【最新版】いま、一番おすすめの転売とは?10通りの方法を徹底比較!

 

ネット物販歴20年超えの専門家 加藤さとしです。

 

転売は、空き時間で実践して稼げるため

サラリーマンに人気の副業No.1

と言ってもいいかもしれません。

 

ただ、一口に転売と言っても様々な方法があり、

それぞれやり方・手間のかかり具合・稼げる金額等が

全く異なります。

 

極論を言えば、月数万円程度の利益なら

どんな転売方法でも稼げますが、

中には明らかに効率が悪かったり、

逮捕リスクのある転売も存在します

 

たとえば、チケット転売

 

チケット転売は2019年6月より施行された

「チケット不正転売禁止法」によって

逮捕されるリスクが非常に高まっています

 

参考:「チケット不正転売禁止法」の内容と逮捕されないための対策とは?

 

こういった世の中の動きを知らないと、

安易に始めた転売で稼げないばかりか

逮捕されてしまう恐れもあるんです。。

 

そこで今回は、転売の最新事情とともに

主要な10通りの方法をご紹介していきます。

 

そして、いま最もおすすめの転売方法はどれか?

について解説していきます。

 

  • 儲かるおすすめ副業がないかを探している
  • これからネット転売を始めたい
  • 既に転売をしているが、労力の割に稼げていない

 

こういった人は、必ず参考になる記事内容になっています。

 

サラリーマンにもおすすめの「転売」で稼ぐ方法とは?

サラリーマンにもおすすめの「転売」で稼ぐ方法とは?

 

まず最初に、

そもそも転売ってなんなの??

という人に向けて簡単に解説します。

 

一般的に、転売とは安く買ったものを

買値以上で売り、差額で儲けるビジネスです

 

たとえば、古本屋にて100円で買った本を

Amazonで1,000円で販売して

500円の利益を得る。

 

アウトレットショップにて

5,000円で買った椅子を、ヤフオクで

1万円で販売して5,000円の利益を得る

といった感じです。

 

ちなみに、「転売」とセットで使われる

物販」という言葉もあり、

両者をごちゃ混ぜにしている人もいますが、

この2つには次のような違いがあります。

 

転売

  • 仕入元は一般消費者向けの店舗やネットショップ
  • 加工等はしないで、そのまま右から左に流して販売する

 

物販

  • 仕入元は業者向けの卸問屋やメーカー
  • 加工をして付加価値を付けた上で販売する

 

大きな違いは「仕入元」と「加工の有無」です。

 

当たり前ですが、転売よりも手間のかかる

物販の方が難易度は上がりますが、その分

より大きな金額を稼ぐことができます。

 

今回の記事では、転売だけでなく

個人でも儲かる「物販」も比較対象にしています。

 

おすすめの儲かる転売はどれ?代表的な10通りの方法を比較

おすすめの儲かる転売はどれ?代表的な10通りの方法を比較

 

今回、最もおすすめの転売方法を選ぶにあたり、

以下の10通りの人気転売手法を比較します。

 

  1. 電脳せどり転売
  2. 店舗せどり転売
  3. 国内無在庫転売
  4. 欧米輸入転売
  5. 欧米輸入物販
  6. ebay輸出
  7. ebay無在庫輸出
  8. 海外Amazon輸出
  9. スニーカー転売
  10. 中国輸入オリジナル商品販売

 

上記の転売方法について、以下の7項目を

A〜Eの5段階で評価していきます。

 

  • 手軽さ
  • 手間
  • 必要資金
  • 在庫リスク
  • 稼げる金額
  • 場所的自由
  • 時間的自由

 

①完全在宅で稼ぐ「電脳せどり転売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さB
手間D
必要資金B
在庫リスクD
稼げる金額D
場所的自由C
時間的自由D

 

電脳せどり転売とは、仕入れ〜販売まですべてを

国内のECサイト、ネットショップ、オークションサイト、

フリマアプリなどネット上で完結させる方法です。

 

仕入れ・販売は、以下のような場所で行います。

 

  • Amazon.co.jp
  • 楽天市場
  • ヤフーショッピング
  • ヤフオク
  • メルカリ
  • ラクマ

 

この転売方法は、ネットで購入したものを

ネット上で販売するだけなので、

家から一歩も出ることなく

完全在宅で稼げることが特徴です。

 

非常に簡単な方法で必要資金も少なく済みますが、

ハードルが低い分、ライバルは非常に多いです。

 

儲かる商品は、すぐにライバルに真似されて

稼げなくなるため、常にリサーチし続ける必要があります

 

この方法は短期間で少額の利益を狙うならアリですが、

長期目線ではライバルが多すぎて稼ぎづらく、

常に作業をしなければいけないのでおすすめできません

 

