその2:FBA直接納品・国内倉庫保管サービス

 

THE 直行便は、もちろん

FBA直接納品の配送にも対応しています。

 

中国にある提携会社より、日本Amazonの

FBA倉庫への商品直接納品してくれます。

 

お客様の住所宛てに、後ほど関税の請求書が送付されます。

 

さらにTHE 直行便は国内倉庫を持っていて

そこに保管したり、そこから各種配送が可能です。

 

国内倉庫があることでどんなメリットがあるかというと

その例を紹介しましょう。

 

・FBA倉庫の納品制限があった場合、一時的に

国内倉庫に保管をしておき、そこからこまめに

FBA納品をしていくことができる

 

・国内倉庫から直接、顧客に発送をしてもらえる

 

以上のようなことが可能になります。

利用料金やサービス内容は以下をご覧ください。

 

 

 

THE 直行便の提供サービスその3:商品リサーチサービス

 

あなたに変わり、指定された商品を

アリババ・THEなど中国市場で探してくれるサービスです。

 

アマゾン・楽天・ヤフーなどの商品URLや

商品画像・商品の詳細を元にして

専門スタッフがリサーチをしてくれます。

 

リサーチ内容:在庫状況、素材、サイトのURL、サイズ詳細

料金:最大毎月50リンク無料、以後は5元/1リンク

 

仕入先店舗リサーチが苦手な人も

これは助かりますよね。

 

 

THE 直行便の提供サービスその4:商品撮影サービス

 

オリジナル商品を販売する上で

欠かせない「商品画像」

 

THE 直行便はモデル事務所と

専属契約を結んでいるため、

モデルを使った商品撮影であっても

通常よりも格安で依頼できます。

 

金額は、1枚あたり10元〜

ですから、日本国内で

依頼するよりかなり安いです。

 

参考URLや画像などを元に

クオリティの高い画像の撮影を

代行してもらえます。

 

これまでの撮影実績については、

事例画像を見せてもらえますので

ぜひ問い合わせてみてください。

 

 

THE 直行便の提供サービスその5:アパレル加工サービス

 

アパレル商品の検品・布タグ交換・洗濯タグつけ・

紙タグつけ・OPP袋交換・乾燥消臭剤入れ・

下げ札・アテンションタグ・シール貼り・袋詰めなど

ご要望に沿ったアパレル関連のサービスを提供可能です。

 

たとえば…

紙タグの取り替え、袋詰め作業は0.5元/1個

布タグの取り外しは3元/1個

布タグの縫い付けは2元/1個

といった格安料金です。

 

また、シミ・汚れなどの確認も

もちろん開梱検査の際に実施してくれますので、

非常に安心して任せることができます。

 

※検針については別料金です。

 

 

さらにパワーアップしたTHE 直行便の新たなサービス

 

常に進化し続けている代行業者

それが「THE 直行便」です。

 

ここでは新たに追加された

サービスを紹介します。

 

 

Amazon APIと連携してスムーズな発注~発送~商品管理

 

THE 直行便はAmazon倉庫管理システムとAPI連携し

従来の商品補充予測をご自身で行う必要が無くなり、

システム上で発注&発送管理が可能になりました。

 

 

また、商品発送後は、システムで在庫数をリアルタイムで反映し、

最新の在庫状況を確認することができます。

 

さらに、発注システムは、タオバオやアリババから

元の販売ページを確認でき、カートへの追加が対応できます。

 

API連携しているので、ワンクリックで商品情報を

販売サイトに掲載が可能です。

(現在、連携できるのは、BASE,SHOPIFY,Amazonとなります。)

 

また、初回の注文情報を保存することにより、

以降の注文情報の入力は不要で迅速に発注を行うことができます。

 

 

最強の物流体制を構築

他代行会社のように物流拠点が1つしかないという

ことがなく、ハルピン、青島、杭州、広州、深セン

中国の北から南まで5箇所に倉庫があります。

 

仕入れ先との自動マッチング、中国のどこで仕入れても、

最短で3日間以内の到着が可能になっています。

 

さらに、SNIFF EXPRESSでは国内運輸にも力を入れ、

仕入れ先が近い場合は自社トラックで輸送を行い、

納品時も空港まで自社トラックで運び、

最速での対応が可能です!

 

また、日本へ郵送する際、税関申告、関税も

立替制で非常にスムーズ!

