今日は、

Amazonのスポンサープロダクト運用方法について

知らずにやっている人が多い

重要なポイントについてお送りします。

 

今後の売上と広告費を無駄使いしないためにも

ぜひ知っておいてもらいたい内容です。

 

 

Amazonの仕組みを知り「スポンサープロダクトの目的」
をしっかりと理解しておく

 

「スポンサープロダクトをやる”目的” は?」

あなたにもぜひ、
考えてもらいたいです。

 

 

・・・・

 

 

 

「利益をあげるため」

 

もちろん、そうですよね。

 

しかしAmazonの場合、

もう一つ、もっと重要な目的があります。

 

 

もう1つは、

「AmazonSEOのため」です。

 

もちろん、スポンサープロダクト経由で販売して

利益を出すことも広告の役目です。

 

 

ただ、それと同時に

「あるキーワードで検索 →

スポンサープロダクトが表示 →

クリック → 購入される

という、

 

Amazon上でのカスタマーの行動データ

蓄積されることも非常に重要!

と断言できます。

 

「Amazon上でのSEO対策方法」として

スポンサープロダクトが役立つ理由は、

大きく分けて以下の2点があります。

 

有効なキーワード、無駄なキーワードの選出に役立つ

 

スポンサープロダクトで

オート、マニュアル広告で運用スタートすると

カスタマーにより様々なキーワードで検索され、

広告が露出、クリックされていきます。

(それを「検索クエリ」とも言います)

 

その検索クエリの中から、

成約したワードは広告キーワード候補となり、

成約しなかったワードは除外キーワードとして

候補に挙げることができますよね。

 

(もちろん、インプレッション数、クリック数、

クリック率、ACosを考慮した分析作業が必要です)

 

そしてさらに、この考えは

「Amazon商品ページ内の各要素」に対しても

同様に反映させることができます。

 

つまり、

盛り込むべきキーワード、排除すべきキーワード

を考慮したメンテナンス実施

をして、SEO対策として作り込みができる

ということですね。

 

 

クリック、購入実績により検索順位がアップ

 

スポンサープロダクト経由での売上と同軸

購入された実績

を重ねるのも非常に重要です。

 

広告内で設定した各キーワードが
クリック→購入されます。

 

その経緯を辿るたびに、

Amazonの裏側では、SEO的な実績として

データが蓄積されていきます。

 

どうなるかというと、

各キーワードでのAmazon検索順位

プラスに反映されるわけです。

 

それが継続して繰り返されることで

検索上位へ移動していきます。

 

もちろんAmazonからこんな解説はないので

多くのセラーさんは

スポンサープロダクトを

「商品を売るため」だけと捉えがち。

 

でも実際は、

このようなSEO側の目的もある

という事実は、ぜひ知っておいてもらいたいです。

 

この知識があれば、たとえば、

「ACosが高くて利益が出てなくても、

SEO的には運用し続けてもいいかも」

といった、大局的な視点での運用

といった選択肢も生まれますよね。

 

 

周りと差を付けるために
「当たり前のこと」を徹底する

 

「オートタイプで成約したキーワードを

マニュアルに追加していく」

 

少しでもスポンサープロダクトを勉強した人なら

この内容くらいは目にされたことは

あると思います。

 

ただ、この内容だけを実施していても、

あまり目立つ効果はありません。

 

なぜなら、あまりに当たり前すぎて

他Amazonセラーさんたちもやっているからです ^^;

 

 

 

皆と同じレベルのことをやっていても

どの世界でも飛び抜けるのは難しいです。

 

「周りと差がつく施策」

をするからこそ、

初めて優位に立つことができますよね。

 

 

とはいえ、高度なノウハウを

する必要は別にありません。

 

 

【その時点で、商品ページ内容を洗練させる】

 

【優れた成約キーワードを

商品ページ内に反映させる】

(除外すべきキーワードも同様に)

 

 

周りを差をつけるには

まずこれだけで十分です。

 

Amazonで独自カタログ商品ページを作り

真面目に販売されているセラーさんなら、

もはや「当たり前」と言える方法ばかり。

 

 

でも、この当たり前のメンテナンス作業を

徹底して実践できているのは、

ほんのごく一部なのが実態だと思います。

 

だからこそ、効果が出るんですけど ^^;

 

 

周りと差を付けるには、

必ずしも特別なことをやる必要はありません!

 

まずは、目の前にある

できることを徹底してやり込む。

 

複雑な運用ノウハウを実践するのは

その後でも遅くはないと思いますが、

あなたはどう思いますか?

 

 

スポンサープロダクト分析の時間を短縮して
日々の作業をラクにするには?

 

「広告結果のレポートを

どこを重視して、どのように加工すべきか?」

といった分析方法は、正直かなり奥が深いです。。。

 

ですので、広告運用が面倒なのは

もうどうしようもありません。

 

そこで、いかに時間短縮できるか?

という点について我々は考えました。

 

そこで生まれたのが

広告向けキーワード候補抽出

というアマテラスの機能です。

 

7日間は無料ですので、どんなものか

試してみてはいかがでしょうか?

 

 
 

!