電脳せどり転売で役立つ記事

 

②お宝商品も見つかる「店舗せどり転売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間D
必要資金B
在庫リスクD
稼げる金額E
場所的自由D
時間的自由E

 

店舗せどり転売とは、実店舗で仕入れたものを

Amazon、ヤフオク、メルカリといった

ネット上で販売する方法です。

 

店舗にはネットで販売されていない

特価商品等もあり、ライバルも気付かない

「儲かるお宝商品」が見つかる可能性もあります

 

しかし、店舗せどり販売は仕入れの際に

店舗まで足を運ぶ必要があり、さらに

店舗へ行っても利益の出る商品が

見つからないことも多々あります。

 

それ故に安定した利益は出しづらく

手間の割に稼ぎづらい方法と言えます。

 

正直、店舗せどり転売はおすすめできません

 

③在庫リスク0の「国内無在庫転売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さB
手間D
必要資金A
在庫リスクA
稼げる金額E
場所的自由B
時間的自由D

 

国内無在庫転売とは、在庫がない状態で

国内のECサイト等に商品を出品し、売れ次第、

仕入れて発送するという方法です。

 

一般的な転売は「仕入れ→販売→発送」ですが、

無在庫転売は「販売→仕入れ→発送」となります。

 

売れてから商品を仕入れるため在庫リスクは0、

当然、赤字になることもありません

 

しかしながら、無在庫転売もライバルが多いので

常にリサーチし続ける必要があり、

さらに最近はプラットフォーム側の規制で

アカウント停止になるリスクが高まっています。

 

電脳せどり転売と同様に短期間で

軍資金を作る目的なら良いのですが、

長期目線ではおすすめできる方法

ではありません

 

④1回あたりの利益額が大きい「欧米輸入転売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間C
必要資金C
在庫リスクD
稼げる金額B
場所的自由C
時間的自由C

 

欧米輸入転売とはアメリカやヨーロッパから

商品を輸入し、国内ECサイト、オークションサイト、

フリマアプリ上で販売する方法です。

 

仕入元の例

  • 海外Amazon
  • 海外ECサイト
  • ebay(世界最大のオークションサイト)

 

販売先の例

  • Amazon.co.jp
  • ヤフオク
  • メルカリ

 

仕入れの際は英語を使いますが

単語や文章は簡単なものばかりなので、

中学生程度の英語力があれば大丈夫です。

 

万一、わからないことがあっても

Google翻訳を駆使すれば

大抵のことは解決できます。

 

欧米輸入転売のメリットは

海外から仕入れをするため

国内転売よりもハードルが高くなり、

ライバルの数が減ることです

 

また、1回あたりの利益額も

大きくなる傾向にあります。

 

反対にデメリットは、仕入れ〜販売までの

スパンが長いのですぐには利益にならず、

直感で仕入れると不良在庫の山を

抱えてしまう恐れもあることです。

 

とは言え、正しい方法で実践すれば

国内転売よりも儲かる可能性がある方法です。

 

転売初心者の方は、国内転売に慣れたら、

海外転売へとシフトすることを

おすすめします。

 

参考:輸入品のAmazon転売とは?初心者にもできるやり方3ステップ

 

⑤手間はかかるがブルーオーシャン広がる「欧米輸入物販」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さD
手間D
必要資金D
在庫リスクB
稼げる金額A
場所的自由B
時間的自由B

 

欧米輸入物販とは、アメリカやヨーロッパの

メーカーから販売代理権・独占販売権を取得して、

Amazonで販売したり他のセラーに

販売したりする方法です。

 

海外のECサイトやクラウドファンディングサイト、

海外Amazonで販売している出品者に

コンタクトを取ったり、展示会に足を運んだりして

仕入先と交渉をします。

 

欧米輸入物販は、メーカー直仕入れのため、

価格は卸価格となり、1商品あたりの

利益額は大きくなります

 

さらに、独占販売権を取得することで

出品者が自分しかいないブルーオーシャンの

市場を作ることも可能です

 

欧米輸入物販は、儲かる転売

方法の一つですが・・・

 

  • 1商品あたりの単価が高く、まとまった量の
  • 仕入れが必要なため、ある程度の資金が必要
  • 仕入先を探すのが難しい
  • 仕入れ〜販売までに時間がかかる
  • 利益率が低くなりがちなので、
  • ビジネスの成長スピードは遅め

 

といったデメリットがあります。

 

単純な転売よりは稼げますし

売上の安定度も高いのですが、

売れる仕組みが出来上がるまでは

時間と資金が必要です。

 

