AmazonのSEO対策には詳しい加藤です。

 

Amazonで時間をかけて商品を開発、

新規で発売スタートしたのに、

まったくもって売れない・・・

 

そんな悩みに困っている方は

非常に多いんじゃないでしょうか?

 

Amazonに限らず、ネットで物品販売を行う場合、

自分の商品が売れるかどうかの分かれ道は

”商品ページへのアクセス”にかかっています。

 

 

ここでちょっと想像してみてください。

 

あなたは洋服屋さんを開きたいとしましょう。

そして、”店舗をオープンさせる場所”を

今探しています。

 

お店の候補地は、「人通りが多い駅前」

「人がほぼ通らない田舎道」です。

 

さて、どちらにしますか?

 

 

 

 

当然、人がたくさん来る駅前に開店させたいはず。

 

Amazon物販で、あなたの商品ページが

たくさんの人からアクセスが来させる状況というのは、

駅前で経営するのと同じ状態です。

 

逆に、まったく誰からもアクセスがない

状況というのは、

人気がない山奥にお店があるのと同じ。

 

加藤さとし加藤さとし

いくら良い商品を売っていたとしても、それでは一生バカ売れする可能性はありません。

 

では、一体どうすればAmazon内で

多くの人に自分の商品ページへ

アクセスしてもらえるでしょうか?

 

それはズバリ、

Amazon検索結果に上位表示されること」

です。

 

それこそが、Amazon物販を攻略する

最大のポイントとなります。

 

この記事では、

「Amazon内でのSEOの仕組み」

そして

「Amazon検索結果の順位を上げるための対策方法」

について、最新かつ本質的な

ノウハウをじっくり解説します。

 

加藤さとし加藤さとし

今回のAmazonSEOに関する内容をフィードバックすれば、あなたのAmazon売上は確実にアップします。保存版として繰り返し読んでみてくださいね。

 

Amazonの売上をアップさせるための「最大のポイント」とは?

 

具体的に言うと、

あるキーワードで検索された際に、

その検索結果の一覧ページでで

1ページ目の上位に商品が表示されることが重要です。

(「キーワードに関連する商品」「おすすめ順」)

 

上位3商品の中に掲載されればベストですね。

 

 

Amazonでは、膨大な数の商品が販売されています。

どんなに良い商品を扱っていても、

検索上位に表示されなければ、その他膨大な商品の

山の中に埋もれてしまいます。

それは、存在しないのと同じこと。

 

そんな売れない状況を避けるためには、

自分の力で検索上位に持っていくこと。

 

 

あなたの商品を購入するAmazonユーザーが

もっとも検索するであろう

「ビッグキーワード」。

 

この単語で検索上位に表示されさえすれば、

ガンガン売れていきます。

 

さらに、商品への評価が貯まれば、

価格が高くても関係なく売れていくのです。

 

加藤さとし加藤さとし

Amazonでの検索結果上位を狙うことがどれほど重要なのか、分かってもらえたでしょうか?

 

 

Amazonで検索順位の上位表示を狙うならアルゴリズム「A9」の仕組みを知る必要がある

Amazonに限らず、普段、あなたは

何かをネットで調べたいと思った際、

何かしらのワードを入力して、

GoogleやYahoo!で検索しますよね?

 

恐らく、この記事も

「Amazon  SEO」とか、

「Amazon  検索順位」

「Amazon A9」といったワードで

検索して来られたかもしれません。

 

そして、検索結果ページの上位に

この記事が表示されていたからこそ

辿り着くことができた訳ですよね。

 

これは、

検索ユーザーが、素早く

知りたい情報にたどり着くための

システムのおかげです。

 

そのシステムは、

独自の決まり(アルゴリズム)で動く複雑なプログラムで

「検索エンジン」と呼ばれています。

 

多分、名前くらいは聞いたことありますよね?