 

ANA3年連続パートナーで配送優先権を持っているので、

日本国内でも最速の配達となっています。

 

 

三陽商会との提携でOEM&ODMサポート

業者唯一の自社工房、自社加工メーカーを持ち、

生地からサンプル作成まで自社管理を行っています。

 

そして、日本大手のアパレル企業 三陽商会と提携し、

生産から納品まで全プロセスをフォローしています。

 

数多くのメーカーとの連携により、

コスパが非常に高く、三陽商会のもと

高度な品質管理で最高の状態の製品を生産できます。

 

 

期間限定 後払いサポート

従来のビジネスモデルは先払いのみでしたが、

「後払い申請」の機能が追加になりました。

 

3~6ヵ月間のお取引期間の実績から、

買付代金の最大50%の費用をTHE 直行便が

立て替えします。

 

 

 

THE 直行便の代行料金プランは4つ

 

ここでは、THE 直行便を

利用するために必要なご利用プランについて

解説していきましょう。

 

4段階のご利用プラン

 

THE 直行便は、

商品の取り扱い規模により

4段階のプランに分けられています。

 

  • エコノミークラス(主に初心者向け)
  • ビジネスクラス(中級者向け)
  • ファーストクラス(上級者向け)
  • ダイヤモンドクラス(超パワーセラー向け)

 

ちなみに、参加者が多いのは

ビジネスクラス(月額29,800円)と

ファーストクラス(月額59,800円)

の2つ。

 

少し高く感じるかもしれませんが

ビジネスクラス以上は

代行発注手数料が0円です。

 

どのプランがおすすめ?

 

この記事は、ある程度月商のある

アマゾンセラーさんに向けて解説しています。

 

もし、あなたが月商が500万円以上ある

中級者レベルのプレイヤーさんなら

断然「ファーストクラス」をオススメします。

 

なぜなら、ファーストクラス以上は、

あなた専属のスタッフが

マンツーマンでフルサポートしてくれます。

 

そして、OEM・ODMに関するアドバイスも

受けることが可能。

 

まるで、中国にあなたのスタッフがいる

という感覚で利用してもらえるでしょう。

 

さらに、ここでは公開できないような

Amazonの売上アップのための

情報提供やサービスを提供してくれます。

 

他にも、

中国の工場視察が無料招待

(旅費宿泊費は自己負担)

といった特典も不定期で実施されている

ようなので、総合的に見ればかなりお得です。

 


加藤さとし

月商が500万円を超えているならば月額手数料が3〜4万円違う程度では誤差の範囲です。わずか数万円をケチって現状維持するよりも、必要経費をかけてさらに売上を上げやすい環境へステップアップしていけるのはビジネスとして正攻法ですし、そういった環境があること自体がとても幸運だと思います。

 

まだ自分には早いと思う人も…

 

先ほどの通り、THE 直行便は

他の代行業者と比べると

高いプランが存在しています。

 

まだ月商が少ない人にしては

自分には早い…と思うかもしれません。

 

しかし、ここまでの内容でお分かりの通り

少し高い月額料金を払ったとしても

逆にコストを抑え、売上を伸ばせる環境があります。

 

別の代行業者から乗り換えている事例が多いのも

すでに売上のあるAmazonセラーたちは

そのことを理解できているからです。

 

…とは言っても、

これまで慣れ親しんだ

代行業者をいきなり乗り換えるのは不安…

 

という人も多いでしょう。

少しでもリスクをなくしてもらうために

月額手数料がかからない

「エコノミークラス」が用意されています。

 

エコノミークラスでは、

月額0円の代わりに、商品代金の5%が

手数料として発生します。

 

※他のクラスは、買付手数料が無料です。

※プレミアムエコノミーについて、固定費用0円、

手数料5%で再開しました!

既製品の仕入れや、仕入れ総額が50万円以下の場合など

にお勧めなエントリープランです。

 

検品などのその他サービスも利用できるので、

まずは一部商品を少量輸入するなど

試験的に使ってみるといいでしょう。

 

 

まとめ

 

今回は、いまオススメの代行業者

「THE 直行便」について紹介しました。

 

THE 行便は単なる代行業者に留まらず、

あなたの売上アップをサポートしてくれる

魅力も持っています。

 

もしすでに中国輸入Amazon物販で

月商100万円以上あるなら…

 

いま利用している代行業者より

多少料金が高くなっても、

乗り換える価値は十分にあるはず。

 

今後、中国輸入ビジネスの規模を

さらに拡大していきたい!という場合は、

一度乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

 

「THE 直行便」のHPはこちら

※お問い合わせ時には「紹介者」の欄に「加藤さとし」と

記載してもらうと対応が早くなります!

 

今すぐ無料登録⇒https://www.theckbs.com/channel/index.html#/register/desktop?channel=katosatoshi_traffic