⑥国内転売と比べてライバルが少ない「ebay輸出」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間C
必要資金B
在庫リスクC
稼げる金額B
場所的自由C
時間的自由C

 

ebay輸出とは、国内で仕入れた商品を

世界最大のオークションサイト「ebay」で

販売する方法です。

 

「輸出」と聞くと難しい感じがしますが、

ebayを使えば、ヤフオクで出品する時と

同じような感覚で売ることができます

 

日本製品は品質が良く、アニメなどの

独自カルチャーも存在するため、

海外のお客さんにも売りやすいです。

 

また、ebayの市場規模は

国内プラットフォームと比べて

桁違いの大きさです。

 

たとえば、ヤフオクの利用者数は

およそ1,500万人強ですが、

ebayの利用者数は2019年現在、

なんと1億8,000万人超

 

日本の総人口以上の人が利用している

考えれば、いかに市場が大きいか、

わかるのではないでしょうか?

 

ebayのサイトはすべて英語表記で、

当然、購入者とのやり取りも英語ですが、

こちらも中学生程度の英語力+Google翻訳

十分対応することができます。

 

ebay輸出は市場規模に対して

プレイヤー数が比較的少ないので、

儲かる方法の一つと言えます。

 

⑦キャッシュフローの良さがダントツの「ebay無在庫輸出」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間C
必要資金A
在庫リスクA
稼げる金額C
場所的自由C
時間的自由C

 

ebay無在庫輸出とは、在庫を持たない状態で

ebayに出品、売れたら商品を仕入れて

発送するという方法です。

 

売れてから発送するため在庫リスクは0、

赤字になることもありません

 

またebayでは、商品が売れて購入者が入金すると

その時点ですぐに着金、最短翌日には

日本円で売上を引き出すことが可能です。

 

(国内プラットフォームで最速なのはヤフオクですが、

入金までには最短3日程度かかります。)

 

ebay無在庫輸出は入金されたお金で

商品を仕入れて発送することができるため、

資金0の状態からでも始めることができます

 

キャッシュフローの良さは、

すべての転売においてダントツでしょう。

 

ただし、ebayの一般アカウントでは

毎月最初の50出品までは手数料無料ですが、

51出品目以降は1商品につき

0.3ドルがかかります

 

この0.3ドルは売れても売れなくても、

必ず発生してしまう費用です。

 

そのため、一般的な国内無在庫転売では

何百、何千という商品を出品しますが、

ebay無在庫輸出では落札率の高い

商品のみを出品しなければいけません

 

落札率の高い商品を見つけるには

より高精度なリサーチが必要になるため、

難易度はワンランク上がります。

 

⑧参入障壁が高い分、儲かる可能性もある「海外Amazon輸出」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間C
必要資金C
在庫リスクC
稼げる金額B
場所的自由B
時間的自由C

 

海外Amazon輸出とは、海外のAmazonで

商品を販売する方法です。

 

わたしたちが普段使っているAmazonは

日本版のamazon.co.jpですが、

Amazonは現在

 

  • アメリカ=amazon.com
  • カナダ=amazon.ca
  • イギリス=amazon.co.uk
  • フランス=amazon.fr

 

といったように世界16カ国で

サービスを展開しています。

 

海外Amazon輸出では、

日本でしか手に入らない商品を

海外のAmazonで販売することにより

価格差で儲けることができます

 

また、日本のAmazon利用者数が

約5,000万人であるのに対して、世界全体では

Amazonプライム会員だけでも1億人以上。

 

海外のAmazon販売は、非常に大きな

ポテンシャルを秘めているのです。

 

日本のAmazonで転売する場合と違い

英語が必要ですが、出品方法は

日本のAmazonと基本変わりません。

 

また、発送手続き等はAmazon.co.jpが提供する

海外発送向けプログラムを利用することで

簡単に済ませることができます。

 

⑨市場拡大中!流行りの「スニーカー転売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さC
手間C
必要資金C
在庫リスクB
稼げる金額B
場所的自由C
時間的自由C

 

スニーカー転売とは、その名の通り、

スニーカーに特化した転売方法です。

 

スニーカーというジャンルはコレクターが多く、

高いお金を払ってでも買いたい人が一定数います。

 

そのため、利益率は高くなる傾向にあります

 

特に、芸能人が履いていたモデルや数量限定でしか

販売されないプレミアムモデルは価格が高騰しやすく、

中には数十万円という高値で取引されるケースも。

 

最近では、限定モデルの抽選販売に応募し、

当選、購入できたらすぐに転売して

毎月数十万円の利益を上げる人もいるくらいです

 

スニーカー転売自体は以前からある手法ですが、

ここ数年はスニーカーブームが再来しており、

「スニーカー投資」という言葉ができるほど

注目を集めている転売方法です。

 