 

その8割以上が、検索からのアクセスにより

商品が購入されているAmazon。

 

そんなAmazonですから、当然のように

検索ユーザーが購入に適した商品を

上位に表示させる検索エンジンがあります。

 

そんな、Amazonの商品検索エンジンの

アルゴリズムを「A9と呼びます。

 

(2018年7月時点では、すでに

A10に変わっている模様です)

 

まず、Amazonの「A9」の仕組み

を説明しましょう。

 

「ある特定のキーワードで検索した結果、

お客様の満足につながるAmazon商品へ

誘導させること」が、A9の目的です。

 

その目的は非常にシンプルで、

検索されたキーワードに関連性があり、

お客様が求めていて、なおかつ優良な商品が

検索上位に表示されるようになっています。

 

ただし、

どういう基準で検索表示結果を決めているか?

という肝心な仕組みまでは公開されていません。

 

でも大丈夫。

この記事で検索順位を上げる方法

ほとんど公開しています!

 

 

まずは、Amazonで検索上位に表示されている

商品の特徴、そして、

膨大な数の出品の経験則によって

A9のアルゴリズムが重視しているポイント

についてご紹介していきましょう。

 

 

AmazonSEOで上位表示されるためのA9アルゴリズムの重視ポイント

 

Amazonは、

「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」

というモットーに沿って、検索アルゴリズムや

システムの改良を日々行っています。

 

そのため

レビュー内容や成約率など、

お客さんの反応(満足度)についても

A9では重要視されています。

 

それでは具体的にA9はどのような部分を

重視しているのか説明します。

 

そのポイントとは以下の4点です。

 

  1. 直近の注文回数
  2. ユニットセッション率とセッション数
  3. ページ内キーワード

 

では、1つずつ説明していきましょう。

 

1. 直近の注文件数

 

A9では、商品の販売について、

間近の期間内でどれだけ売っているか?

もっとも重視していることがわかっています。

 

加藤さとし加藤さとし

ちなみに「間近」とは、約7日間の期間と言われています。

 

「注文件数」が最重要ポイントなのですが、

もちろん「1回毎の注文個数」も影響しています。

 

例えば、1回の販売で1個販売されたのと

1回の販売で10個売れたのでは、

後者の方が検索順位をアップさせる

ということです。

 

「検索した時点で売れている商品」を

タイムリーに上位表示することで

Amazonは新参者にも参入できるチャンスを

与えている、と言えます。

 

つまり、商品が売れれば売れるほど

検索の上位に表示されることになり、

露出が増え、売れ筋ランキングも上がり、

さらに売れやすくなっていくのです。

 

そのためAmazonで検索順位が上位に表示されれば、

まさに雪だるま式に商品が売れていく状態になります。

 

結果、月商数百万円ということが

可能になっていくということですね。

 

そのために、新規登録した商品をメインに

以下のような手法で販売するセラーが多いです。

 

①一時的に販売価格を下げて大量に販売
        ↓↓↓
②検索上位に表示され、売れ筋ランキングが

ある程度、アップした時点で価格を上げて販売する

 

Amazonでの新規出品においては、

もはやこの方法は当たり前の基本ノウハウで

誰でもやっている手法です。

 

そのため、さほど効果はなくなっていることを

頭に入れて置く必要があります。

 

しかも、この方法は

その他の準備ができていないと意味がありません。

十分ご注意ください。

 

現に、値下げをした期間だけ

検索順位が上がるだけで、値段を戻したら

一気に売れなくなる・・・

といった事例が頻発しています。

 

ですから、単にセールで値下げすれば

みんなが売れ行きがよくなる・・・といった

都合の良い成果は得られないのが実情です。

 

加藤さとし加藤さとし

この手法は「多くのAmazonセラーがすでにやっているノウハウ」ですので、その中で飛び抜けて売上をアップさせるためには、さらなる手段が必要ですね。

 

2.ユニットセッション率とセッション数

 

さらに、A9では「ユニットセッション率」

が重要視されていると言われています。

 

わかりやすく言うと、商品ページが

見られている回数と、商品購入の割合です。

 

一般的には成約率、コンバージョン率ですが、

Amazonでは、「ユニットセッション率」

と呼ばれています。

 

このユニットセッション率が低いというのは、

まず、商品ページ上になんらかの問題がある

可能性があります。

 

逆に言うと、その問題点を探り、

改善できれば、一気に売れる可能性もあるわけです。

 

そのため、このユニットセッション率の数値を常に注視し、

なぜこの商品は成約率が低いか?

