副業転売ビジネスの専門家 加藤さとしです。

 

今、この記事にたどり着いたあなたは、

 

・「0円転売」「0円仕入れ」のやり方を詳しく知りたい・・・

・副業として、0円で無料で商品仕入れをして稼ぎたい・・・

・自分のアマゾン商品にやらせ(サクラ)レビューを付けたい・・・

 

そんな方ではないでしょうか?

 

最近、「商品に対するカスタマーレビュー

(商品評価)」を、えげつない方法で

大量に集めるセラーが多いです。

 

例えば、

「新規登録後から1週間以内なのに、

評価5のレビューが50以上」

といった商品がたくさんあります。

 

通常、新規登録の商品にそんなペースで

評価がつくことは、120%あり得ません。

 

そして、「0円転売」「0円仕入れ」と称した

お小遣い稼ぎノウハウとして

不正レビューを付けまくるレビュアーもたくさんいます。

 

もちろん、無料提供をエサにレビューを不正依頼する方も

サクラレビューを投稿する方も、Amazonの規約違反です。

 

双方ともに非常にリスクの高い行為なのですが、

「レビューを投稿する方」の人は、なぜか甘く見ているようで

商品を無料でもらいまくっている人が多いです…

 

今回の記事は、

Amazonでの捏造レビュー、やらせレビュー方法について

その仕組みをすべて解説したいと思います。

 

加藤さとし加藤さとし

0円で仕入れができるからといって副業で稼ごうと思っている人は、アカウント停止のリスクどころか、Amazonから訴訟を起こされる可能性もあるのです。。。今回の内容は必読ですよ!

 

 

なぜ、Amazon商品でサクラレビューを欲しがるセラーが多いのか?

 

理由その1 Amazonの売上アップには欠かせない要素だから

 

先ほどのように、アマゾンの規約を違反してまで

高評価レビューを集める理由、

 

それは、商品に対する高評価の累積数」こそが、

Amazon上では売上を大きく左右する要素だから。

 

A9のロジック的には直接的な関係はないものの、

評価数が多い商品は、検索結果ページで

CTR(クリック率)が上がりやすいため、

間接的に販売数が増えます。

 

あなたも、Amazonで商品検索をした際、

結果一覧ページから、まずは

レビュー数、評価数が多い商品を優先して見ませんか?

 

それほど「商品に対する高評価、レビュー内容」

Amazonでは商品の売上アップに欠かせないのです。

 

理由その2 0円仕入れ(0円転売)という稼ぐ方法が広まったから

 

そして、そこに加えて

「0円仕入れ」、「0円転売」と呼ばれる

副業ノウハウを販売する業者も出てきました。

 

ノウハウの良し悪しは別として

やり方をご紹介しておきます。

 

アマゾンで独自カタログ商品の出品者が

レビューを欲しい際、一般の人に

「Amazonでレビューを書いてくれれば、

無料で商品をあげますよ」とオファーをします。

 

資金を使わずにタダで仕入れができるので、

何も知らない人は

Amazonで指定された商品を購入した後、

星5の高評価と良いレビューを付けます。

 

その後、出品者はその人に

Amazonを通さず直接お金を振り込みます。

 

以上が、「0円転売」と呼ばれるノウハウです。

 

今でもこの手法を販売している人がいますが、

後ほどお話しする通り、書き込んだ人も

Amazonにバレた際、危険なので注意が必要です。

 

 

Amazon商品のレビュー数を増やす方法

 

A、購入者にメールでお願い

 

B、周りの人に買ってもらう

 

C、Facebookのコミュニティで、
無料で商品をバラ撒く

 

D、自分でAmazon新規アカウントを作って
商品を購入、レビューする

 

 

細かく言うと他にもありますが

代表的な方法はこんなものでしょう。

 

ちなみに下に行くほどリスクが高くなる

のでご注意を。。。

 

 

規約上、アウトになる境目

もちろんAとBの間ですよね。

 

買ってもらう人が本当に欲しいのなら

もちろんBもいいはずですが。

 

 

一部のAmazonセラーがやっているサクラレビュー収集手法「0円仕入れ」とは?

 

今、国内外のAmazon出品者が

評価集めにやっているのが「C」の手法です。

 

Facebookのコミュニティで

一般ユーザーに商品を無料で進呈する見返りに

高評価レビューを付けてもらう、という仕組み。

 

Facebook上でも

海外Amazon、日本Amazonの

レビュー用コミュニティは かなり多くあり

評価欲しい出品者と、商品を無料で欲しい一般ユーザーで

賑わっています。

 

「Amazon review」「アマゾン レビュー」

で検索してみると、出てきますよ。

(多くが非公開形式なので、参加申請が必要)

 

 

たとえば、こんな依頼内容がひっきりなしに

投稿されています。

記事作成時に見たのですが、

投稿されたのはつい4分前でした。

 

 

そして、レビュー依頼をしているほとんどが、

「中国在住のAmazonセラー」なのです。

上の事例も、案の定、中国の方でした。。。

 

そして以下が、「0円転売」と呼ばれる

無料で商品仕入れができるノウハウです。

(セラーがレビューをしてもらうまでの

流れでもあります)

 

①Facebookの専用コミュニティで

レビュアー募集の投稿にコメント、

あるいは投稿者に直接メッセージをする

 