ただ、スニーカー転売ではモデルだけでなく

色やサイズ等によっても価格が異なるため

スニーカーに関する知識が必要になります。

 

さらに、同じ商品を何回も仕入れづらいことから

継続的なリサーチ&仕入れが必要です。

 

また、偽造品も多く出回っているため、

仕入れ時に偽物を掴まされるリスクがあることも

覚えておかなければいけません。

 


加藤さとし

加藤も、自分用にメルカリで買ったエアジョーダンが精巧なコピー品だったことがあります。

 

⑩加藤も実践中の「中国輸入オリジナル商品販売」

【おすすめ】A→B→C→D→E【おすすめできない】

手軽さD
手間D
必要資金C
在庫リスクB
稼げる金額A
場所的自由A
時間的自由A

 

中国輸入オリジナル商品販売とは、

中国であなたオリジナルの商品を開発し、

日本のAmazon等のプラットフォームで

販売する方法です。

 

中国にはアリババという

超巨大ECサイトがあり、そこでは

安い値段で様々な商品が販売されています。

 

中国輸入オリジナル商品販売では、

アリババにある店舗兼工場で

商品を生産加工してもらい、独自商品として

輸入販売をします

 

商品の値段が元々安いため

加工を加えても仕入れ原価は非常に低く、

純利益率は30%を超えることが多いです

 

「加工」という一手間をかけることで、

その商品はあなただけのオリジナル商品になり、

長期的に販売が可能となるのが強みです。

 

独占販売できる商品があれば、

転売ビジネスでありがちな

 

①利益の出る商品を販売する

②ライバルも真似して同じ商品を販売、稼げなくなる

③また新たに稼げる商品をリサーチ

 

といった不毛な争いに巻き込まれることなく、

長期間にわたって一つの商品で

利益を出し続けることができます

 

「中国で商品を仕入れて現地で加工」と聞くと

難しそう…と思うかもしれません。

 

でも、中国にはそういった業務をすべて

代行してくれる「輸入代行業者」という

心強いパートナーが存在します。

 

私たちがすることは、

気になる商品をネットで探し、

どんな風に加工したいかを業者に伝えるだけ

 

あとは業者が現地で商品を購入、

工場と直接やり取りをして

商品加工を進めてくれます。

 

いまの時代、インターネットの発達によって、

オリジナル商品を簡単に安く

作れるようになりました。

 

もちろん、転売と比べれば

仕入れ〜販売までの工程は複雑になり、

時間もかかります

 

しかし、参入障壁が高い分、

中国輸入オリジナル商品販売は

それ以上に大きなリターンを得られる

可能性があるビジネなのです。

 

中国輸入オリジナル商品販売で役立つ記事:

 

いま、もっともおすすめの転売方法は・・・

いま、もっともおすすめの転売方法は・・・

 

ここまで10通りの主要な

転売方法を紹介しました。

 

各方法の項目別ランクを

以下の表にまとめます。

 

 手軽さ手間必要資金在庫リスク稼げる金額場所的自由時間的自由
電脳せどり転売BDBDDCD
店舗せどり転売CDBDEDE
国内無在庫転売BDAAEBD
欧米輸入転売CCCDBCC
欧米輸入物販DDDBABB
ebay輸出CCBCBCC
ebay無在庫輸出CCAACCC
海外Amazon輸出CCCCBBC
スニーカー転売CCCBBCC
中国輸入オリジナル商品販売DDCBAAA

 

2020年、ネット転売で

最もおすすめできる転売は

中国輸入オリジナル商品販売」です。

 

その理由は以下の3つ。

  • 少ない資金から始められる
  • 独占販売により、頻繁なリサーチなしで長期間稼ぎ続けられる
  • 1商品で数十万円、数百万円と利益を出せる

 

ただし、中国輸入オリジナル商品販売は

単純な転売よりも経験と知識が必要で、

準備にも最低数ヶ月は要します。

 

そのため、あなたがまだ転売で稼いだ経験が

ないのであれば、

 

 

まとめ

 

転売は再現性が非常に高い

ビジネスなので、どんな方法でも

ある程度の金額は稼ぐことができます。

 

ただし、手間の割には稼げなかったり

資産となるスキルを身につけられなかったりと

一長一短があるのが分かってもらえたでしょう。

 

しかし、一番やってはいけないのは

少し実践しただけで稼げないと決めつけ、

すぐに他の方法に目移りすること

 

まずはどれか一つの方法に定め、

一心不乱に取り組んでみることが大事です。

 

最終的には「中国輸入オリジナル商品販売」が

長く稼げてオススメですので

ぜひ参考にしてみてください!