を探っていくと、このようなことがわかってきます。

 

  • 商品ページのどこに問題があるのか
  • 商品自体のどこに問題があるのか
  • 商品のどこを改良していけばよいのか

 

この割合に注目することは、

検索で上位になることだけでなく、

商品開発、OEMのヒントにもなります。

 

もちろん、

さまざまな改善点や今後の販売にも

大きな意味があることですので、注目してみてください。

 

このユニットセッション率は、Amazonの

セラーセントラル、ビジネスレポートで確認できます。

 

ユニットセッション率の確認方法

 

ステップ1

Amazonの出品者用アカウントにログイン

ステップ2セラーセントラル上部メニューから 
レポート→ビジネスレポートの順にクリック
ステップ3左メニューから「詳細ページ売上・トラフィック」をクリック
ステップ4ユニットセッション率の項目を見る

 

例えば、ある商品ページに100人が訪れ、

商品が10個売れたら ユニットセッション率は

10%となります。

 

 

なお、ここで自分の商品ページが

どのくらい見られているかもわかります。

それが「セッション」と「ページビュー」です。

 

セッションとは、そのページに

アクセスした人数を示しています。

 

※同一人物が複数回、商品ページを閲覧しても

カウントされるのは1回のみです。

 

ページビューとは、そのページに

アクセスした純粋な回数を示しています。

 

同一の人が複数回見ても、

その回数がカウントがされています。

 

加藤さとし加藤さとし

「ビジネスレポート」は重要なデータの宝庫ですので定期的に確認していきましょう。

 

 

そして、ユニットセッション率と同時に

「その商品ページのURLに

どれだけアクセスがあったのか」

 

つまり、「セッション数」も重視されています。

 

たとえば、いくらユニットセッション率が

10%だとしても、セッション数が10しかなく

1件注文されただけでは、その数値は重要ではありません。

 

一定規模以上のアクセスがあって初めて、

Amazonに「この商品は人気がある」と判断され、

SEO的にポジティブな効果があることが分かっています。

 

ですので、スポンサープロダクト広告はもちろんのこと、

Facebook広告やGoogleアドワーズなど

外部広告などに出稿をして、

商品ページへのアクセスを増やすことも

大事なポイントです。

 

3.AmazonのSEO対策として、ページ内のキーワードを意識しているか?

 

最後のポイントは、商品ページ内に

掲載されている情報が上位に検索されるために

非常に重要なポイントです。

 

ここまで説明した1~3の内容に関しては、

ほぼ購入者によるアクションによって決まる要素なので、

出品者がコントロールすることは非常に難しいです。

 

ただし、ページ内のキーワードは出品者の努力や

工夫によって変えることができます。

 

いかにこのポイントをしっかり実践していくかが

大きな影響を与えると言ってよいでしょう。

 

心がけるべきポイントは、以下の通りです。

 

1.需要があるキーワードをいかに不自然なく
商品ページ内に入れていくかが重要

2.商品ページ内は、すべてのキーワードが
検索対象になっている

3.商品情報の「検索キーワード」欄内にも、550バイト以内で
重要なキーワードを記入していく

 

そのため、どの項目も手を抜かずに入力し、

その商品の購入につながるような

キーワードを盛り込んでいくことが重要です。

 

加藤さとし加藤さとし

テキスト部分を作り込むことも重要ですが、「商品画像」について軽視しないよう注意してくださいね。

 

後ほど具体的なキーワード対策と攻略方法を解説します。

 

 

4.購入者によるレビュー

次のポイントは、商品の

「カスタマーレビュー」です。

 

ここで注意してもらいたいのですが、

レビュー評価の数や、星の数自体は、

Amazonの検索順位には関係ありません。

 