②中国のLINEにあたる「Wechat」に招待され、

そこでやり取り開始。

セラーが指定した商品を購入

 

③星5の高評価レビューを書き込む

 

④レビュー文キャプチャ画像を
セラーへ送信、
確認され次第、Paypalを使って
商品代金が支払われる
(購入前に支払われる場合もあり)

 

⑤レビュアーは、無料で手に入れた商品を
メルカリ等で販売すれば、まるまる利益になる

 

※ちなみにこの手法は「Amazon 0円転売(0円仕入れ)」という名称で

情報商材として「●コナラ」などのサイト上で販売されています

 

こうした流れで、

FBコミュニティ上では何も悪びれることなく、

多数の商品がレビュー依頼されています。

 

もし、Amazonが追跡調査などをした場合、

これらの投稿は完全な証拠になるため、

リスクが高い行為なのは間違いありません。

 

 

・・・でも、不思議に思いませんか?

 

なぜここまで不正レビュー依頼が

横行しているのに、Amazonは対策を

取らないのでしょうか?

 

 

サクラの評価レビュー、0円転売のノウハウが氾濫している原因

 

その答えは、シンプルです。

 

今の日本Amazonでは、

そのレビューがやらせなのか、本当のレビューなのか?

といった見分けがつかないから。

 

なので、こんなガイドラインを違反する

セラーたちが氾濫しているわけです。

まるで「無法地帯」ですよね(^^;)

 

まぁ、本当にレビューを書いてくれた人と

報酬欲しさにサクラのレビューを書く人は、

”投稿する環境” としては変わりません。

Amazon側としてもどっちがどっちか

厳密には判別できないのも当然ですよね。

 

Amazonはレビュー投稿時のIPを記録しているようですが

IPなんて、今やいくらでも変えてアクセスできるので

実際は大した効果はありません。

 

・・・ただ、「レビュー文章内の各文言を解析して

内容の真偽性を判別できるシステム」

というのは存在します。

 

アメリカには、サクラレビューかどうかの確率を

%の数値で出してくれるサービスもあるくらいです。

 

 

そして、この捏造レビューの事実が

Amazonにバレると、そのレビュアーは当然

アカウント閉鎖です。

 

訴えられるリスクもあります。

アメリカでは以前、

やらせレビュー専門業者の数社が訴えられました。

 

もちろん、0円仕入れで稼ごうとして

サクラレビューに協力した人も、アカウント閉鎖されます。

 

(ちなみに、普通のやり方では

2個目のアカウントを取り直すことは難しいです)

 

頑張っても、たった数万円のお小遣いで

アカウントが二度と取れないのは割にありません。。。

 

以上、こういったリスクがすぐ隣にある事実

知っておくべきでしょう。

 

 

日本のAmazonもこれまでは、

アメリカAmazonの不正レビュー対策に比べれば、

あまり積極的に対応していなかったようです。

 

加藤さとし加藤さとし

ただし、流石にここまでひどい状況が続くと、何かしら抜本的な対策が取られることでしょう。

 

なぜなら・・・

 

最近のサクラ(ステマ)レビューは、Amazon全体の信頼性をゆるがす存在

 

こういった理由があるからです。

 

先ほどもお話ししたように、

「新規登録から10日間ほどで、評価5のレビューが50以上」

といった、明らかにおかしな商品ページが

数多く存在しています。

 

そして、それら商品の多くが、

説明文、商品画像の日本語がおかしく、

ストアの住所が中国です。

 

サクラレビューのノウハウ自体が

不正かどうかの問題は別として、

 

Amazonで販売されている商品について

レビューや評価の信頼性が揺らいでいる

 

これだけは間違いありません。

 

実際に本国アメリカのAmazonでは、

不正レビューが増えすぎたせいで

たとえ高評価レビューが多い商品でも

そのまま信じるカスタマーの割合は少ないです。

 

日本のAmazonでも、その流れは来ています。

 

加藤も、実際

商品を購入する際、「この商品の評価は本物なのか?」

という視点で、レビュー内容を必ずチェックします。

 

サクラっぽいレビューが目立つ商品は、

実際のクオリティが分からないと判断して

まず購入しません。

 

加藤さとし加藤さとし

Amazonで中国製品を買って、サクラレビューに騙されて何度か失敗すれば、皆さんもそうするはずです(^^;)

 

 

そして、そういう人たちが増えるほど、

「Amazonのレビュー評価は役に立たない」

というイメージが一般化し、定着します。

 

つまりは

「Amazon」というプラットフォーム自体の

信頼性がなくなってしまうことにつながります。

 

世界一のECサイトであるAmazon側が

このまま指をくわえて見ている訳がなく、

何が何でも対策を取るはずですよね。

 

もしAmazonが訴訟を起こしたら、

不正レビューをしている人も、損害賠償金を請求されたり

有罪になってしまうこともあり得ます。

 

そういう可能性を考えると、不正レビューをして

0円仕入れをしようというのは、

”あまりにもリスクが高い行為”だと

分かってもらえるんじゃないでしょうか?

 

加藤さとし加藤さとし

目先の小銭を得るために、そんなセコいことをしてもリスクが大きすぎることに気づきましょう。

せっかく時間を使うのなら、損をするリスクがほとんどない輸入仕入れ手法を学んでみませんか?