加藤さとし加藤さとし

ネット上では関係あるような解説も見かけるため注意が必要です。(高評価のレビューが多くなると、相対的にクリック数とCV数は上がります)

 

 

ただし、

カスタマーレビューの内容、

レビュー文章内のワードは

Amazonがすべて記録しています。

 

Amazonは、「地球上で最も

お客様を大切にする企業であること」

というモットーなので、

「お客様の声」をチェックしているのは

ごく自然なことですよね。

 

つまり、レビューの数が多いと、その分

検索順位を上げられる機会が増えることを

意味します。

 

商品レビュー内にあるキーワードが

検索順位のアップに寄与してくれるということは、

レビュー数が多いとSEOに有利なのは

言うまでもありません。

 

 

ちなみに、商品レビューを一気に集めるために、

一般では広まっていない裏技的なノウハウは存在します。

 

ただ、そういったものに頼るのは邪道です。

 

それよりも、正攻法で

いかに良いレビューが付く商品を売るか、

魅力的な商品ページを作るか。

そこに全力でフォーカスしましょう。

 

 

以上が、AmazonのA9についての解説でした。

 

なお、A9の仕組みを理解した上で、検索順位をアップさせ、

上位に表示されるようSEO対策をしている人は

そこまで多くない状況です。

 

だからこそ、チャンスですよね。

Amazon内で、狙ったキーワードで検索上位に

表示されるよう、 購入者に「今すぐ買いたい!」

思わせるような商品ページを作り込んでいくこと

ぜひ意識しましょう!

 

 

Amazonで検索上位に表示させるための具体的な方法

 

Amazonの検索アルゴリズムで

「上位表示のために重視すべきポイント」

についてこれまで説明しました。

 

上位に表示させる理屈の次は、

”具体的な対策”について

すぐにできるノウハウをご紹介していきます。

 

 

まず初めに検索上位表示をさせたい商品数を絞る

 

Amazonで検索上位を目指すためには

少数精鋭で臨みましょう。

 

1つの商品に対して、SEOだけでなく

マーケティングにかける時間を集中させるのです。

 

現在販売されている商品数が多い場合は、

あれもこれも、とSEOに力を入れずに

「売れ行きの伸びしろがない商品」は切り捨てましょう

 

売れ行きが今の2倍、3倍と増える

見込みのある商品のみにリソースを割くことです

 

①資金の確保のため

②時間の確保のため

 

上記二点の理由から、将来性のない商品は

後回しにしておきましょう。

 

①資金の確保

 

ビッグキーワードで上位表示されるほど

爆発的に売れるようになります。

 

多くの商品を扱っていると

資金が分散されてせっかく売れている商品を

多く仕入れられない状況になります。

 

せっかくライバルに勝てたとしても

資金面で競り負けてしまいます。

 

最悪、黒字倒産というリスクもある問題なので、

キャッシュフロー的観点から見ても

資金を集約させるスタンスは重要です。

 

②時間の確保

 

多くの商品を扱っていると

いくつ追加で発注するかと悩むこともあるでしょう。

 

悩むということは、その商品があまり売れていない

微妙な商品だと思うので、

そこをすっきりさせることで時間も作れます。

 

悩むとストレスがかかり、体力も使うので

決断力も鈍くなります。

 

資金のない個人セラーであれば、

なおさらそういうことは減らしましょう。

 

Amazonで上位に表示させるためのページ作りこみには

かなりの時間を割く必要があります。

 

その他のマーケティングも手がけるなら

なおさら時間が必要です。

 

「今の行動は未来に繋がっている行動か?」

「今後のために何が必要で、何が不必要か?」

 

そんな視点で落ち着いて考えて

ここで一度、整理させましょう。

 

 

「Amazon内SEO」対策を施したページ作りでランキングを上げるやり方

 

上記でも少し触れましたが、

ここではさらに具体的な方法を解説します。

 

Amazonの検索アルゴリズム「A9」を攻略するために

実施すべき箇所は以下の通りです。

 

・商品タイトル

・検索キーワード

・商品仕様

・商品説明(商品紹介コンテンツ)

・広告キーワード

 

これらのポイントを対策できていないと、

あなたの商品が、検索結果の一覧ページに

上位に表示されることはありません。

 

ちなみに、これらのSEO対策項目は

上にいくほど重要度が高いです。

 

 

「商品タイトル名」の対策と攻略

 

Amazonでは、商品タイトル内の文言が

商品ページ上でもっとも重視されます。

 

Amazonだけでなく、Googleでの検索結果にも

商品名は影響があります。

 

そのため、できるだけ左側に、

重要な検索キーワードを配置しましょう。

 

シンプルすぎるタイトルは検索にひっかからず、

SEO的にもったいないですからね。

 

とはいえ、逆に、何でもかんでもキーワードを

商品タイトル欄内に詰め込んでしまうと

ユーザーにとって、見づらくなるリスクもあります。

 

双方の視点から、ちょうど良い商品タイトルを

入力しておきましょう。

 

なお注意点として、何度も頻繁に

商品名の変更を繰り返すと、商品名の編集を

ロックされてしまう危険があります。

 

ロックされると、ブランド登録をしていない限り

ほぼ変更することができなくなるため注意しましょう!

 

 

「検索キーワード」欄の対策と売れないセラーがやりがちな注意点

 

セラーセントラル内の、商品情報の編集画面で

「検索キーワード」の欄があるのはご存知ですよね?

 

ここは、SEOを対策する上で

かなり重要なポイントです。

 

すでに商品名に入力している単語も含め、

商品の購入者から検索されそうなキーワード

順に入れていきましょう。

 

売れないセラーがよくやってしまう注意点として、

「何でもかんでも関連しそうなキーワードを

550バイトいっぱいに入れておく」

という行為がありますが、

これは絶対厳禁です。

 

たとえば、女性用の「サンダル」を販売していて、

ユーザー様ユーザー様

Amazonでハイヒールを検索している時に、サンダルが表示されても勢いで購入されるかも・・・

だから「ハイヒール」のキーワードをとりあえず入れておこう!!

 

たしかに、サンダルが買われる可能性は

ゼロではないかもしれません・・・

 

しかし、冷静に考えたら

その可能性は限りなく低いと分かるはずです。


ということは、「ハイヒール」というワードで

Amazon検索上位になることはまずありませんし

上位になっても売れるはずがありませんよね。 

 

そして、重要な点があります。

 

「本来、表示されるべきでない商品が

検索結果に出てくる」ことは

Amazonの売上にとっては、

当然ながら悪影響を及ぼします。

 

そうなると、Amazon側としては

悪さをしている商品として

”Amazonからのページ評価”

低くなるのです。

 

無駄なキーワードを入れてしまうと、

何も変わらないどころか、

デメリットとなり、悪い影響がある

リスクを分かってもらえたと思います。

 

「検索されれば確実に購入される商品ページ」

をめざし、SEO対策をしましょう。

 

「商品仕様」欄部分の対策と攻略

 

商品仕様とは以下の部分です。

 

単に、サイズや素材や備考などを

記載するだけではなく、

 

  • どこが優れているか
  • 特長は何か
  • どんなメリットがあるのか

 

など、セールスポイントを記入します。

 

またそれらを書く中で

検索される確率の高い重要キーワードを

「自然な形」で入れるのがベストです。

 

もちろん、5行すべて使うようにしましょう。

 

ただし、

Amazon内で検索上位にするためだけに

冗長な文章を載せてしまっては、

誰も読まなくなってしまうので注意です。

 

 

「商品説明」欄(商品紹介コンテンツ)部分の対策と攻略

 

商品説明欄ですが、「商品紹介コンテンツ」

大口アカウント全員使えるようになってから

あまり使用されなくなりました。

 

今では、商品紹介コンテンツ機能の方が

主流ですよね。

 

 

分かりやすくLP風に表現することができて

ブランディングもしやすく 訴求力も上がるので、

上記の4項目と、「商品画像」を作り込んだ後は

ぜひ作成しておきましょう。

 

こちらについても、商品仕様欄と一緒で

検索に引っかけたいキーワードを

「自然な形」で入れるのがベストです。

 

加藤さとし加藤さとし

スマホからの閲覧、購入が増えているAmazonでは、ページ下部にある紹介コンテンツが見られないパターンも多いです。まずは必ず他の項目に力を入れましょう。

 

 

「Amazonスポンサープロダクト」を使った対策と攻略

 

最後に、「広告」を使った対策です。

 

「スポンサープロダクト広告」

は、検索上位に表示させたい

キーワードの順位を向上させること

にも役立ちます。

 

どういうことかというと、

広告内で設定したいずれかの検索キーワードで

商品が購入されるとAmazon内では

「そのキーワードで購入された」と

購入実績としてカウントされます。

 

その結果、検索順位が上がりやすくなる

という流れです。

 

※ただし、通常時の検索での購入時よりも

SEOアルゴリズム的な加算点は弱いです

 

広告経由での購入数を増やすことの目的は、

Amazon内のSEO向上でもある

という点については、ぜひ頭に入れておきましょう。

 

加藤さとし加藤さとし

最近では、「Amazon以外のサイトからの広告」によるアクセス流入も、AmazonのSEO上効果があると言われているので要チェックですよ。

 

 

どんなキーワードがどれほどAmazon検索されているのか知る方法

 

先ほど大事なポイントとして、

”あなたの商品を購入してくれる人が

検索するであろうキーワード”

いかに商品ページ内に盛り込めるか?

がAmazonのSEO対策では重要だとお話をしました。

 

では、ここでご質問ですが、

どんな検索キーワードが、

どのくらい検索されているのか、ご存知でしょうか?

 

加藤が開発監修をしている「アマテラス」では、

 

『指定したキーワードで、Amazonで

1ヶ月間で検索されたボリューム(規模)』

 

を知ることができます。

 

こちらは、メンズ靴下関連の

検索キーワードのボリュームです。

 

 

たとえば、

「ソックス」よりも「靴下」の方が

多く検索されている事実が分かりますね。

 

あとは、「紳士」という単語を使って

検索しているユーザーは実際はかなり少ない事実

も分かってもらえるはずです。

 

このように、あなたが思っているいるよりも

検索ボリュームが多かったり、少なかったりする事例が

多々あることが分かってもらえるんじゃないでしょうか?

 

このように、キーワードごとの

”日本Amazonの検索ボリュームデータ”

入手できるツールは、唯一アマテラスだけです。

 

その他、各キーワードでの検索順位の推移追跡や

Amazonのサジェスト機能などの

豊富な機能も搭載しています。

 

加藤さとし加藤さとし

多くの人がやっている「このくらい検索されているはず…」という思い込みだけのAmazonのマーケティング対策は、実はかなり無駄が多いです。

なお、Amazon商品情報や検索キーワード設定、スポンサープロダクト広告の設定でもかなり重宝してくれますよ

 

 

Amazonであなたの商品の検索順位をアップさせるSEO対策 まとめ

 

初心者セラーの方が、いきなりOEM商品を

中国で生産、輸入して、Amazon販売しようという場合、

売れない悩みにぶつかることも多いです。

 

そうならないために、本記事では

”本質的かつ、長く通用するノウハウ”

をじっくりと解説しました。

 

「Amazon内でのSEO」を意識して

ページ内に重要なキーワードを盛り込む

 

そのノウハウを的確に実施してもらえれば、

Amazonでこれまで売れなかった商品でも

必ず、検索上位に上がり、売れるようになります。

 

ぜひ何度も読み返して、

各方法を実践してみてくださいね。

 

加藤さとし加藤さとし

この記事を読んで、ぜひともAmazon内での検索順位をアップさせたい!という方は、「AmazonSEOツール アマテラスを使った検索上位対策」の記事もご一読ください。